「離婚」に関する記事一覧

  • 小沢妻「離縁状」 真贋めぐって地元も真っ二つ

    小沢妻「離縁状」 真贋めぐって地元も真っ二つ

     新党結成で勢いをつけたい小沢一郎衆院議員の喉元に刺さった一本の骨、それが妻・和子さん(67)からの「離縁状」騒動だ。いまや、その手紙の"真贋"と、小沢氏の民主党離党が相まって、お膝元も真っ二つに割れ

    週刊朝日

    7/9

  • ザ・ピーナッツ伊藤エミさん死去 無言貫いた「ジュリーとの離婚」

    ザ・ピーナッツ伊藤エミさん死去 無言貫いた「ジュリーとの離婚」

     昭和のヒット曲「恋のバカンス」などで知られる双子デュオ「ザ・ピーナッツ」の姉、伊藤エミ(本名・沢田日出代)さんが6月15日に死去していたことがわかった。71歳だった。がんを患っていたという。 17歳

    週刊朝日

    7/3

  • 長谷川理恵、紗栄子がやっているのは「炎上商法」?

    長谷川理恵、紗栄子がやっているのは「炎上商法」?

     会見で号泣する男にテレビで暴露する女――。2012年上半期の芸能界は、そんな強烈キャラばかりだった。「騒動」の裏側を芸能記者が暴露する座談会で、こんな人も俎上にのせられた。それは、暴露本を発表した長

    週刊朝日

    7/1

  • 「高嶋政伸は泥沼離婚劇を逆手にとり俳優業に専念すべき」と鳳華氏

    「高嶋政伸は泥沼離婚劇を逆手にとり俳優業に専念すべき」と鳳華氏

     モデルで妻の美元(みをん)との離婚騒動に揺れる俳優の高嶋政伸(46)。運命分析術「未来学」の考案者である鳳華(おうか)氏は、高嶋の離婚問題解決への近道をこう占っている。*  *  * 妻であり女優の

    週刊朝日

    7/1

  • 小沢一郎元代表vs.和子夫人「隠し子騒動」のその後

    小沢一郎元代表vs.和子夫人「隠し子騒動」のその後

     ここ1、2週間の永田町では、小沢一郎元代表の「公私」にいわたる動向が注目の的になっている。「公」はむろん消費増税関連法案の採決をめぐる離党騒動。「私」は、小沢氏の妻・和子さんが書いたとされる「手紙」

    週刊朝日

    6/25

  • 高嶋政伸 「美元が自殺したかと思った」と「恐怖の一夜」を語る

    高嶋政伸 「美元が自殺したかと思った」と「恐怖の一夜」を語る

     6月1日、東京家庭裁判所で行われた離婚裁判で、高嶋政伸(45)と美元(32)の2人が出廷した。テレビも生中継で報じるなか、これまでかたくなに沈黙を貫いていた高嶋側の主張がついに明らかになった。 高嶋

    週刊朝日

    6/6

この人と一緒に考える

  • 宮沢りえ離婚 結婚相手の理想は「トランクス一枚が似合う男」だった

    宮沢りえ離婚 結婚相手の理想は「トランクス一枚が似合う男」だった

    「強い横綱になってください」。そう貴花田(現・貴乃花親方)に婚約指輪を返した宮沢りえ(39)は、16年の時を経て幸せを掴んだはずだった。 ところが―――5月8日、2009年に「できちゃった婚」した6歳

    週刊朝日

    5/18

  • 恋多き女・五月みどりさん 過去3回の結婚と離婚を振り返る

    恋多き女・五月みどりさん 過去3回の結婚と離婚を振り返る

     歌手であり、女優である五月みどりさん。これまでに3回の結婚と離婚を経験しており、「恋多き女」としても知られている。その結婚観と過去の夫について次のように明かした。*  *  * 一人で生きていくのは

    週刊朝日

    4/16

  • 泥沼の高嶋政伸と美元 ネット流出した「DV隠し録り音声」の中身

    泥沼の高嶋政伸と美元 ネット流出した「DV隠し録り音声」の中身

    「姉さん、事件です」 純朴ホテルマンを演じた高島政伸(45)の名ゼリフには、似つかわしくない"事件"が起きていた。〈バカ女が〉〈死んじまえ〉―――呂律(ろれつ)の回らない高嶋らしき男性の罵声(ばせい)

    週刊朝日

    3/14

  • 高岡早紀の内縁夫 だまし取った金の行方

    高岡早紀の内縁夫 だまし取った金の行方

     "内縁の夫"をめぐって噴出する疑惑の解明に向け、ついに愛知県警が高岡早紀(39)への事情聴取に踏み切った。高岡本人が「容疑者」ではないものの、その伴侶が方々で集めたお金の行方を追った。 2月10日(

    週刊朝日

    2/21

  • 宇宙飛行士 山崎直子さんの夫 「離婚」つぶやき削除される

    宇宙飛行士 山崎直子さんの夫 「離婚」つぶやき削除される

     〈妻の仕事が何とか続けられるようにと死に物狂いで努力をしてきたのに、その妻本人から「ずっと支えられてきたわけじゃない」と言われた〉〈もうこれからは、私は自分のために生きて行こうと思います〉 "ママさ

    2/15

  • 高岡早紀「内縁の夫」まだ逃亡中

    高岡早紀「内縁の夫」まだ逃亡中

     本誌12月9日号で特報した高岡早紀(39)の事実婚の夫・X氏(44)が繰り広げる"逃走劇"は、今もまだ続いている――。 2男に恵まれながら保阪尚希(44)と離婚したのち、高岡がパーティーでX氏と知り

    週刊朝日

    1/12

この話題を考える

  • 高岡早紀「内縁の夫」逃走中!

    高岡早紀「内縁の夫」逃走中!

     10月25日に放送された旅番組「きらり! 東北の秋」(NHK・BSプレミアム)で、女優の高岡早紀は秋田県東成瀬村の禅寺を訪れた。母として、また妻として、3人の子どもや「パートナー」と一緒に大家族で暮

    週刊朝日

    12/7

  • 浮気防止アプリ「カレログ」が示す殿方の暗黒未来

    浮気防止アプリ「カレログ」が示す殿方の暗黒未来

     注目のアプリ、その名も「れんあい支援アプリ カレログ」。都内のマルチメディア企画製作会社に勤務する有志4人が、小規模・低予算で開発した。もともとは営業マンの行動記録用だったものを「恋愛向け」に改造し

    週刊朝日

    9/10

  • 増える“草食系離婚” 浮気に走る若妻たち

    おきばり記者コミヤマの「これは事件どす!」(2)「夫は浮気するもの」というけれど、現実には妻だっていっぱい浮気している。とくに若い妻たちは、「みんなしてるから」と罪悪感なんか感じず、すぐに離婚してしま

    週刊朝日

    2/1

  • 作家・渡辺淳一×昭和女子大学学長・坂東眞理子

    作家・渡辺淳一×昭和女子大学学長・坂東眞理子

    熟年世代の「幸福」の見つけ方 渡辺淳一さんの新作小説『孤舟』(集英社)は団塊世代のエリートサラリーマン・威一郎が定年後、思わぬ孤独に陥る物語だ。一方、女性も仕事を持つことに幸せがあると説く『女性の幸福

    週刊朝日

    11/30

  • タイガー・ウッズ 「不調の原因はSEXレス」

    タイガー・ウッズ 「不調の原因はSEXレス」

     8月27日発売の米芸能誌「ピープル」の独占インタビューのなかで、エリンは、「私は地獄を切り抜けた」「この3年半、私は一つの浮気も疑わなかった」 などと、不倫騒動で辛酸をなめた心境を告白した。 さらに

    週刊朝日

    8/31

  • のりピー「離婚」後の復活シナリオ

    のりピー「離婚」後の復活シナリオ

    のりピーと高相氏との離婚協議自体は、昨年暮れから互いの弁護士を介して進められてきた。当初は数カ月のうちにまとまると期待されていたという。  スポーツ紙の芸能担当記者がこう振り返る。「高相サイドが離婚を

    週刊朝日

    8/5

7 8 9 10 11

カテゴリから探す