「終活」に関する記事一覧

  • 夫と子どもに先立たれ、孫たちは拒絶… 原因は娘婿の浮気を責めたから? 83歳女性の生前整理

     人生で最も費用対効果が高い節約術は、「生前整理」かもしれない。生前整理とは、生きているうちに自分の死や老いに備え、不用品を整理したり、資産状況などを把握し、自分の意志がはっきりしているうちに、大切な

    dot.

    7/4

  • 病院死より穏やかな最期 上野千鶴子の「在宅ひとり死」のススメ

     新型コロナウイルスの感染拡大で、改めて人生の終わり方について考えた人は少なくないだろう。最期は一人──。『おひとりさまの老後』『おひとりさまの最期』などの著書がある社会学者の上野千鶴子さん(東京大学

    週刊朝日

    6/13

  • 「最後に名鉄特急の音を聞きたかったんだよ」1500人を看取った医師が忘れられない患者

     新型コロナウイルスの感染拡大で、改めて人生の終わり方について考えた人は少なくないだろう。日本在宅ホスピス協会会長で、小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニックの小笠原文雄医師は、患者本人の在宅死の希望を尊重

    週刊朝日

    6/13

  • 再婚相手の連れ子から20万円請求され… 親が生前整理をしなかったために娘が直面したトラブルとは

     人生で最も費用対効果が高い節約術は、「生前整理」かもしれない。生前整理とは、生きているうちに自分の死や老いに備え、不用品を整理したり、資産状況などを把握し、相続に備えること。 生前整理・遺品整理業を

    dot.

    5/24

  • 「死を思え」親友を見送った記者が目撃した「死んでいく力」の凄み

    「終活」という言葉が世にあふれている。元々、週刊朝日が使い始めた言葉だ。試しに「終活」をネット検索すると、6千万ものサイトがあった。でも、それらの情報は便利だけれど、どこか現実味に欠ける。近頃、親しい

    週刊朝日

    4/6

  • 死に備える「効率主義」=「終活」は是か非か ホスピス院長が考える“死”

    「終活」のひろがる世相について、鳥取市で19床のホスピスケアの拠点「野の花診療所」を開き19年目の徳永進院長に尋ねた。寝そべったまま入れる風呂にピアノを弾けるラウンジなどを備え、思い思いに最後のときを

    週刊朝日

    4/6

この人と一緒に考える

  • 葬儀も戒名も不要…木内みどりさんの「自分らしい終わり方」

    「葬儀戒名、一切いらない。死んだら山にまいてほしい」。そう語っていた女優の木内みどりさんが出張先の広島で急性心臓死で旅立って早4カ月弱。葬儀まで自分らしさを貫いたみどりさんに心動かされ、エコで簡素な葬

    週刊朝日

    3/12

  • 「親子が後悔しない別れの準備」生前整理、葬儀…どうすれば?

     高齢になれば、何事も面倒になる。ましてや自分の死後のことは後回しにしたい。しかし、子どもが困らないためにも伝えておくことはないだろうか。子どもも、親が生きているからと後回しにせず、不安なことは聞き、

    週刊朝日

    2/29

  • 年金月18万円で保険料月40万円!? 認知症男性を食い物にした「かんぽ生命」驚愕の手口

     いまだ収束の見えない「かんぽ 不適切販売」。かんぽ生命と日本郵便には一部業務停止命令が出され、グループ3社首脳は退陣。日本郵政の新社長には元総務相の増田寛也氏が就任し調査を拡大する方針を示したが、不

    dot.

    2/18

  • “お金の余命”大丈夫? 年金支給額を42%増やして「資産寿命」を延ばす裏ワザ

     人生100年時代に見合うだけの「お金の余命」はあるのか? 経済コラムニストの大江英樹氏は「お金は知識と工夫次第で、長生きさせることが十分可能」と言う。お金を長寿化させるポイントは「年金」「退職金」「

    dot.

    1/13

  • 正月こそ! 終活のプロが「エンディングノートの書き方」を伝授

    「もしも」のときに備えてエンディングノートを残していますか。「なんだか死ぬ準備みたいで、縁起が悪くて」なんて思わずに。これからの人生をよりよく生きるためにも、大切です。専門家によると、「お正月」に家族

    週刊朝日

    12/12

  • 「○○家之墓」に異なる姓の遺骨を入れていい? 「まんが墓活」が話題

    「まわりの人たちに聞くと、海洋散骨でイイねんという人が多いんですよ」。それも「が、イイ」ではなく、「で、イイ」と軽く語る年配男性が多かったという。『まんが墓活 それでどうする、うちの墓?』(140B、

    週刊朝日

    12/10

この話題を考える

  • 樹木希林さんは一律3千円と決めていた そもそもお香典って何?

     年金暮らしになると、交際費は重くのしかかってくる。親戚づきあい、友だちづきあいなど、人間関係が広い人ほど、その負担は増え、悩ましい問題だ。 女優の故・樹木希林さんは、相手が誰であっても、香典を一律3

    dot.

    11/13

  • 養生テープで「ゴメン」 “孤独死の部屋”再現する遺品整理人の思い

     仕事で遭遇した「ゴミ屋敷」「孤独死」の現場をミニチュアで再現した作品群の写真とともに、制作の経緯をつづった本が話題を呼んでいる。『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(原

    週刊朝日

    11/5

  • 生前整理は親より“自分”から! 40代からの「生前整理」のメリットとコツ

     人生も終わりに近づいてから整理するのは肉体的にも精神的にもヘトヘト。若いうちにサクサク片づけるために、いまできることを見つめ直そう。*  *  * これまで1500件を超える遺品整理や孤独死の特殊清

    AERA

    6/27

  • 働き盛りの40代こそ「遺言書」をつくるべき!? 早めに生前整理をスタートさせたい理由

     働き盛りの40代。子どもの成長や親の介護など人生の新しいステージに入っていく年代。この時期をどう過ごすかで、人生後半戦が大きく変わってくる。階段の踊り場のように一度立ち止まって、自分の来し方行く末を

    AERA

    6/25

  • 年金「繰り下げ」は得なのか? ポイントはあなたの「健康寿命」

     今年は政府が年金の財政状況を5年ぶりに検証する年だ。少子高齢化で財政は厳しく、大きな見直しが避けられない。高齢者に長く働いてもらうためだとして、受給開始年齢を70歳超まで繰り下げられる制度が導入され

    週刊朝日

    6/7

  • 狙い撃ちされる専業主婦 年金改悪への対抗策は?

     年金大削減の標的になっているのが専業主婦だ。会社員の妻らが相当する、「第3号被保険者」は約870万人いる。夫が厚生年金に加入していれば扶養家族の妻も国民年金に加入したとみなされ、保険料を負担しなくて

    週刊朝日

    6/7

1 2 3 4 5

カテゴリから探す