「終活」に関する記事一覧

  • 究極の終活につながる「孤独スタイル」って? 『極上の孤独』著者に聞く

     いつも誰かと一緒にいようとしたり、周りに合わせたり。そんなに孤独は怖いこと? 毅然として「個」として生きる覚悟を決めれば、そこから広がる世界もある。そんな孤独との付き合い方を『極上の孤独』著者の下重

    週刊朝日

    5/4

  • あえて“相続せず”に逝く! 増える「遺贈寄付」の実態

    「相続」しない生き方が広がっている。財産の行く先を、思い思いにあらかじめ定める「遺贈」。逝くときには、身辺はスッキリさせておきたい。そんな選択に乗り出した人のいまを追う。*  *  * 眼鏡の奥の眼差

    週刊朝日

    4/19

  • 売った家に住み続ける!? 老後資金捻出の「リースバック」って?

     継いでくれる子どもがいなかったり、子どもがいても、空き家化を心配して相続を放棄したりする世帯が増え、家に対する意識も変化している。 自宅を担保にお金を借り入れ、死後に売却して返済する仕組みである「リ

    週刊朝日

    4/19

  • 終活アイテムが9倍増も! スマホで簡単、“生前整理”の極意

     長く生きれば、増えてしまうのが持ち物だ。不用品も増すばかり。その整理がもっと気軽にできないか。中高年の人々が、生前整理の終活でアプリを生かすケースが広がっている。 ある50代の女性は近年、生死の境を

    週刊朝日

    4/19

  • 逝き方のトリセツ 「事前指示書」が治療の妨げになることも

     公立福生病院(東京都福生市)で昨年、人工透析治療をやめて女性患者が亡くなった件は、治療中止の是非などを巡ってメディアで議論が沸騰した。治療の選択をどう考えればいいのか。医療ジャーナリストの福原麻希氏

    週刊朝日

    4/18

  • 神楽坂で毎日お経をあげて永代供養3万円 「共同墓」募集する住職の思い

     樹木葬など以外でも「共同墓」への関心は高まっている。共同墓とは複数の他者と合同で納骨するもので、管理者や後継者が不要で、価格も一般墓に比べ格段に抑えられるなどのメリットがある。合葬墓、合同墓などとも

    AERA

    3/26

この人と一緒に考える

  • 島田陽子さんも「宇宙葬」予約済み 供養の場広がる「散骨」最前線

     新しい形の埋葬の仕方では「散骨」もニーズが高まっている。自然葬などを手がける葬祭コーディネーターで「くぼた」(東京都府中市)の久保田豊代表によると、15年ほど前から業者が出始め、詳しい統計はないが、

    AERA

    3/25

  • 市原悦子さんで注目の「樹木葬」 墓石にはない魅力とは?

     子どものいない夫婦やおひとりさまなどから注目度が高いのが「樹木葬」だ。今年1月に亡くなった俳優の市原悦子さん(享年82)も、千葉県内のお寺の樹木葬で舞台演出家の夫、塩見哲さん(2014年死去、享年8

    AERA

    3/24

  • 墓参り×レジャー「リゾート葬」が人気 お参り家族が浜辺でBBQも

     故人の思いを大切にした埋葬や、お参りしやすい墓へのニーズが高まっている。立派な墓石よりも思い出を。葬送の現場にも「モノからコト」への流れがあるようだ。*  *  * 見晴らしがよい高台に日がさんさん

    AERA

    3/23

  • 「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

     親の死後に押し寄せる手続きに追われているうちは踏ん張れても、親を失った悲しみや悼む気持ちにはどう向き合えばいいのだろう。*  *  * 母の死をちゃんと悲しめなかった──。都内に住む会社員の女性(5

    AERA

    3/21

  • 生前申し込みは割安に 今どきの戒名事情

     死後の手続きのなかでみんなが疑問に思っているのが「お布施」の金額。とりわけ戒名を巡っては、高いものだと数百万円を求められるケースがあり、不安に思う人も多い。最近では費用がわかりやすい“明

    週刊朝日

    3/19

  • 親が勝手に「200万の墓」新調で困惑…墓トラブルどうする?

     身近な人の死は突然訪れる。悲しみにくれるなかで、短期間のうちに葬儀やお墓の準備をしなければならない。地域や宗派の慣習に左右される面も大きい。どうすればよいか戸惑ってしまうのは当然だ。 まずは家族とよ

    週刊朝日

    3/18

この話題を考える

  • 年24万円の支出に、本人の意思叶わず…成年後見制度で後悔した理由

     親の介護や相続に直面した人の多くが聞く、「成年後見制度の利用を」との言葉。ただ、実際に使うと「こんなはずじゃなかった」と感じることも多い。「70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本」などの著書があ

    週刊朝日

    3/12

  • 相続税を申告すべき遺産の「目安額」は? 遺産相続の注意点

     家族が亡くなったとき、ぶつかるのは手続きという壁だ。複雑な手続きが多い中でも、とくに相続税の申告関連の手続きはややこしいので、事前に把握しているだけでも大きく違ってくる。Q&A形式でわかりやすく解説

    週刊朝日

    2/22

  • 遺族がお金でもめないために 故人が残す“付言”って何?

     身近な人の死後には、多くの手続きが待ち受けている。そこで中でも、不安を抱きやすい故人の銀行口座の現金引き出し、遺言による相続などを中心に疑問をまとめた。Q&A形式で解説していく。*  *  *Q1:

    週刊朝日

    2/21

  • 遺族がすぐやるべきことは? 死後の手続きQ&A7選

     本誌が取り上げ大反響となった「死後の手続き」。身近な人の死は、いつかはみんな経験する。短い間にやらなければいけないことは多い。今回は、主に葬儀・埋葬や不動産などの名義変更、年金関連の手続きについて、

    週刊朝日

    2/20

  • トラブルになりがちな“ヨコの相続” 解決策は「たすきがけ遺言」

    「夫を失った妻は、死後の様々な手続きに直面して大変さを実感します。そして、今度は自らの老後や死にどう備えればよいのかと不安になります。老後や死後のことを託せる子のいない方、退職した独身の女性などは特に

    週刊朝日

    1/30

  • 遺言書だけじゃない 身内を困らせない“死後の手続き”への準備

     週刊朝日発の造語として、「終活」が世に出たのが2009年。10年後の現在、人生の最期にまつわる悩みはより多様化し、切実になっている。後を託す子どもがいない、認知症になりそう、死後に親族の手を煩わせた

    週刊朝日

    1/30

1 2 3 4 5

カテゴリから探す