「舛添要一」に関する記事一覧

自民にすり寄る小池都知事の「延命工作」を舛添前都知事が痛烈批判

自民にすり寄る小池都知事の「延命工作」を舛添前都知事が痛烈批判

 新たな「日本の台所」となる東京・豊洲市場が開場したが、久しぶりに注目を集めたのが小池百合子都知事。満面の笑みを浮かべての登場だったが、気になるのは2020年の東京五輪開催時の都知事選だろうか&hel

週刊朝日

10/15

  • 上昌広

    上昌広

    舛添要一氏が医師や官僚から評価されていた理由 既得権益との闘いが実を結ぶ

     東京を中心に首都圏には多くの医学部があるにもかかわらず、医師不足が続いている。そのような中、現役の医師であり、東京大学医科学研究所を経て医療ガバナンス研究所を主宰する上昌広氏は、著書『病院は東京から

    dot.

    10/13

  • 小池百合子東京都知事 どうする?「舛添シャンゼリゼ構想」

     小池百合子・東京都知事の周辺には、巨額が動く難題が次から次に噴出している。築地市場の豊洲移転計画に東京五輪のボート・カヌー会場の変更案、広尾病院の移転──。ニュースをにぎわす話題にとどまらず、舛添都

    週刊朝日

    10/28

  • 広尾病院前院長が核心を激白「移転は舛添さんのレガシーだった」

     東京都立広尾病院(渋谷区恵比寿)の不可解な移転問題で進展があった。本誌(9月30日号など)の一連のスクープなどにより、国と都の土地売買交渉が凍結されたのだ。問題のキーマンの一人、佐々木勝・前広尾病院

    週刊朝日

    10/6

  • 北原みのり

    北原みのり

    北原みのり「叩ける人だけ、叩く」

     作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。辞職に追い込まれた舛添要一氏に関する報道に、最終的には辟易していたという。*  *  * 結局、舛添さんが辞めるまでメディアは力を弱め

    週刊朝日

    6/28

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「命とりとなった舛添都知事の『誰にも負けない自信』」

     都知事を辞任した舛添要一氏をマスメディアに登場させたのは、ジャーナリストの田原総一朗氏だったという。氏は今、責任の一端を感じているという。*  *  * 東京都の舛添要一知事が、6月15日に政治資金

    週刊朝日

    6/24

  • 舛添都知事 記者呼びつけ元妻との密会を撮らせていた?

     自公が担いだ舛添要一東京都知事の“セコい”スキャンダル。参院選や都知事選が迫る中、“舛添ショック”は政界にどんな影響を与えるのか。「国会通信簿」でおなじみの東大教授(社会経済学)の松原隆一郎氏と青山

    週刊朝日

    6/23

この人と一緒に考える

  • 2代続けて「政治とカネ」で辞任! 次の都知事に必要な能力とは

     舛添要一都知事が6月21日付で辞職する。首都の知事が約3年半で3人も代わる異常事態。あと40日ほどで、私たちは再び都知事を選ばなければならない。いま改めて「都知事とは何か」を考えたい。 あっけない幕

    AERA

    6/22

  • 「違法性ある」舛添都知事の狭まる包囲網

    「給与を半分に」「湯河原の別荘を売却」「絵画を寄付」。公私混同の疑惑から逃れ、禊(みそぎ)を済ませたかったはずの舛添要一都知事。だが、辞職を求める声はやまず、おひざ元の自治体からも包囲網を敷かれる始末

    週刊朝日

    6/15

  • 元妻片山さつき氏も叱る 舛添都知事ドロ沼都議会

    「結婚して26年になります。最近ちょっと、私にとっては思い出したくない過去がですね……」 自民党参院議員の片山さつき氏が後援会員を前にそう語ると、会場はどっと沸いた。言わずと知れた舛添要一東京都知事の

    週刊朝日

    6/8

  • 室井佑月

    室井佑月

    舛添知事は生け贄? 室井佑月「だからなにも変わらない」

     作家の室井佑月氏は、舛添要一都知事の“税金着服疑惑”に疑問を呈する。*  *  * 5月13日の金曜日、「週刊文春」に税金の着服疑惑をスクープされた舛添都知事が、言い訳会見を開いた。記者に突っ込まれ

    週刊朝日

    6/3

  • 嵐山光三郎「新都知事選考座談会」

     政治基金疑惑の渦中にある舛添要一・東京都知事に代わって誰を都知事にするべきか。作家の嵐山光三郎氏は、本紙連載「コンセント抜いたか」に「都知事選考座談会」とする文章を寄せた。*  *  *A(新聞社)

    週刊朝日

    6/3

  • 6年間で総額100万円! 自腹切る民間社員から舛添都知事に怨嗟の声

     多くの企業が経費削減に走る昨今。民間サラリーマンからは、政治資金を私的に流用する舛添要一都知事への批判が噴出した。 しめて100万円。大手運送会社で働いていた男性Aさん(34)が、昨年までの6年間、

    AERA

    6/1

この話題を考える

  • 都知事は「傲慢症候群」? 精神科医が舛添氏の“特権意識”を指摘

     渦中の舛添要一・東京都知事は防戦に躍起になっている。 5月25日には自身の疑惑について調査する「第三者」としてヤメ検の弁護士2人を選任したと発表したが、弁護士の氏名は調査結果が出るまで非公表。27日

    週刊朝日

    6/1

  • 舛添都知事“茶番”劇場 自公が引導を渡せない裏事情

     海外豪遊出張や公用車の公私混同など政治資金を巡る問題に揺れる舛添要一・東京都知事。 そんな舛添氏を待ち構える試練が、6月1日に始まる都議会だ。 5月25日には共産党都議団が、強い調査権限を持つ「百条

    週刊朝日

    6/1

  • 次はケチでは困る…ポスト舛添に小池百合子が急上昇?

     周囲は騒げど主役はダンマリ。遅々としてストーリーが進まない「舛添劇場」。高まる観客のブーイングに、演出家たちは早くも代役を探し始めた。その「本命」にあがる意外な名前と辞任のXデーは――。 仮に舛添要

    週刊朝日

    6/1

  • 「いつか要一は…」 疑惑だらけの舛添都知事の亡き姉の予言

     東大法学部で鳩山邦夫と首席を争った、天才政治学者の政治資金流用疑惑。ドケチ、タカリの人物像はいかにして形成されたのか。 すでに「釈明会見」も3回目。記者からの追及にも慣れた様子で、5月27日の会見で

    AERA

    5/31

  • 元愛人の母親が激怒 養育費すらケチろうとした舛添知事の過去

     舛添要一東京都知事(67)がいよいよ土俵際に追い込まれた。次々と噴出する「政治とカネ」疑惑に対し、まさかの「ゼロ回答」で臨んだ記者会見は都民からブーイングの嵐。自称“トップリーダー”のセコすぎる人物

    週刊朝日

    5/26

  • 原因は都民と石原氏? 誰が“王様気取り”な都知事を生んだのか

    「政治とカネ」疑惑に対し、まさかの「ゼロ回答」で記者会見に臨んだ舛添要一東京都知事(67)。 次々と噴出する疑惑にまともに答えられない舛添氏は、都知事としての求心力を急速に失いつつある。 だが、果たし

    週刊朝日

    5/26

1 2

カテゴリから探す