「東京パラリンピック」に関する記事一覧

東京パラリンピックで日本勢の金メダル13個のうち6個が静岡県出身者だった理由

東京パラリンピックで日本勢の金メダル13個のうち6個が静岡県出身者だった理由

 9月5日に閉幕する東京パラリンピックで、日本選手団は2016年リオデジャネイロ大会でゼロだった金メダルを13個獲得した。そのうち6個は静岡県出身の選手が占めた。理由は何かあるのだろうか。*  *  

AERA

9/5

  • 東京パラリンピックが閉幕へ いまだに事実関係がはっきりしないアーチェリー日本代表の辞退騒動

     過去最多の254人の日本選手が出場した東京パラリンピックが9月5日に閉幕する。大会直前にアーチェリー日本代表の一人が出場を辞退したが、この異例な事態がなぜ起きたか事実関係はいまだにはっきりしていない

    AERA

    9/5

  • 視覚障害マラソンの道下美里は超高速ピッチ走法が武器「結果は必ずついてくる」 伴走者の思いも原動力

     東京パラリンピック最終日は9月5日、各クラスのマラソンがあり、女子の視覚障害T12で道下美里(44)が金メダルを獲得した。AERA2019年10月7日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。

    AERA

    9/5

  • 車いすマラソンの喜納翼 風の抵抗を極限まで抑えたフォームで勝負

     東京パラリンピック最終日は9月5日、各クラスのマラソンがあり、女子車いすT54で喜納翼(31)が出場する。AERA2020年4月27日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *  * 

    AERA

    9/5

  • 陸上女子400メートルの佐々木真菜「風を切る感覚が本当に楽しい」恐怖感を走り込みで克服

     東京パラリンピックは9月4日、陸上女子400メートル(T13)決勝があり、佐々木真菜(24)が出場する。AERA2021年1月25日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *

    AERA

    9/4

  • 冬季大会メダリストの太田渉子がテコンドーに挑む理由 「すぐにできることより難しいことに挑戦するのが好き」

     東京パラリンピックは9月4日、テコンドーの女子58キロ超級(K44)があり、2014年ソチ、冬季大会のメダリスト・太田渉子(32)が出場する。AERA2019年12月2日号のインタビューを紹介する。

    AERA

    9/4

  • 頂点を狙うアーチェリーの重定知佳 「ウエシゲ」ペアは「歯車が合う」ワケ

     東京パラリンピックは9月4日、アーチェリーの混合リカーブがあり、重定知佳(38)が上山友裕(34)と組んで出場する。AERA2021年2月1日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *

    AERA

    9/4

この人と一緒に考える

  • 6大会連続出場の走り高跳び・鈴木徹 2メートルに挑む「義足でもこれだけ跳べると証明するのは僕にしかできない」

     東京パラリンピックは9月3日、陸上の男子走り高跳び(T64)があり、鈴木徹(41)が出場する。AERA2020年5月18日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *  * 軽やかな助走

    AERA

    9/3

  • 車いすテニスの上地結衣「出し切って金メダルをとりたい」 磨いたバックハンドボレー

     東京パラリンピックは9月3日、車いすテニスの女子シングルス決勝があり、上地結衣(27)が出場する。相手はD・デフロート(オランダ)。AERA2019年4月15日号で力強く語ったインタビューを紹介する

    AERA

    9/3

  • 水泳男子バタフライの木村敬一「人類の可能性を示せたら」 米国修業で自信

     東京パラリンピックは9月3日、水泳の男子100メートルバタフライ(S11)があり、木村敬一(30)が出場する。AERA2020年11月20日号で力強く語ったインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)

    AERA

    9/3

  • 「現実を嘆くよりどう生きるか」パラアスリートの強い思い JR宝塚線(福知山線)脱線事故で絶望した過去も

     さまざまな思いを胸に競技と向き合うパラアスリートたち。なかには、大きな事故や仲間の死を経験しながらも、前を向いて戦い続ける選手もいる。AERA 2021年9月6日号で取材した。*  *  * 乗客1

    AERA

    9/2

  • カヌーの瀬立モニカ 「情けないくらい細かった」 1日8食の肉体改造で飛躍

     東京パラリンピックは9月2日、カヌーの女子カヤック・シングル(KL1)があり、瀬立モニカ(23)が出場する。AERA2019年4月29日-5月6日合併号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。

    AERA

    9/2

  • テコンドーの田中光哉 13キロ減量して金メダルに挑戦「障害のおかげでチャレンジが好きに」

     東京パラリンピックは9月2日、テコンドーの男子61キロ級(K44)があり、田中光哉(29)が出場する。AERA2021年3月8日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *  *「足のボ

    AERA

    9/2

この人と一緒に考える

  • 冬の女王・村岡桃佳が陸上女子100メートルへ 号泣したあの夜からの飛躍

     東京パラリンピックは9月1日、陸上の女子100メートル(T54)があり、2018年平昌冬季大会スキーでメダル5個を獲得した村岡桃佳(24)が出場する。冬の女王が語ったAERA2021年7月5日号のイ

    AERA

    9/1

  • 51歳の「水の女王」がパラ出場 「若い選手に何か学んで感じ取ってもらえたら」

     東京パラリンピック招致成功から8年。待ち望んだ大舞台に選手たちは挑んでいる。復帰したベテランや開催決定を機に競技を始めた選手。それぞれの思いがある。AERA 2021年9月6日号の記事を紹介する。*

    AERA

    9/1

  • パラリンピック「射撃」の水田光夏が緊張しないワケ 「いつも、どうにかなるだろうと」

     東京パラリンピックは9月1日、射撃10メートルエアライフル伏射(SH2)があり、水田光夏(24)が出場する。AERA2019年7月29日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *  *

    AERA

    9/1

  • バドミントンの里見紗李奈「事故に遭う前の自分より、今の自分のほうが好き」左手のマメが努力の証し

     東京パラリンピックは9月1日、バドミントンが始まり、女子シングルス(WH1)に里見紗李奈(23)が出場する。AERA2019年5月27日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *  *

    AERA

    9/1

  • シッティングバレーの西家道代は6回の練習で日本代表入り「何度も絶望を味わったけどバレーが救ってくれた」

     東京パラリンピックのシッティングバレー女子日本代表・西家道代(54)は立位のバレーボール歴25年以上のベテランだ。AERA2019年9月16日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *

    AERA

    8/31

  • 自転車の藤田征樹が“実り”の走りを誓う 「けがの間にまいた種をひとつひとつ回収」

     東京パラリンピックは8月31日、自転車ロードレースの男子タイムトライアル(C3)があり、藤田征樹(36)が出場する。AERA2020年2月3日号のインタビューを紹介する(肩書、年齢は当時)。*  *

    AERA

    8/31

1 2 3

カテゴリから探す