「東日本大震災」に関する記事一覧

  • 被災地で横行する“義援金ゴロ” 元大蔵官僚らのNPOでも

    被災地で横行する“義援金ゴロ” 元大蔵官僚らのNPOでも

     被災地の福島で1500万円を超える助成金が不透明に消えてしまう“騒動”があった。ジャーナリストの桐島瞬氏がレポートする。 まず、福島の復興支援を行っていたNPO「公共政策支援団」が今年5月に突如、解

    週刊朝日

    7/9

  • 40年ぶりに復活! SLで行く「復興」鉄道旅の魅力

    「ふぉー」。野太い汽笛の音が遠くで聞こえる。振り返ると、はるか後方から狼煙(のろし)のようなか細い白煙が見える。しばらく立ち止まっていると、「シュッシュッシュッ」と力強いドラフト音が近づいてくる。わず

    週刊朝日

    5/2

  • 東日本大震災から3年――決して忘れてはいけない記憶と教訓

    東日本大震災から3年――決して忘れてはいけない記憶と教訓

     東京・上野の上野恩賜公園を歩くと以前より少なくなったとはいえ、多くのホームレスを目にします。上野公園のホームレスは、集団就職や出稼ぎで上京してきた東北出身者が多いと言われています。1970年代、日本

    BOOKSTAND

    4/22

  • 室井佑月 「それって答えになっていないんじゃ……」とあきれる
    室井佑月

    室井佑月

    室井佑月 「それって答えになっていないんじゃ……」とあきれる

     作家の室井佑月氏は、原発再稼働問題、特定秘密保護法に関して、持論を展開する。*  *  * あれから3年経った。復興は遅々として進んでいないように思われる。なのに、被災地以外に住んでいる人々の記憶か

    週刊朝日

    3/31

  • 東北が今「シリコンバレー」並み 日本をリードする事例も

     震災で大きな被害を受けた東北地方。しかしいま東北には、日本の将来課題に取り組む企業や団体が増えている。震災後、若者の流出などで、元々抱えていた過疎化や高齢化などの問題が一気に加速。しかし各領域の専門

    AERA

    3/22

  • 東電の「天皇」? 原発再稼働目指す「守旧派」心の支え

    東電の「天皇」? 原発再稼働目指す「守旧派」心の支え

     東日本大震災から3年。震災復興は遅々として進まず、原発事故の先行きも見えない。そんな中、東京電力では原発再稼働を目指す“守旧派”がうごめいている。 東電守旧派の悲願は、ひと言でいえば「3.11以前の

    AERA

    3/20

この人と一緒に考える

  • 「カネは怖い」原発賠償で差で住民らに亀裂

     原発事故の避難者は3年たったいまでも、約14万人いると言われる。国は区域ごとに賠償金を支払うとしたが、福島県浪江町では、それが新たな溝を生んでいる。 2011年12月。野田政権は被災地域を線量に応じ

    AERA

    3/20

  • 被災地からの求人 行ってみたら「待機」の理由

    被災地からの求人 行ってみたら「待機」の理由

     除染作業やがれき処理など、被災地からの求人。しかし行ってみたら、仕事も日当もなく待機させられる──。詳細なデータはないが、こうしたケースは、国が被災地復興の柱と位置づける除染の現場でも起きている。 

    AERA

    3/17

  • 福島第一原発20キロ圏内「止まり続ける時間」

     東日本大震災から3年。原発20キロ圏内では遅々として復興が進まない。放置されたがれきや、汚染土の入った土のう。現状をジャーナリストの桐島瞬氏が伝える。*  *  * 未曽有(みぞう)の原発事故が発生

    週刊朝日

    3/14

  • 生島ヒロシ 3.11から3年、「なぜ私たちは残されたのか」を問う日々

     東日本大震災が起きたあの日、フリーアナウンサーの生島ヒロシ(63)さんは妹・喜代美さんを失った。現在の生島さんの胸中とは。*  *  * 東日本大震災で、私は母の遺骨と妹夫妻だけでなく、友達や故郷も

    週刊朝日

    3/13

  • 「あまちゃん」実在モデル「三陸鉄道」全線再開までの軌跡

     NHKの朝ドラ「あまちゃん」に登場する鉄道のモデルとなった岩手県の「三陸鉄道」。今年4月には3年間にも及ぶ復旧作業を経て、全線がつながる。最前線で尽力した三陸鉄道旅客サービス部長の冨手淳(とみてあつ

    週刊朝日

    3/13

  • 家はプレハブ、米で食いつなぐ…驚きの除染作業員「募集」

    「原発のがれき処理、除染作業の仕事がある」――。募集に応じて来たのに、実際は仕事がなく、給料も出ない。モラルのメルトダウンが終わらない。<福島第一原発でのがれき撤去。日当/1万5千~3万円。寮と食事が

    AERA

    3/13

この話題を考える

  • 「老兵」たちが突入 3.11の被害に隠された海自の活躍

    「老兵」たちが突入 3.11の被害に隠された海自の活躍

     東日本大震災直後、被災地の救援や福島第一原発の事故対応に、海上自衛隊はどのように行動したのか。最大時には艦艇60隻、航空機100機、人員1万6千人を動員した当時の状況を、部隊を指揮した元横須賀地方総

    週刊朝日

    3/13

  • 夢だと知り、涙を流す… 被災女性のささやかな願い

     原発事故の賠償でいまだ揺れている福島県。仮設住宅で暮らす人びとは、じっと耐えて次の一歩を考える。 津島出身の60代の女性は福島市佐原の仮設住宅で30代の長男と、小学5年を頭に幼稚園までの4人の孫と暮

    AERA

    3/11

  • 震災「備えしている」はわずか3割 今すべきことは

     東日本大震災から3年。自然災害に備えて対策をしている人と、していない人の差が広がっている。アエラがインターネット調査会社「ミクシィ・リサーチ」の協力で昨年末、全国の500人を対象に行ったアンケートで

    AERA

    3/11

  • ノンフィクション作家・吉岡忍が「防潮堤は強がりなガキ大将みたい」と指摘

     震災から3年。三陸の沿岸部には、次々と巨大防潮堤が造られている。ノンフィクション作家の吉岡忍氏がこれらについて、「津波は打ち砕けない」と題し、その意味を問うている。*  *  * 防潮堤とは何か? 

    週刊朝日

    3/11

  • 【東北の心意気 その3】三陸おやじが世界に吠える! 音楽で岩手をひとつに

     東日本大震災から3年が過ぎました。dot.では「東北の心意気―つながる笑顔―」と題して、被災地で活動する団体やお店などの情報を集めました。人、もの、こと――東北の魅力を改めてお伝えします。*  * 

    dot.

    3/11

  • 【東北の心意気 その2】いちごに願いを託して 質の高い商品づくりにファン増加中

     東日本大震災から3年が過ぎました。dot.では「東北の心意気―つながる笑顔―」と題して、被災地で活動する団体やお店などの情報を集めました。人、もの、こと――東北の魅力を改めてお伝えします。*  * 

    dot.

    3/11

5 6 7 8 9

カテゴリから探す