「終活」に関する記事一覧

  • 身寄りのない“おひとりさま” 死後の備えはどうしたらいい?

    「気がついたら、自分の老後や死後を託す人が周りにいない。そんな状況はだれにも起こりえます」『ひとり終活』(小学館新書)などの著書がある、シニア生活文化研究所の小谷みどり所長は、こう語る。 生涯シングル

    週刊朝日

    1/29

  • 老後は考えているより厳しくない? 定年後は一人4万円稼げば十分

     老後生活に不安を抱く人は少なくないだろう。年金の支給額は減り、生活が苦しくなることが予想されるからだ。しかし、定年後の家計収支は、実際のところ、一般に考えられているより厳しくはなく、さほど悲観するこ

    dot.

    1/22

  • 親の友だちを知ってる? プロが教える「エンディングノート活用術」

     生前に故人の情報をできるだけ多く確認していれば、死後のさまざまな手続きも円滑に進む。死後の話をするなんて「縁起でもない」「不謹慎」と思われそうな場合、エンディングノートを使うとよい。市販品もあるが、

    週刊朝日

    1/22

  • 広がる自治体でおひとりさまの「終活サポート」事業 一体なぜ?

     神奈川県横須賀市は、ひとり暮らしで身寄りのない市民を対象に、死後の手続きを支援する取り組みを行ってきた。それをきっかけに、自治体による終活支援が広がっている(表参照)。 同じ神奈川県の大和市では16

    AERA

    1/5

  • メルカリを「終活」に使うシニア急増 時には人生相談も?

     中古品の売買に便利なフリマアプリ「メルカリ」。アプリだけに、ユーザーは若い人ばかり……かと思いきや、シニア世代にもユーザーが急増しているという。背景にあるのは「終活」だ。

    AERA

    9/7

  • 65歳超の単身世帯は約3割 老後をひとりで生き抜く6つの秘訣

     人生100年時代、望む、望まないにかかわらず最後はおひとりさまになる可能性は極めて高い。一人でいる期間をどう自分らしく過ごすかを考えたときに必要となるのが、人に頼らず生きていく“ひとり力

    週刊朝日

    9/4

この人と一緒に考える

  • 高齢者こそ“一人暮らし”が幸せ? 3人の実例から学ぶ極意

     人生100年時代、老後におひとりさまになる可能性を誰もが抱えている。もし、独居となった場合、どのような心構えなら充実した一人暮らしを遅れるのか。3人の実例から紹介する。■母親をみとったヒロコさん(7

    週刊朝日

    9/4

  • 納骨堂が都心で急増 「墓じまい」失敗から学ぶポイントとは

     なかなか帰省できず放置されるお墓。墓じまいを考える人も少なくないはずだ。手続きも煩雑で、将来を考えたら早めに検討したほうがいい問題だが、遺骨の移転先について考えよう。 よくあるのが地方から都市部の霊

    週刊朝日

    8/27

  • 墓じまいのルール 10のポイントを押さえトラブル回避!

     お盆に帰省した人もしなかった人も、墓の将来を考えてみよう。自宅から遠くて墓守がいない、子や孫が管理を続ける保証もない、維持費もかかる……。「私の代でなんとかしなくては」と

    週刊朝日

    8/26

  • 墓じまいの適齢期は75歳! 決断を急ぐべき理由とは?

    「北海道出身の妻と九州出身の夫が東京で暮らす。両家の地元にある墓をどうするか」「夫に先立たれて子もいない。私は永代供養墓に入るつもりだけど、先祖の墓はどうしよう」──。墓をめぐっては、それぞれの事情に

    週刊朝日

    8/25

  • 専門家が教える「いい高齢者ホーム」の見分け方 大切なのは職員も“人間”という視点

    「渡る世間に鬼はなし」というが、高齢者ホームには鬼と仏が存在するという。集団行動だった小・中学校時代、上司の命令に背けなかった会社員時代と、今まで幾多の社会を見てきたあなた。しかし、施設はこれまでとひ

    週刊朝日

    8/17

  • 高齢者ホーム職員が明かす「得する入居者、損する入居者」

     高齢者施設で定点観察してみると、ある不思議な現象に出くわす。用もないのに、特定の入居者の部屋に職員が入れ代わり立ち代わり出入りしているのだ。どこの施設にも、職員が自然と集まる“オアシス&

    週刊朝日

    8/16

この話題を考える

  • 「すぐに入れます」は要注意! 現場職員らが教える高齢者ホームの選び方

     素人経営者の介入で劣悪な高齢者ホームが増えているという。事前調査を終えた後の見学で、どのようなところをチェックすればいいのか。絶対に失敗したくない人のために、その選び方を伝授する。*  *  *ほと

    週刊朝日

    8/15

  • “墓じまい”は簡単じゃない? 根回しや高額出費も…専門家が解説

     管理する人がいないなどの理由から、お墓をなくす“墓じまい”を選択する人がいる。お墓を更地にするだけなら、別に大変ではないのでは……というのは甘い考

    AERA

    8/11

  • 「ほんとは断腸の思い」…それでも墓を“返す”人々

     墓の在り方が揺れている。単身世帯の増加や人口減少の流れの中、家族の絆の象徴が「重荷」となる現実も浮かぶ。ライフスタイルの変化に合わせた新たな弔いの姿とは――。*  *  * 石蓋が外された墓の内部に

    AERA

    8/9

  • もはや火葬ではなく“ボイル”か“フリーズドライ”が主流? 世界のすごい葬式

     ポスト火葬の時代がもうそこまでやっていきている――。 現在はもはや、火葬に間に合うか間に合わないかの端境期といえる。運がよければ「最後に火葬された人」として、歴史にその名を記録されるかもしれない。小

    dot.

    7/5

  • もうお墓の時代じゃない! 死んだらあの宝石に? 大注目の「手元供養」とは

     お墓参りにはもっと行きたいけれど、遠くの寺を訪れるのも大変だし、清掃するのも維持・管理も容易ではない。そんな人に朗報! メンテナンスの必要なしに、思う存分、故人を偲ぶことのできる「手元供養」が今注目

    dot.

    6/24

  • 「在宅医療」が続けられるかどうかのポイントは?

     在宅医療は、通院での診療が難しくなったときに、患者と家族を主に医療の面からバックアップする。病状のことだけでなく、体調不良などで生じる日々の困りごとも相談できる。それが生活を中心に考える在宅医療の大

    週刊朝日

    5/6

2 3 4 5 6

カテゴリから探す