「2020東京五輪」に関する記事一覧

  • 常盤貴子、斎藤工、大関正代…聖火ランナー辞退でしぼむ五輪

     3月25日の聖火リレーのスタートを前に、有名人ランナーの辞退が止まらない。歌手の五木ひろし、俳優の斎藤工、常盤貴子、大相撲の大関正代らが次々と辞退し、その多くは「スケジュールの都合」を理由としている

    週刊朝日

    3/12

  • 東京五輪「今年の開催はどう考えても無理」と専門家 「2023年延期」も難しい?

     新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、東京五輪の今夏開催について懐疑的な見方が広がっている。1年延期が決まった昨年のように、聖火リレーの国内スタート(3月25日)までに開催の行方が決まりそうだ。ただ

    週刊朝日

    2/6

  • 両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

     1年延期となった東京五輪・パラリンピックの開催を不安視する声が広がる。だが選手たちは開催を信じひたむきに努力を続ける。全力で支えてくれる家族とともに。AERA 2021年2月1日号で、パラアスリート

    AERA

    1/29

  • 東京五輪、選手村用地で新疑惑 「払い下げ価格」で本誌続報

    「真正面にレインボーブリッジが見えて素晴らしい。夜みたら選手は東京と恋に落ちる」 11月17日に東京五輪・パラリンピックの選手村を視察した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、こう

    週刊朝日

    11/25

  • 「東京五輪」開催で業績が上がる企業、中止で業績が下がる企業

     年内にも開催か中止かが決まるとされる東京五輪について、動きが慌ただしくなってきた。11月にIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が来日し、菅首相と会談すると報じられたのだ。開催に前向きなメッセ

    週刊朝日

    10/16

  • 五輪選手村用地「20億円」値下げ? 都の想定と中央区の説明にズレ

     東京五輪の選手村用地(東京都中央区)は安すぎる──。かねて指摘されてきた都の払い下げ価格に、新たな事実が浮上した。都の想定と、地元・中央区の説明に食い違いがみられ、約20億円も安くなっていた可能性が

    週刊朝日

    7/29

この人と一緒に考える

  • 組織委会長代行、東京五輪は「容易ではないが、開催できる」

     1年後の東京五輪開催に向けて、現在どのような準備が進められているのか。自民党2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部長で、大会組織委員会会長代行でもある遠藤利明氏に聞いた。*  *  

    週刊朝日

    7/28

  • 池上彰、東京五輪「来年の開催は無理」 小池都知事の今後を予想

    「人類がコロナに打ち勝つ証しとして」(安倍晋三首相)、来夏開催予定の東京五輪の行方、そして開催を公約に掲げて再選した小池百合子都知事の今後は――。ジャーナリストの池上彰氏と元外務省主任分析官で作家の佐

    週刊朝日

    7/28

  • 有森裕子「五輪の開催可否は年内に決めて」 パラ選手はコロナで後遺症リスクも

     東京五輪・パラリンピックに向けて、選手側に残された時間は少ない。 今年3月に五輪の1年延期が決まった段階で、約1万1千人の出場枠のうち、半分近くが確定していなかった。これから選考会を開く競技も少なく

    週刊朝日

    7/27

  • 東京五輪「2年延期論」が再浮上か IOCが再検討条件は“財源確保”?

     世界中で感染拡大が止まらない状況の中、そもそも1年後に東京五輪が無事開催できると思っている人は少ない。JNN(TBS系)が7月に実施した世論調査によると、大会開催について「できる」と答えた人はわずか

    週刊朝日

    7/26

  • 新型コロナ対策で東京都の貯金わずか 五輪の莫大な追加費用は「国民負担」か

     東京五輪・パラリンピック開催には新型コロナだけでなく、大会開催費用の問題もある。 当初は予算7千億円で「世界一コンパクトな大会」を目指していたにもかかわらず、すでに1兆3500億円の費用が計上されて

    週刊朝日

    7/25

  • 五輪開催に赤信号…「ワクチン普及に課題」「選手の公平担保難しい」

     新型コロナウイルス感染拡大で開幕が来年7月23日に延期された東京五輪は、拡大が止まらずに中止論が強まっている。肝心のワクチンは開発できてもすぐの普及は難しいと、医療関係者が相次いで指摘する。「大会の

    週刊朝日

    7/24

この話題を考える

  • 五輪延期で…“選手村”マンションが湾岸タワマン暴落の引き金に?

     東京五輪・パラリンピックの延期は、東京都や国が進めてきた臨海部の再開発事業にも影を落とす。これまでつぎ込まれた血税は“水泡”に帰すのか。*  *  *「入居時期が遅れるのは残

    週刊朝日

    7/23

  • 3度の予選敗退、公務員退職でつかんだ五輪が延期…男子ホッケー・田中健太の思い

     東京五輪までの道のりは決して平坦なものではなかった。男子ホッケー日本代表・田中健太さんは、特別な思いを抱えていた。そんな矢先に起きた1年の延期。視線の先にあるのは、コロナを乗り越えた記憶に残る五輪だ

    AERA

    6/29

  • 「来年30歳で体力不安」も大ケガは癒やせる ハンドボール女子・池原綾香の複雑な胸中

     東京五輪の1年延期はアスリートに、精神や体力に大きな影響を及ぼす。ハンドボール女子日本代表・池原綾香さんは、自身のコンディションに苦悩している。コロナ禍の不安や願いとは。AERA 2020年6月29

    AERA

    6/29

  • 「無観客開催だけはやめてほしい」パラ陸上・山本篤が抱くアスリートとしての本音

     東京2020で4大会目の出場となる陸上競技パラリンピックメダリスト・山本篤さん。パラ陸上界のレジェンドはいま、大会の1年延期、簡素化に何を思うのか。AERA 2020年6月29日号の記事を紹介する。

    AERA

    6/28

  • ウーバー配達員にユーチューバー フェンシング・三宅諒が思う「これからのアスリート像」

     五輪メダリストが「ウーバーイーツ」の配達員を開始――。話題になったのは、フェンシングロンドン五輪銀メダリスト・三宅諒さんだ。新型コロナで自身のアスリート観が大きく変わったという。AERA 2020年

    AERA

    6/27

  • 五輪延期に本音「7割ホッとした」 競泳女子・鈴木聡美が1年で「ロンドン再現」に意欲

     今夏に合わせてピークを合わせてきたアスリートたち。それだけに1年延期はパフォーマンスやモチベーションに大きく響く。不調だった選手にとっては立て直す好機ともいえる。競泳平泳ぎロンドン五輪メダリスト・鈴

    AERA

    6/27

1 2 3 4 5

カテゴリから探す