「離婚」に関する記事一覧

離婚住宅アドバイザーが明かす「持ち家離婚」で相手とモメたときの解決術

離婚住宅アドバイザーが明かす「持ち家離婚」で相手とモメたときの解決術

生活を共にしていた夫婦が離婚して別居しようとするとき、最も大きな問題は「住居」だろう。どちらか一方がそのまま住み続けるとなれば、特に持ち家の場合は、名義変更や住宅ローンの一本化などやるべきことは山ほど

dot.

5/11

  • 子どもを連れ去った親は「未成年者略取誘拐罪」になる? 警察発表が広げた波紋

    「離婚話でもめていたある日、夫は5歳の子どもを自分の実家に連れて行ってしまいました。数カ月たっても子どもに会えず、とてもつらかったです」 涙ながらに語るのは、神奈川県在住の長原映美さん(仮名・38歳)

    dot.

    3/9

  • 36歳キャリア妻のモラハラ懺悔 夫の仕事にダメ出し「私のほうが何倍も優秀」と説教が止まらない

     妻から夫へのモラハラ被害が深刻化している。女性の社会進出に伴い、男性が加害者、女性が被害者という構図がかわりつつあるのだ。ジェンダーの問題ともいいきれなくなってきている。どのような意識なのか。今回は

    dot.

    1/23

  • 鈴木保奈美「離婚」をバネに印象アップ 夫と子育てから開放されて新たな恋も?

     劇団ひとりが監督・脚本を務め、柳楽優弥の怪演で話題となっているNetflix映画「浅草キッド」。柳楽演じるビートたけしの師匠・深見千三郎の妻の麻里を演じているのは女優の鈴木保奈美(55)だ。昨年12

    dot.

    1/3

  • 黒歴史暴露も…離婚&独立の前田敦子が「強いシンママ」にキャラ変

     女優の前田敦子(30)が10月13日にフォトエッセー「明け方の空」(宝島社)を発売し、東京都内で刊行記念イベントを開催した。4月に離婚した元夫・勝地涼について聞かれると、「休みのタイミングが合ったら

    dot.

    10/19

  • 離婚で「親権手放し」の篠原涼子への“逆風”止まらず 

     歌手、女優としてこれまで順調にキャリアを重ねてきた篠原涼子(47)が、初めての“危機”を迎えている。 7月24日、東京五輪の開幕に紛れ込ませるような形で俳優の市村正親(72)

    dot.

    8/27

  • なぜ夫は妻に無断で子どもを「連れ去った」のか 連れ去り当事者が語る夫婦の内情

     離婚・別居の際、一方の親が相手に無断で子どもを連れて家を出てしまうことがある。いわゆる「子どもの連れ去り」だ。離婚・別居をしても子どもにとって親はふたり。もちろんDVや虐待など子どもに被害が及ぶ場合

    dot.

    8/9

この人と一緒に考える

  • 「ネグレクトなんてしていない」 子どもを“連れ去った”夫の主張に妻が真っ向から反論

     離婚・別居の際、一方の親が相手に無断で子どもを連れて家を出てしまう「子どもの連れ去り」問題。もちろんDVや虐待など子どもに被害が及ぶ場合は別だが、夫婦の同意なく子どもを連れ去ることは海外では違法とさ

    dot.

    8/9

  • 「もう夫はいらない。邪魔されず生きたい」夫を断捨離する妻のリアル

     23年にわたる結婚生活を解消した鈴木保奈美(54)と石橋貴明(59)、結婚16年で離婚した篠原涼子(47)と市村正親(72)。この2組は、いわゆる“略奪婚”から“

    週刊朝日

    8/6

  • 鈴木・石橋、篠原・市村の離婚も妻の“断捨離”? 悔いなくリセットする妻

     鈴木保奈美(54)と石橋貴明(59)が7月、23年にわたる結婚生活を解消。驚くのもつかの間、篠原涼子(47)と市村正親(72)が結婚16年で離婚した。いずれも表面上は互いを憎まず、妙にすっきりした新

    週刊朝日

    8/5

  • 離婚後も好感度変わらぬ「吉瀬美智子」 セレブに見えて“庶民”な生活が人気の秘訣?

     7月24日からスタートしたドラマ「連続ドラマW 黒鳥の湖」(WOWOW)に出演している女優の吉瀬美智子(46)。18年前のある事件によって、地位も財も手に入れた主人公(藤木直人)が、新たな誘拐事件を

    dot.

    8/5

  • 鈴木保奈美は自由がほしかった? 3年前から石橋貴明との間にくすぶっていた「火種」

    「まさか」と「やっぱり」が入り混じるような離婚劇だった。 16日夜、鈴木保奈美(54)と石橋貴明(59)が石橋のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で離婚を発表した。動画は約50秒ほどの短いもの

    dot.

    7/17

  • 小林麻耶が離婚へ 夫から解放されても修復が難しい「海老蔵一家」と「TBS」

     今年3月から別居状態にあった小林麻耶(41)と夫の國光吟氏(37)が離婚に向けて協議を始めたという。7月1日発売の「女性セブン」によると、当初は麻耶自身も別居が一時的なものになるか、離婚への準備期間

    dot.

    7/1

この話題を考える

  • 旦木瑞穂

    旦木瑞穂

    早期治療が平穏への近道 夫婦喧嘩や産後うつ、PMS・PMDDのせいかも?

     突然イライラしたり、不意に涙が出てきたり、生理前は自分が制御不能になる――。月経前の心身の不調を医学的には「月経前症候群:PMS(Premenstrual Syndrome )」や「月経前不快気分障

    dot.

    6/10

  • 【夫編】離婚しても仲がいい元夫婦が「別れた理由」 バツイチの夫が2度目の結婚でも耐えられなかったこと

     石山尚樹さん(仮名・40歳)と貴子さん(仮名・41歳)は、2010年に結婚し、17年に離婚した。当時、子どもは5歳。子どもの親権は貴子さんが持ち、尚樹さんから養育費をもらいながら育てることになった。

    dot.

    6/3

  • 【妻編】離婚しても仲がいい元夫婦が「別れた理由」 妻が夫にどうしてもわかってほしかったこと

     石山尚樹さん(仮名・40歳)と貴子さん(仮名・41歳)は、2010年に結婚し、17年に離婚した。5歳の子どもの親権は貴子さんが持つが、尚樹さんと子どもは月に数回、会っていて、泊まりで預かることもある

    dot.

    6/3

  • セレブ妻・吉瀬美智子が離婚 3年前に明かしていた「寝室」での出来事

     女優の吉瀬美智子(46)が7日、所属事務所の公式サイトおよび自身のツイッターを通じて、10歳年上の一般人男性と離婚したことを発表した。2010年のクリスマス結婚から11年目、セレブ妻だったはずの吉瀬

    dot.

    4/7

  • 別れても子どもを一緒に育てて旅行にも行く男女 2人はなぜ離婚することになったのか【夫編】

     東京都在住の長岡武司さん(35)と澤口珠子さん(43)は、2015年に結婚し、19年に離婚した「元夫婦」だ。2人の出会いは、マッチングアプリ。当時、IT系のベンチャーに勤めていた武司さんが、婚活コン

    dot.

    4/3

  • 別れても子どもを一緒に育てて旅行にも行く男女 2人はなぜ離婚することになったのか【妻編】

     澤口珠子さん(43)と長岡武司さん(35)は、2015年に結婚して19年に離婚した。【夫編】では、夫だった武司さんの視点から、幸せだった結婚生活がなぜ破綻してしまったのかを語ってもらった。そこには、

    dot.

    4/3

1 2 3 4 5

カテゴリから探す