「終活」に関する記事一覧

  • 「尊厳のある死とは口から食べられるかどうか」ドクターG・山中克郎医師の死生観

     命を救うのが医師の仕事である一方で、「命の終わり」を提示するのも医師の務め――。救急や外科手術、がんやホスピスなど死に直面することが避けられない現場で日々診療を行っている医師20人に、医療ジャーナリ

    dot.

    4/8

  • 「死んだら跡形もないほうがいい」がん治療の名医が語る死生観

     命を救うのが医師の仕事である一方で、「命の終わり」を提示するのも医師の務め――。救急や外科手術、がんやホスピスなど死に直面することが避けられない現場で日々診療を行っている医師20人に、医療ジャーナリ

    dot.

    4/7

  • 舞台女優やアイドル活動も…「異端」の30歳女性医師が考える医療の未来

     医師を目指すうえで、覚悟を決めた瞬間がある。医学部志望生向けのAERAムック『AERA Premium 医者・医学部がわかる2018』では、法学部から医学部へ人生の舵を切った、訪問診療医の上田悠理医

    dot.

    4/1

  • 退職金で投資するならいくらまで? 専門家が教える年齢と投資額

     セカンドライフの大きな支えとなる退職金。しかし、老後の不安から運用を焦り、無計画に始めるのは禁物。これからの人生設計とお金の使い方を冷静に考え、適切なリスク管理をおこなうことが重要だ。週刊朝日ムック

    dot.

    3/7

  • 「最期」を笑顔で迎える5カ条とは? 自宅看取り「4割」実現の医師語る

     日本人の8割は医療機関で亡くなる。ところが、滋賀県東近江市の永源寺地域では、半数近くの人が自宅で最期を迎える。医療・介護・地域がつながり、「チーム」で患者を支えているからだ。チームの中心として活躍し

    週刊朝日

    3/3

  • 「死に方格差」の現実 65歳時点の貯蓄額で試算した!

     終のすみか選びの際、自らの要介護度とともにチェックすべきなのが懐具合だ。高齢者向けの施設は種類が多く、月額費用や入居一時金にも大きな差がある。ならば、一体いくら必要なのだろうか。定年時の貯蓄額の違い

    週刊朝日

    2/23

この人と一緒に考える

  • サ高住は“玉石混交” 施設選びは「長生きリスク」を考える!

     高齢者向けの施設は種類が多く、月額費用や入居一時金にも大きな差がある。有料老人ホームは、企業による運営も多い民間施設だ。月額利用料10万円未満の施設が25%を占める一方で、30万円以上の施設も次いで

    週刊朝日

    2/23

  • 相続争いを避ける“七つの知恵” 教育資金に生前贈与も…

     自分の家族が遺産を巡って争う“争続”は、何としても避けたいものだ。元気なうちから準備を進めておけば、もめごとは抑えられる。七つのポイントをまとめた。【相続に備えてやっておくべきポイント】(1)資産を

    週刊朝日

    2/18

  • 90代で包茎手術も… 介護見据えた男性たちの“備え”

     脱毛は「女性」から「男性」へ、「美容」から「介護」目的へと変化している。 厚生労働省の調べによると、2017年9月時点で、要介護・要支援認定者数は全国で約640.7万人いる。両親を介護したり、知人の

    AERA

    1/7

  • 墓返還希望者が倍に! 深刻な墓不足で明石市が取り組む“奇策”とは?

     高齢化による死亡者数の増加などで、墓不足や、墓を管理する「墓守」がいないまま放置される「無縁墓」が社会問題となっている。そんな中、兵庫県明石市が2017年4月から、市営墓園で全国的に珍しい取り組みを

    dot.

    12/15

  • なぜ、いま9マスユイゴンなのか?

     いま、遺言や相続で悩まれている方が増えています。人それぞれ、いろいろな問題を抱えていますが、遺言があった場合となかった場合では、どう違うのでしょうか。ユニークな遺言の書き方を提唱する『90分で遺言書

    ダイヤモンド・オンライン

    11/27

  • 3割は予想外のものを… 「死の体験旅行」でわかる最後に自分が残すもの

     東京都内の寺院で開かれている“死を身近に感じる講座”が人気だ。現在は、月1度の開催で、ホームページ上に募集をかけると、すぐ定員に達する盛況ぶり。どのように「死」を感じるのか。記者(33)も参加してみ

    AERA

    11/20

この話題を考える

  • 身寄りがないからこそ… “孤独死”に対応した保険の気になる内容

     未婚者や子なし世帯、LGBTなど、生き方の多様化にともなって、保険にも様々なタイプが登場している。 核家族化や晩婚化が進み、生涯未婚率も上昇する中、現役世代の生活も常にリスクと隣り合わせだ。病気やケ

    AERA

    11/19

  • 玄侑宗久に聞く現代の“死に方” 商品化する「宗教」と個人化する「死」とは

     慶應大学卒業後、様々な仕事を経て臨済宗の僧侶に。僧職を続けながら執筆活動を行い、2001年に「中陰の花」で芥川賞を受賞した玄侑宗久氏が、「現代に生きる人は先のことを決めすぎる」と「死」をも個人化する

    AERA

    11/19

  • どうする「デジタル遺品」 死後、こっそりデータを消してくれるソフトも…

    「故人が残したもののなかで、デジタル環境を通してのみ確認できるものがデジタル遺品です。写真や動画、メール、SNSのアカウントやその投稿、ネット証券・銀行の資産なども含みます」 デジタル遺品研究会ルクシ

    AERA

    11/18

  • 「継承者なしOK」はもちろん「お墓のシェアハウス」まで! 変わるお墓のサービス

     未婚だったり、結婚していても子どもがいなかったり……。世話をしてくれる人がいない人にとって将来は不安だ。知っておけばきっと気が楽になる、こんなサービスもある。「ほら、向こうに横浜ランドマークタワーが

    AERA

    11/18

  • 「ちゃんと死ねる気がしない…」LGBTカップルが抱える現実的な問題とは?

    「人生100年時代」に突入するニッポン。住み慣れた地域で老いて安心して死ぬことができたのは、もはや過去の話だ。非正規労働、シングルマザー、フリーランス、LGBT……。生き方が多様化する中、老後、そして

    AERA

    11/17

  • 最期は「自宅」or「ホーム」問題を今から考えておく!

     人生の最期をどこで迎えるか。いずれ介護が必要な体となれば、自宅に住み続けるか、高齢者向け施設への移住かの判断を迫られる。そうなってから慌てるのでは遅い。資金、趣味、持病、生活習慣など、自らの暮らしの

    週刊朝日

    11/17

3 4 5 6 7

カテゴリから探す