「鉄道」に関する記事一覧

  • 諸河久

    諸河久

    50年以上前とは思えない「銀座」の美しさ! およそ10年で消えた都電の高性能車両

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も「都電ナンバーワン」の視点で

    AERA

    11/28

  • 諸河久

    諸河久

    51年前「渋谷」懐かしき東急文化会館前の都電 車両数で最も少なかったレアな高性能車とは?

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も「都電ナンバーワン」の視点で

    AERA

    11/21

  • 56年ぶりの大改装「銀座駅」 光をまとった歴史と文化を表すデザインは必見

     東京メトロ銀座駅が開業して86年。2019年度の1日平均乗降人員は25万7440人で、東京メトロの管理駅では4番目に多い。東京を代表する繁華街・銀座への玄関口として、多くの人々に親しまれている銀座駅

    dot.

    11/13

  • 諸河久

    諸河久

    都電時代に新宿から「最長区間」を結んだのはどこ? 渋滞に巻き込まれる57年前の光景

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も「都電ナンバーワン」の視点で

    AERA

    11/7

  • 昭和の頃は”高嶺の花”だった有料の特急 いまや快適な通勤に利用されるワケとは?

     昭和40年代、特に国鉄の有料の特急形車両は“高嶺の花”で、定期券での乗車が認められていなかった。しかし、赤字に苦しむ国鉄が柔軟な姿勢を打ち出したことで、徐々に特急形車両で通勤

    dot.

    11/3

  • 諸河久

    諸河久

    開通3年目の「東海道新幹線」と廃止目前の「都電」が交差! 53年前の新橋に息づく昭和

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も「都電ナンバーワン」の視点で

    AERA

    10/31

この人と一緒に考える

  • 東京メトロ新アプリ スマホ苦手筆者が使い勝手を試してみた

     東京メトロは、大都市型MaaS(Mobility as a Serviceの略)、「my! 東京MaaS」の一環として、MaaS機能を搭載したスマートフォン向けの「東京メトロmy! アプリ」を202

    dot.

    10/27

  • 諸河久

    諸河久

    都電時代の「最も短い区間」はどこ? 70年前傷みながらも戦後東京を支えた木造車両

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も「都電ナンバーワン」の視点で

    AERA

    10/17

  • 諸河久

    諸河久

    都電で「最も長い距離」を走った系統は? 54年前ぎゅうぎゅう詰めの中山道を走る光景

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回からは「都電ナンバーワン」の視

    AERA

    10/10

  • 関西発から全国へ! 関西から始まった鉄道の設備やルールはこんなにあった

     世の中、東京から発出し、全国的に普及、追随することが多いが、なかには関西で普及し、関東が追随したものがある。先進的な試みからマナーまで、鉄道の分野で関西から始まり、全国的に広がったものは意外と多い。

    dot.

    10/6

  • 「鉄道車両はブラックが命」 デザインを引き締める色がブラックだった!

     1995年、俳優の東幹久と高岡早紀が共演した「アパガード」という歯磨き粉のCMのキャッチコピー、「芸能人は歯が命」が人々に強烈な衝撃を与え、“白い歯へのあこがれ”を表すかの如

    dot.

    10/4

  • 近場で秋のミニトリップ! 東武鉄道亀戸線で楽しむ下町情緒や珍スポットも

     東京23区内にありながら、電車はたった2両。しかも、日中は10分間隔で運転、一部分を除き複線という不思議なローカル線がある。それは東武鉄道亀戸線。伊勢崎線の曳舟とJR東日本総武本線の亀戸を結ぶ3.4

    dot.

    9/29

この話題を考える

  • 使われなくなった鉄路がなぜ人気に? 「廃線先生」が挙げる9つの廃線跡

     廃線となった跡を歩く。ただそれだけなのに、夢中になれる。そこには往年の姿を彷彿させる痕跡も。「廃線先生」で知られる松本典久さんが、AERA2020年9月28日号から、とっておき9カ所の廃線跡を紹介す

    AERA

    9/27

  • 諸河久

    諸河久

    55年前「浅草」を都電が独り占め? 古くは開通日に関東大震災が発生したことも…

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は吾妻橋と浅草の街を走る都電の

    AERA

    9/26

  • 94年の歴史を閉じた「としまえん」 最寄り駅の豊島園駅はどうなる?

     2020年8月31日、東京都心エリアの大型遊園地として親しまれてきた「としまえん」が90余年の歴史を閉じた。その玄関として遊園地来訪者で賑わい、そのパートナーを失った西武鉄道の豊島園とはどんな駅なの

    dot.

    9/22

  • 鉄道と郵便の文明開化以来の深い深い「関係」 郵便番号に隠された鉄道網のヒミツ

     政府が2015年から取り組んだ「ゆう活」(夏の生活スタイル変革)はちっとも浸透しなかったが、別の「ゆう活」は100年以上も前から浸透している。それは旅行貯金や風景印収集といった“郵便局を

    dot.

    9/22

  • 生まれ変わった飯田橋駅、難題のホーム移設を可能にした2つの偶然

     JR東日本中央本線(中央・総武各駅停車)の飯田橋駅が、2020年7月11日から新ホームに移設。西口駅舎も改築され、装いを新たにした。都市開発後、土地が少ない都心の駅において、ホームの移設は至難の業で

    dot.

    9/17

  • 幻の3番線ホームがある両国駅 かつての房総行きターミナルが歩んだ百十余年

     JR東日本・総武本線の両国駅には、各駅停車が発着する1・2番線ホームのほかに、一段低い位置に普段列車が発着していない頭端式ホームがある。その奥にも駅の敷地が広がっているばかりでなく、古めかしく大きな

    dot.

    9/16

2 3 4 5 6

カテゴリから探す