「週刊朝日100周年」に関する記事一覧

小津安二郎が愛した日本最初のヒレカツも 開業100年を超える名店3選

小津安二郎が愛した日本最初のヒレカツも 開業100年を超える名店3選

 週刊朝日と同じ大正生まれ、100年を超えて愛され続ける名店を紹介。その矜持も味わいたい。*  *  *◆蓬莱屋 小津監督が愛した日本最初のヒレカツ 薄い衣に包まれた弾力のあるヒレ肉の旨味(うまみ)が

週刊朝日

3/6

  • 混沌の時代へ 「週刊朝日」グラビアで回顧する「失われた30年」

     創刊100周年を迎えた「週刊朝日」。グラビアでは、長い歴史の中で数々の事件を伝えてきた。1990年代は、大きな震災に見舞われ、猟奇的事件も起きた。湾岸戦争も始まり、世界的に混迷が深まっていくなか、明

    週刊朝日

    3/1

  • 「ダブル浅野」はカタログ的 カトリーヌあやこが分析「トレンディードラマの魅力」

     週刊朝日ゆかりの人による、100年たっても色あせない選りすぐりの名言を振り返ります。作家・林真理子さんの対談連載「マリコのゲストセレクション」より、今回は漫画家のカトリーヌあやこさんです。特徴をとら

    週刊朝日

    2/27

  • 「週刊朝日」グラビアが伝えた激動の80年代 日航機墜落、阪神優勝、豊田商事会長刺殺事件など

     創刊100周年を迎えた「週刊朝日」。グラビアでは、長い歴史の中で数々の事件を伝えてきた。悲しい大事故が起きた。うれしい奇跡もあった。激動のバブル期。非日常のできごとを思い起こす。「週刊朝日」のグラビ

    週刊朝日

    2/26

  • 『愛の流刑地』に「中学生男子が読んで困る」と苦情も渡辺淳一さんが喜んだワケ

     ついに創刊100周年を迎えた週刊朝日。中でも25年以上の歴史を持つ作家・林真理子さんの連載「マリコのゲストコレクション」では、スタート以来、数々のゲストにご登場いただいてきました。週刊朝日ゆかりの人

    週刊朝日

    2/26

  • 「ユニクロは衣類文化をダメにする」20年前の予想をドン小西が反省

    「週刊朝日」でたどる日本のファッションの100年。2001年1月5-12日号の「呆然 ニッポンはこうなる。」特集内にはユニクロ崩壊を予測する記事が掲載された。その理由として、「行き渡ったユニクロのフリ

    週刊朝日

    2/25

  • 篠山紀信の流儀 撮られる人の覚悟をリスペクト「ありがたいと思う」

     25年以上の歴史を持つ作家・林真理子さんの連載「マリコのゲストコレクション」。週刊朝日ゆかりの人による、100年たっても色あせない選りすぐりの名言を振り返ります。 今回は、常にメディアの最前線に立っ

    週刊朝日

    2/24

この人と一緒に考える

  • 2000年以降の日本の衝撃 「Qちゃん」全盛、津波被災の「生死の境」

     創刊100周年。長い間、国内外で起きた出来事を報じてきた「週刊朝日」。2000年代以降にもさまざまな印象的な出来事や衝撃事件が起きた。その記録を当時の記事から振り返る。*  *  * 20世紀最後の

    週刊朝日

    2/22

  • ライターのギャラは5万円 下川裕治の「12万円で世界を歩く」がウケた理由

     創刊100周年を迎えた週刊朝日。かつての連載陣に「週刊朝日と私とその時代」をテーマに語っていただきました。今回は旅行作家の下川裕治さんです。◆「12万円で世界を歩く」(1988年7月~89年2月)*

    週刊朝日

    2/22

  • 「週刊朝日」の1980年代 「豊田商事事件」にバブル前夜の熱気と自粛ムード

     2月25日に創刊100周年を迎える日本最古の総合週刊誌・「週刊朝日」。多くの苦しみを生んだ悲惨な出来事も、国民みんなで笑顔になった素晴らしい出来事も、独自の視点で報じてきた。その長い歩みを、歴史に残

    週刊朝日

    2/21

  • 黒田民子

    黒田民子

    【家つまみ】ハマグリ、菜の花…旬の味で祝う「春のおめで鯛料理」

     料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「金目鯛とハマグリの春のひと皿」。*  *  *「週刊朝日」がなんと今年、100歳を迎えられるとのこと。おめでとうございます。 春はお

    週刊朝日

    2/21

  • ビートルズ来日、「よど号」犯との「ふれあい」 「週刊朝日」が報じた1960~70年代

     100年前に誕生した日本最古の総合週刊誌・「週刊朝日」。多くの苦しみを生んだ悲惨な出来事も、国民みんなで笑顔になった素晴らしい出来事も、独自の視点で報じてきた。1960~70年代を当時の記事とともに

    週刊朝日

    2/21

  • 佐藤愛子の断筆宣言後 「もっと書け」の声に「簡単にいうな、って怒りたくなるの」

     佐藤愛子さんと林真理子さん、ふたりの作家対談が実現。断筆を宣言して話題になった佐藤さんですが、執筆を始めた意外なきっかけや、多くの作家仲間に囲まれた同人誌時代のことを語ってくださいました。*  * 

    週刊朝日

    2/21

この話題を考える

  • 春風亭一之輔

    春風亭一之輔

    高1の息子が文庫本の解説を書く! 一之輔の“ユル文”コラム

     落語家・春風亭一之輔氏が週刊朝日で連載中のコラム「ああ、それ私よく知ってます。」。今週のお題は「週刊朝日」。*  *  * 週刊朝日さん、創刊100周年おめでとうございます。 あなたとの出会いは私が

    週刊朝日

    2/20

  • 吉永小百合 キスから反戦まで…「週刊朝日」の取材エピソード明かす

     2022年2月で創刊100周年を迎えた「週刊朝日」のために、吉永小百合さんが、これまでの取材での思い出を披露。さらに祝福メッセージとエールをいただいた。*  *  *「創刊100年、おめでとうござい

    週刊朝日

    2/19

  • 吉永小百合、コロナ禍で「口の運動と発声練習」も 若々しさを保つ秘訣

     吉永小百合さんが初めて「週刊朝日」の長時間インタビューに応じてくれたのは、1965年1月8日号。元朝日新聞記者でコラムニストだった荒垣秀雄氏との対談だった。「荒垣さんは、『天声人語』を長い間書かれた

    週刊朝日

    2/19

  • 西原理恵子、連載時の苦労は「ギャグが編集者に通じない」こと!?

     創刊100周年を記念して、「週刊朝日と私とその時代」をテーマに祝辞、思い出、反省、苦言、提言の数々をいただいた。今回は漫画家の西原理恵子さん。◆「恨ミシュラン」(1992年9月~94年11月)*  

    週刊朝日

    2/19

  • 1980年代に黒ブーム到来 ドン小西「日本のファッションが一番熱かった時代」

    「週刊朝日」でたどる日本のファッションの100年。今回は日本の黒ブームが時間差で世界に広がり、黒い服が並ぶロンドンのブティックについて書かれた現地の記事を紹介した1987年1月の「週刊朝日」(表紙は沢

    週刊朝日

    2/19

  • 「恨ミシュラン」言いたい放題で苦情も 神足裕司「めちゃくちゃだったけど…」

     祝辞、思い出、反省、苦言、提言──。創刊100周年を迎えた週刊朝日にゆかりのある、時代を築いた人たちに、“その時代”と“これから”を思う存分に語っても

    週刊朝日

    2/18

1 2

カテゴリから探す