「韓国」に関する記事一覧

夜食は「愛の不時着」チキン 明洞は死んだ?「私たちの韓国は健在だった」 最速観光ルポ【繁華街編】

夜食は「愛の不時着」チキン 明洞は死んだ?「私たちの韓国は健在だった」 最速観光ルポ【繁華街編】

 ソウル一の繁華街として知られていた明洞(ミョンドン)。だがコロナ禍で海外からの観光客が途絶え、SNSなどでは「明洞が死んだ」と話題になっていた。いま、どうなっているのか。韓国観光公社主催のマスコミ関

dot.

6/29

  • 「六本木クラス」で注目の“本家”ロケ地、大合唱OKのドリコンで韓国エンタメの力を確信 最速観光ルポ【ドラマロケ地&K-POP編】

     日本人にとって身近な海外旅行先だった韓国。ビザの申請や入国前後のPCR検査の義務化といったハードルはあるものの、コロナで途絶えていた行き来がついに再開された。2022年6月15日から4泊5日で実現し

    dot.

    6/28

  • ポストコロナの韓国観光「感涙」の最速ルポ「仁川空港のトイレがきれいに!」と渡韓ハイ【入国編】

     やっと、この日がやって来た。 取材やいわゆる「推し活」で2カ月に一度は訪れていた韓国。2020年1月もガイドブックの取材のため5日間ソウルに滞在し、すぐにでも再訪するつもりだった。ところが、その後ま

    dot.

    6/26

  • 韓国“風”でなく現地をそのまま再現 韓国ロスを癒やす店を探し歩く

     新型コロナが確認されてから、もう2年以上も韓国に行けていない。韓流の沼にはまった記者が「韓国ロス」を癒やすため、日本で韓国を探し歩いた。AERA 2022年6月6日号より紹介する。*  *  *「韓

    AERA

    6/5

  • 「合意を急げば逆効果も」 尹錫悦・大統領の課題を韓国のジャーナリストが読み解く 

     5月10日、尹錫悦氏が韓国の新大統領に就任した。今後の日韓関係について、ジャーナリストで東亜日報の元編集局長、沈揆先さんが語った。AERA 2022年5月23日号から。*  *  * 5月10日、韓

    AERA

    5/18

  • 北原みのり

    北原みのり

    「韓国と日本の男性はよく似ている」大統領選の結果にフェミニストから届く絶望の声

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、韓国大統領選とフェミニズムについて。*    *  * 韓国大統領選で保守系最大野党「国民の力」の候補が次

    dot.

    3/16

  • 北原みのり

    北原みのり

    お金の流れの透明性こそ市民運動の命 基準は明確だった「慰安婦」支援者の裁判の行方

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は「慰安婦」運動支援者の裁判について。*      *  * 韓国の国会議員、尹美香さんの裁判が佳境を迎えてい

    dot.

    3/1

この人と一緒に考える

  • 北京五輪で中韓関係が悪化?国旗破り、不買運動も…「中国が日本を称賛し、韓国と批判合戦」の理由

     北京五輪が開催されている中国。SNS上は連日、韓国に対する批判のコメントであふれているという。「中国と韓国はかつて蜜月の仲と言われていましたが、現在は全く違います。2017年に韓国で米軍が開発した地

    dot.

    2/14

  • 北原みのり

    北原みのり

    韓国と日本の男性が兄弟のように似ている理由 激しい女性嫌悪の反動は耐えるしかないのか

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、日本と韓国の国境を越えた“女性嫌悪”について。*    *  * ソウルの日本大使館前にある

    dot.

    12/28

  • 「尿素水不足」の韓国で食卓に欠かせないキムチも高騰 それでも文政権が中国に怒らない理由

     中国の輸出制限に伴う尿素水不足で物流などへの影響が起きている韓国。11月21日、文在寅(ムンジェイン)大統領は国民からの質問に直接答える生放送のテレビ番組に出演し、尿素水不足の問題は「政府が機敏かつ

    dot.

    11/27

  • 鈴木おさむ

    鈴木おさむ

    「イカゲーム」より興奮「地獄が呼んでいる」 韓国エンタメに世界が痺れた 鈴木おさむ

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、話題沸騰の韓国ドラマについて。*    *  * またもやNetfl

    dot.

    11/25

  • 「翻訳することも難しい」韓国人が“塩ラーメン”を絶対に注文しない驚きの理由

     外国語の翻訳は難しい。韓国人作家のシンシアリーさんは「私は最近まで日本の塩ラーメンを食べたことがなかった。韓国で料理や味に関して『塩』の字を付けると、ものすごくひどい味を示すからだ」という&mdas

    プレジデントオンライン

    9/27

  • 北原みのり

    北原みのり

    韓国「慰安婦」被害者の第一声から30年の夏 若者6人と日本社会のモヤモヤを語り合った

     作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、「慰安婦」の存在が日本社会で認識されてからの30年についてふりかえります。*  *  * 韓国の「慰安婦」被害者、金学順さんが声をあげて

    dot.

    8/17

この話題を考える

  • 「勝ち組女性」を狙った小田急刺傷事件 韓国ミソジニー殺人と酷似 上野千鶴子氏が分析

     東京都内の小田急線車内で乗客10人を刺傷し、殺人未遂容疑で逮捕された対馬悠介容疑者(36)。事件後、「勝ち組と思われる女性を見ると、殺したくなった」などと話し、重症を負わせた20代女子学生に対して「

    dot.

    8/13

  • りかりこ「わかる!」総フォロワー数200万超えの双子モデルが共感した本とは?

     主要SNSの総フォロワー数が200万超え! 同世代から根強い人気を誇る、双子モデルでクリエーターの「りかりこ」。動画配信アプリでの「双子ダンス」投稿をきっかけにファンを増やし、現在では松阪市(三重県

    dot.

    6/12

  • 「土門拳賞」写真家の記録 韓国に移住した日本人漁民の村と唯一残された神社

    写真家・藤本巧さんの作品展「寡黙な空間 韓国に移住した日本人漁民と花井善吉院長」が12月8日から東京・新宿のニコンプラザ東京 THE GALLERYで開催される。藤本さんに聞いた。 今春、藤本さんは写

    dot.

    12/7

  • 嫌韓の裏で「第3次韓流ブーム」到来中! 韓国好き女性たちが語る実情

     日韓関係の冷え込みが報じられる一方、3度目の韓流ブームが起きている。AERA 2019年12月9日号では、韓国製品があふれるコリアタウンを歩き、その背景を探った。*  *  *「私にとって韓国行きは

    AERA

    12/9

  • 「韓国は重病を患っている」日韓で物議『反日種族主義』とは?

     韓国の日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)問題、従軍慰安婦問題、徴用工問題など日韓問題で、強い反日感情を抱く韓国人の主義主張を指す「反日種族主義」。「韓国人は反日を掲げなければ生きていけない種族

    週刊朝日

    11/29

  • 姜尚中

    姜尚中

    姜尚中「日本のメディアは日韓関係だけでなく、新興国の経済情勢も注視すべき」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 日本メディアの話題は、悪化する日韓関係一色に染まっています。そ

    AERA

    9/11

1 2

カテゴリから探す