「2014年末年始」に関する記事一覧

外国人も感動間違いなし? 日本の冬の絶景11

外国人も感動間違いなし? 日本の冬の絶景11

 2014年の流行語大賞にもノミネートされた「絶景」。「絶景本」と呼ばれる本も多数出版され、テレビでも特集が組まれるなど、注目のワードだ。 フォートラベル株式会社は、同社が運営する旅行のクチコミと比較

dot.

1/3

  • ハワイには行かない! 中井貴一流お正月の過ごし方

    ハワイには行かない! 中井貴一流お正月の過ごし方

     奥さまが正真正銘の“一般人”だという中井貴一さん。林真理子さんとの対談で、中井貴一流お正月の過ごし方と、女性観について伺った。*  *  *林:お忙しいそうですが、お正月、休みはとれるんですか。中井

    週刊朝日

    1/2

  • 実は営業戦略だった!? 出雲大社が“縁結び”神社になった理由

    実は営業戦略だった!? 出雲大社が“縁結び”神社になった理由

    “縁結び”の神社として、若い女性の間で絶大な人気を誇る出雲大社(島根県出雲市)。今年に入ってからは、高円宮家の次女・典子さま(現:千家典子さん)と、神職の権宮司・千家国麿さんとの華燭の典も記憶に新しい

    dot.

    1/1

  • 今年の箱根路を制するのは?  元箱根ランナーが語る箱根駅伝の覇者

    今年の箱根路を制するのは? 元箱根ランナーが語る箱根駅伝の覇者

     新年の箱根路を彩る「箱根駅伝」。今年で91回目を迎える箱根駅伝を制するのはどの大学か、どんな"怪物"選手が活躍するか、楽しみにしているファンは多いのではないでしょうか。 本書『箱根駅伝 襷をつなぐド

    BOOKSTAND

    1/1

  • にゃんとも驚いた! 晴れ着で客人をもてなす「見返り猫」

     動物写真家の岩合光昭さんの日本全国47都道府県の猫たちを訪ねる旅。今回は、富山県の「見返り猫」。*  *  * 客人を迎えた玄関で、見返り美人のように振り返り、視線を投げる猫。晴れ着も着慣れたものだ

    週刊朝日

    1/1

  • さあ!箱根駅伝 伝説の「山の神」をプレーバックだ!!

     第91回を迎える、箱根駅伝こと東京箱根間往復大学駅伝競走。実は今回から「山登り」の5区がコース変更される。これにともない、これまでの「山の神」の記録は「参考記録」となる。「参考」と言ってしまえばそれ

    dot.

    1/1

  • NHK紅白歌合戦の公式アプリがスゴイ!

    NHK紅白歌合戦の公式アプリがスゴイ!

     本誌連載の「おすすめアプリ生活」。今回、ライターの小幡恵が推薦するのは、国民的大イベント「NHK紅白歌合戦」の公式アプリだ。*  *  * 昭和30~40年代、視聴率80%前後を誇った「NHK紅白歌

    週刊朝日

    12/31

この人と一緒に考える

  • 初詣におすすめの超パワースポット7選

     年に一度の初詣。メジャーな場所にお参りするのもいいが、パワースポットとして知られる寺社に行ってみるのはどうだろうか? 2015年を乗り切るための運気を、たっぷりともらってこよう!■関東の商売人なら訪

    dot.

    12/31

  • 神経衰弱はダメ? お正月遊びのオススメは「Nバック課題」や「あたまとり」

    神経衰弱はダメ? お正月遊びのオススメは「Nバック課題」や「あたまとり」

     親子3世代が集う正月。時間もたっぷりあるし、楽しくて、孫にも自分にもプラスになる“遊び”をしてみてはどうだろうか。脳科学の専門家に聞いたオススメをご紹介する。 脳科学の立場からみて、祖父母が孫と一緒

    週刊朝日

    12/31

  • 日本で最も「紅白歌合戦」を楽しみにしている県は?

     今年も残すところあとわずか。年越しは家で過ごすという人も多いだろう。お茶の間の年越しの風物詩といえば「NHK紅白歌合戦」がある。若者の「紅白離れ」が言われて久しいが、実際に紅白を見る人はどれくらいい

    dot.

    12/31

  • 意外!箱根駅伝に出ていた西日本の「名門大学」

    意外!箱根駅伝に出ていた西日本の「名門大学」

     第91回箱根駅伝の注目のチームのひとつが、今回が初出場となる創価大学。出場48校中、上位10校のみが箱根への出場権を得る予選会で、10位に滑り込んだ。伝統校の法政大や東京農業大を破っての出場には驚き

    dot.

    12/31

  • 2014歴史・時代小説1位は宮部みゆきの『荒神』

    2014歴史・時代小説1位は宮部みゆきの『荒神』

     本読みのプロたちが選ぶ本誌の恒例企画「歴史・時代小説ベスト10」。6回目となった2014年のランキングには、女性作家の作品が並び、1位は宮部みゆきさんの『荒神』となりました。宮部さんは作品への思いを

    週刊朝日

    12/30

  • あの朝ドラ俳優も疾走していた!? 箱根駅伝に出場した意外な有名人

     毎年、学生アスリートがしのぎを削る箱根駅伝。実は、意外な有名人も輩出していたんです。マラソンランナーはもちろん、テレビや映画の世界で活躍する人まで…。 2012年の東京マラソンに、どの実業団にも所属

    dot.

    12/30

この話題を考える

  • 「ONE PIECE」の原作? 木皿泉が薦める昭和映画5選

    「ONE PIECE」の原作? 木皿泉が薦める昭和映画5選

     高倉健、菅原文太、宇津井健、蟹江敬三、淡路恵子、山口淑子……多くの名優たちが亡くなった2014年。彼らが活躍した昭和の時代を偲びつつ、正月にじっくりと、楽しみたい古きよき「昭和の日本映画」5本を、昭

    週刊朝日

    12/29

  • 「壁ドン」、「ありのままで」…2015年福袋最新事情を総まくり!!

     毎年、趣向を凝らした変わり種福袋が多く登場しているが、2015年の福袋もまた世相を反映したものや、かなりターゲットを絞ったものもあり話題を呼んでいる。 そのひとつが、高島屋で販売される「ぽちゃかわさ

    dot.

    12/29

  • こんなのアリかよ!? ヤバすぎる福袋の気になる中身

     年始の福袋商戦に向けて、各社は多種多様な福袋を展開している。そんななか、毎年話題となるのが変わり種福袋。なかでも注目したいのが、「ヴィレヴァン」ことヴィレッジヴァンガードの福袋だ。 本屋であるにもか

    dot.

    12/29

  • 20~50代子持ち 年末年始「子ども連れて帰省」が7割

     調査・マーケティング会社の株式会社イード(東京都新宿区)が、小学生以下の子どもを持ち、かつ親と離れて暮らす20~50代の親を対象に実施した「祖父母と孫のコミュニケーションに関する意識調査」によると、

    週刊朝日

    12/27

  • “ラスボス”でブレークの小林幸子 次の目標はアブダビ進出か!?

    “ラスボス”でブレークの小林幸子 次の目標はアブダビ進出か!?

     ベテラン演歌歌手、小林幸子(61)の勢いが止まらない。2014年はデビュー50周年だったが、「初めての経験がたくさんあった」(小林)と活動の幅を精力的に広げている。 長らく芸能界で生きてきた小林は1

    週刊朝日

    12/26

  • 糸井重里が語る「食う」「寝る」ともうひとつの大切なこと

     コピーライターの糸井重里さんと、ライフネット生命の代表取締役会長兼CEOは同い年の66歳。ふたりが人生で大切なものについて語り合った。* * *糸井:ぼくは、20歳のころ、大学に通っている最中にデザ

    AERA

    12/25

1 2 3

カテゴリから探す