「東日本大震災」に関する記事一覧

  • 東日本大震災から3年 被災者の「グリーフ」が自殺を増加させる?

    東日本大震災から3年 被災者の「グリーフ」が自殺を増加させる?

     東日本大震災から3年の節目にあたり、「今からが自殺の危機が高まる時期だ」と憂える声が上がり始めている。震災から時間が経つに従って、死別や病気、失業、多重債務など、新しい困難な状況が生まれ、それらが重

    週刊朝日

    3/11

  • 【東北の心意気 その1】作る人もハッピーに 笑顔ひろがる「にこまるクッキー」

     東日本大震災から3年が過ぎました。dot.では「東北の心意気―つながる笑顔―」と題して、被災地で活動する団体やお店などの情報を集めました。人、もの、こと――東北の魅力を改めてお伝えします。*  * 

    dot.

    3/11

  • 被災地の

    被災地の"応援教師"の奮闘をリアルに描いた小説 『そして、星の輝く夜がくる』

     今年で2011年3月11日の東日本大震災から3年を迎えます。これまで地震や津波による死者・行方不明者は約2万人以上にのぼり、大きすぎる爪痕を残しました。被災地は未だに復興を目指して歩み続けている状況

    BOOKSTAND

    3/10

  • デザイン性に富んだ「仮設」 被災地に“ゆとり”を生む

     被災地の集会所は、人と人とを結ぶかけがえのない空間。建築家らがつくった“ゆとり”の場を歩いてみた。 東日本大震災で被災した石巻市や女川町などの宮城県沿岸部は、2月の寒波で記録的な大雪に見舞われた。津

    週刊朝日

    3/10

  • 松山ケンイチ 震災映画で小雪と子どものことを思う

     現在公開中の映画「家路」で主演を務める松山ケンイチさん。この作品で「一番大事なのは家族だよなって考えさせられました」という。*  *  * その、なにもかも見透かすような目で、この日は饒舌(じょうぜ

    週刊朝日

    3/10

  • 遠慮して申請しない場合も 「震災自殺」がつかめない理由

     被災者にとってその影響はまだまだ大きく残る東日本大震災。なかには自ら命を絶ってしまう人もいるが、<東日本大震災に関連する自殺者>の数と一致していないという。その原因をフリーライターの山川徹氏が調べた

    週刊朝日

    3/10

この人と一緒に考える

  • 「震災関連死」認定に不公平招く? 半年たつと認められない「長岡基準」とは

    「震災関連死」認定に不公平招く? 半年たつと認められない「長岡基準」とは

     東日本大震災後に、ストレスや持病の悪化などで亡くなった場合、<震災関連死>とされ、市町村の審査会から認められると、遺族に最高500万円の災害弔慰金が支払われる。しかし、その「認定率」に自治体によって

    週刊朝日

    3/7

  • 2011年以降千人以上も 「死にたい」「つらい」被災地を覆う自殺

    2011年以降千人以上も 「死にたい」「つらい」被災地を覆う自殺

     東日本大震災から、もうすぐ3年。その後に大切な人を失うなど、被災者を新たな悲しみが襲う。2011年以降、岩手・宮城・福島の被災3県の沿岸部の自治体だけで千人以上が自殺している。フリーライターの山川徹

    週刊朝日

    3/6

  • 福島第一原発 地上タンクから2億4千万ベクレルもの高濃度汚染水がじゃじゃ漏れ

     エネルギー基本計画案で原発を重要なベースロード電源と位置づけ、再稼働を目指す安倍政権。だが、福島第一原発は現在、制御不能の状態に陥っている。ジャーナリストの桐島瞬氏がその実情に迫った。「誰も本当のこ

    週刊朝日

    3/6

  • 男子フィギュア羽生選手 強さの理由は東日本大震災の経験

     ソチ五輪で日本男子フィギュア初の快挙を達した仙台市出身の羽生結弦(はにゅうゆづる)選手(19)=ANA=。金メダルを獲得できたその強さとは。恩師らがその舞台裏を明かす。 3年前、羽生のスケート人生に

    週刊朝日

    2/20

  • 200年の老舗造り醤油屋 ゼロからの第2章

     真新しい醸造工場の圧搾機から、琥珀(こはく)色の液体が流れ出した。おちょこに受けた男性が、鼻を近づけて匂いをかぐ。「まだまだだけど、2年半でここまできました。今は全部ひっくるめて良かったと思えます」

    週刊朝日

    11/25

  • 数奇な運命のホテル復活 千昌夫「うれしく思う」

     これほど数奇な運命をたどったホテルも、珍しいのではないか。岩手県陸前高田市にある「キャピタルホテル1000」のことだ。「北国の春」などのヒット曲を持つ当地出身の歌手、千昌夫さん(66)ゆかりのホテル

    AERA

    11/24

この話題を考える

  • どの非常食が星三つ? 日本初“ミシュラン防災版”発表

     東日本大震災以降、最近の非常食は劇的な進化を遂げているという。種類も豊富だが、どんな保存食がいいのか。栄養管理士で食や健康などを扱うライター・佐々木ゆり氏、「ミシュランガイド」で2年連続、星を獲得し

    週刊朝日

    11/19

  • 震災を機にCAに転職 厳しい環境でも「恩返し」

     すっかり市民権を得た格安航空会社(LCC)。さまざまな経歴の女性たちが憧れの「客室乗務員」になるため、新しい世界に飛び込んだ。なかには東日本大震災を機に、転職を決めた女性もいる。 ジェットスター・ジ

    AERA

    11/2

  • 縁もゆかりもない場所に「ソーシャルターン」する理由

     東日本大震災から2年半以上が経った。多くのボランティアが被災地に入ったが、それを機に縁もゆかりもなかったその地に移住し、被災地の復興に尽力する人たちがいる。「ソーシャルターン」と呼ばれる。 ソーシャ

    AERA

    10/24

  • 震災以降の新しい人事 「ソーシャル異動」とは

     震災のボランティア活動を機に被災地に移り住み、復興に尽力する動きが「ソーシャル・ターン」と呼ばれている。一方で、震災を機に被災地に異動する「ソーシャル異動」なるものもある。「ヤフー石巻復興ベース」 

    AERA

    10/23

  • 震災翌日に結婚式 被災地に嫁いだ理由とは

     今も、被災地の農業や漁業など第1次産業に携わる関係者は、原発事故の放射能による「風評被害」に苦しめられている。とりわけ福島県の風評被害は、深刻だ。そんな中、稲福由梨さん(28)は農家民宿の夢を追い、

    AERA

    10/22

  • 気仙沼「共徳丸」解体 見物客の記念撮影増加 住民心情に配慮する声も

     全長60メートル、330トンの大型漁船「第18共徳丸」が震災の津波により打ち上げられた場所は、漁港からおよそ750メートルも離れた市街地。辺りが信じがたい光景に変貌した“あの時”からほぼ2年半となる

    週刊朝日

    10/22

5 6 7 8 9

カテゴリから探す