「婚活」に関する記事一覧

コロナ禍で結婚観に変化 2拠点婚ができる一方、経済状況や恋愛経験なく苦戦する人も

コロナ禍で結婚観に変化 2拠点婚ができる一方、経済状況や恋愛経験なく苦戦する人も

 コロナ前と比較して結婚相談所の入会は3割増加した。外出機会が減り『家族がほしい』という気持ちや、リモートワークによって生活拠点を変えても仕事が続けられることも影響しているようだ。AERA2022年7

AERA

7/2

  • コロナ禍の婚活最前線 「結婚はまだまだ」と考えていた層が相談所に入会する背景は

     コロナ禍で婚活サービスの利用者が増えている。働き方や生活様式が変わった今、婚活スタイルはどのように変わったのか──。AERA2022年7月4日号の記事を紹介する。*  *  *コロナ禍で「そうだ、結

    AERA

    7/1

  • 「ホテルで望まない行為」マッチングアプリ交際で性的被害が続出 警察扱わず、泣き寝入りも

     婚活でマッチングアプリを利用し、出会いを求める人が多い世の中。だが、まじめな交際をしていると信じたり、交際への発展を期待したものの、実は肉体関係だけが目的だったことを知り深く傷ついてしまう事例が後を

    dot.

    2/12

  • 恋愛未経験32歳男性が新婚生活で知った妻の正体

    男子校育ち、恋愛経験ゼロのハンサムボーイ スラッとした長身でハンサムなよしゆき(32歳、仮名)が、入会面談にやってきた。有名私大を卒業後、上場企業に勤め、年収も平均以上。一見モテそうなタイプなのだが、

    東洋経済

    11/15

  • 「コロナ婚」が増加、お見合い成立も過去最多に 成功者たちの共通点

     ドラマでも恋人同士だった星野源さんと新垣結衣さんの「逃げ恥婚」は、久々の明るい話題だった。何かと行動が制限されるご時世、愛を育むハードルは高くなっているようだが、希望はある。コロナ禍で出会い、ゴール

    週刊朝日

    7/26

  • “晩婚活”は短期決戦で! 経験者が語る100日で結婚する心得

    「いい人がいたら」「いつか結婚したい」と思っていたら、もう50歳、なんて人は少なくない。年齢が上がるほど結婚は難しくなるが、本気で挑めば結果は出せる! ということで“晩婚活”の

    週刊朝日

    7/10

  • 「息子が30年前にあなたと出会えていたら」と義父が味方に アラフォー以降の婚活のリアル

     それなりに恋愛経験はあるけれど、現在は人生のパートナーと呼べる相手がいない。遠くない未来に訪れる老後を一人で生きていくのかと思うと不安……。いわゆる結婚適齢期を過ぎたアラ

    dot.

    6/22

この人と一緒に考える

  • “マスクリテラシー”にドン引き、別れを決意 コロナ禍で激変する恋愛模様

     新型コロナウイルスは、人と人とのつながりや関係性にさまざまな変化をもたらした。 なかでも大きく変わったのが恋愛や結婚をめぐる風景だ。AERA 2020年9月28日号で掲載された記事から。*  *  

    AERA

    9/26

  • 自称・上川隆也や渡部篤郎に会ってみると……シニアの「オンライン婚活」理想と現実

     スマホの普及は日本人の恋愛も激変させた。若者が利用者の中心だった「オンライン婚活」が近年、中高年の間で急速に普及しているのだ。コロナ対策で“密”を避ける流れもあり、既存の結婚

    週刊朝日

    7/19

  • 最高齢は90歳!シニアの「オンライン婚活」花盛り 出会いに積極的な高齢者の本音とは

     スマホの普及は日本人の恋愛も激変させた。若者が利用者の中心だった「オンライン婚活」が近年、中高年の間で急速に普及しているのだ。コロナ対策で“密”を避ける流れもあり、既存の結婚

    週刊朝日

    7/18

  • 婚活失敗男の特徴、キャバクラ感覚で「いい女」要求・60代で子どもを望む…

     日本全国におよそ、2000以上あるといわれている結婚相談所。入会金など初期にかかる費用は平均10万円前後といわれており、入会後は月会費などの活動費、成婚した場合は、成婚料としてさらに費用がかかる。決

    ダイヤモンド・オンライン

    12/16

  • モテたい女性必見! 最強“モテ髪師”大悟に学ぶ「男性に喜ばれる愛され術」

    「大悟さんにカットしてもらったら、彼氏ができました!」「サロン帰りに人生で初めてナンパされました!」 そんな声がバンバン届く、ヘアサロンPEACEの総代表モテ髪師大悟さん。なんと、これまでカットした女

    dot.

    10/20

  • DNA検査で相性診断する結婚相談所に潜入 カギ握るのはあの「恋愛遺伝子」

     お見合い相手との相性にDNA検査を利用する結婚相談所も現れている。その仕組みと精度はいかほどのものなのか。*  *  *「気が楽に持てて、まったく嫌な感じがしませんでした」 愛知県内の看護師の女性(

    AERA

    7/29

この話題を考える

  • “難婚社会”の今、令和の結婚はどうなるのだろう?

     結婚しない男女があふれる難婚社会の到来。困難から不要へ。加速化する現象はいったい何の表れか? なぜ、若者は結婚しないの? そもそも何のために人は結婚するの? 「婚活」の提唱者であり、昭和、平成と内外

    dot.

    6/2

  • 14歳年下から突然の告白! 52歳女性が下した決断とは?

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    4/26

  • 「この歳で男性に誘われるとは」54歳女性が14歳年下男性と出会った不思議な体験

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    4/12

  • 占いに導かれインドで総額80万円のお祓い… スピリチュアルにハマった女性が57歳で結婚するまで

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    3/15

  • 50代と60代の再婚 病気で別れの危機も? 熟年ゆえの迷いと気づき

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    2/22

  • アラ還・男女が結婚相談所に入会するそれぞれの事情 「宗教」が仲取り持つ?

    「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、

    dot.

    2/8

1 2 3 4 5

カテゴリから探す