「東日本大震災」に関する記事一覧

  • ゴキブリ出る家、女子力は低下…それでも「被災地移住」

     東日本大震災のボランティアをきっかけに、被災地に移住する人たちがいる。そこは東京よりも不便ではあるが、それまでとはまったく違った喜びを見出すことができるという。宮城県石巻市の牡鹿(おしか)半島の西側

    AERA

    10/20

  • 心のよりどころとなる“巡礼地”が被災地で復興中

     四国霊場八十八カ所巡り以外にも、全国にたくさんある「巡礼地」。マイペースで無理なく行けるとろもあれば、心構え一つで修行に変わる山登りもある。一方、こうした霊場は、地域の人々にとっては、“心のよりどこ

    週刊朝日

    10/20

  • 被災地から来た猫 浅草に住む

     普通のカフェに普通の猫がいるだけ。なのに、なぜか癒やされる。日本の“猫カフェ”ブームは、いかやパリにも1号店が出現し、海外からも注目されている。 昨年12月に浅草に開店した「カフェきゃらふ」は、東日

    週刊朝日

    10/8

  • 「地元の本音が聞こえる」被災地に移住した若者たち

     後世に“3.11”をどう伝えるか――。東日本大震災からまもなく2年を迎えようとしている2月15日、宮城県気仙沼市の小さな民家で、20代の若者たち7人が熱い議論を交わしていた。議論の進行役は、気仙沼市

    週刊朝日

    3/5

  • 24時間津波の音 それでも立ち上がる被災ホテル社長

     東日本大震災からもうすぐ2年。町の再建がなかなか進まない三陸海岸に、再開したホテルの灯がともり始めている。 陸中海岸グランドホテルの野村亨平(きょうへい)社長は、津波で妻と両親、そして自宅を失った。

    週刊朝日

    3/4

  • 被災地の女子アナがおすすめ 「松島温泉」からの絶景

     景勝地として名高い、宮城県の松島。震災では比較的被害が少なく「奇跡の松島」と呼ばれている。温泉宿「松島温泉 湯元 松島 一の坊」からは、そんな奇跡の絶景を望むことができる。 朝6時過ぎ。群青色の空が

    週刊朝日

    3/1

この人と一緒に考える

この話題を考える

5 6 7 8 9

カテゴリから探す