「夫婦」に関する記事一覧

俳優・佐藤二朗夫婦はラブラブ? 「頭の中、お花畑ですから」妻の残酷発言は氷山の一角 

俳優・佐藤二朗夫婦はラブラブ? 「頭の中、お花畑ですから」妻の残酷発言は氷山の一角 

 個性派俳優・佐藤二朗さんが日々の生活や仕事で感じているジローイズムをお届けします。今回は、「妻の残酷名言集」です。*    *  *担当K氏の提案でして。「二朗さん、奥

dot.

12/5

  • 毎日二人で作って、食べて、考える 転職先の中華専門企業で出会った夫婦

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年12月6日号では

    AERA

    12/4

  • 夫・妻と死別したら…30~40代も参加する“没イチ”交流会

     そばにいるのが当たり前のパートナー亡き後の人生について考えたことがあるだろうか? 死別経験者の心情や受け止め方、今できることを考える。*  *  * シニア生活文化研究所代表理事で、10年前に夫(当

    週刊朝日

    11/23

  • 「先に死にたい」夫は約80%、一方妻は50% 一人残され苦労しないために

     結婚式で「死が二人を分かつまで……」と誓いを立てるが、離婚しなければ、いずれはどちらかが先に亡くなることになる。もしも自分が配偶者に先立たれたとしたら、どうなるかを考えた

    週刊朝日

    11/22

  • 「私たちらしい人生を一緒に歩んでいきたい」 猫たちのための住宅ローンで結ばれた夫婦

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年11月22日号で

    AERA

    11/21

  • 「この人とはずっと一緒にいる気がする」 恵比寿で飲食店を営む夫婦

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年11月15日号で

    AERA

    11/13

  • 「ビジネスは最高に刺激的なゲーム」という夫婦 次のステップは海外進出?

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年10月25日号で

    AERA

    10/25

この人と一緒に考える

  • 社内恋愛が推奨される職場で結ばれた夫婦 社員200人の前で社長が結婚を祝福

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年10月18日号で

    AERA

    10/15

  • 妻は低い声で夫に「あんたのママじゃないから」 夫婦の呼び名で抵抗がある呼称は?

     ひと昔前は、妻を「家内」、夫を「旦那」と呼び、パートナーに呼びかけるときは「あなた」や「お父さん」、「おまえ」や「母さん」が一般的だった。昭和、平成を経て令和の現在、夫婦の呼び方は、どのように変化し

    dot.

    9/26

  • コロナ禍で夫婦円満の秘訣は同じ寝室? テレワークは「息抜きない」と専業主婦 満足度調査が示すリアル

     昨年から続くコロナ禍で、働き方に大きな変化が生じたことで、家庭での過ごし方や生活スタイルが一変したという人は少なくない。それによって今、夫婦の関係はどのように変化しているのか。最新の調査結果とコロナ

    dot.

    9/12

  • 「性欲ある私っておかしい?」 シニア妻からのセックスレス相談が増加中

     性への関心は、男女も年齢も関係ない――。シニアの女性でもセックスを求め、楽しんでいる人はいる。そんな女性たちや彼女たちをサポートする専門家に話を聞いた。*  *  *「みんなに言われるんです、目覚め

    週刊朝日

    9/6

  • Facebookで“再会婚”した夫婦 一生ものの仕事とも出合った

     AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年9月6日号では、

    AERA

    9/6

  • 「正直、挿入はしなくてもいい」 新しいセックススタイル「ベニス」って何?

     シニア世代の夫婦やカップルのなかには、性のすれ違いに悩む人も多いのでは? 男女問わず、性欲が衰えたり、まだまだセックスを楽しみたかったり。でも心配はご無用。お互いが満足できる方法はいろいろあるようだ

    週刊朝日

    9/5

この人と一緒に考える

  • シニアのセックス事情 「したい」男性は7~8割も女性は3割の現実

     今年で結婚26年になる会社員のアキコさん(仮名・59歳)は、更年期にさしかかった40代後半でセックスに興味を持てなくなった。「更年期のときは症状がけっこうきつくて、セックスどころじゃなかった。今は、

    週刊朝日

    9/3

  • 「もう夫はいらない。邪魔されず生きたい」夫を断捨離する妻のリアル

     23年にわたる結婚生活を解消した鈴木保奈美(54)と石橋貴明(59)、結婚16年で離婚した篠原涼子(47)と市村正親(72)。この2組は、いわゆる“略奪婚”から“

    週刊朝日

    8/6

  • 鈴木・石橋、篠原・市村の離婚も妻の“断捨離”? 悔いなくリセットする妻

     鈴木保奈美(54)と石橋貴明(59)が7月、23年にわたる結婚生活を解消。驚くのもつかの間、篠原涼子(47)と市村正親(72)が結婚16年で離婚した。いずれも表面上は互いを憎まず、妙にすっきりした新

    週刊朝日

    8/5

  • 鈴木おさむ

    鈴木おさむ

    夫婦はなぜ嘘をつくのか? 家庭を円滑に回すつもりが、鈴木おさむの大失敗

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、嘘について。*    *  * 世の中の夫婦はどのくらい嘘

    dot.

    6/17

  • 鈴木おさむ

    鈴木おさむ

    トイレで紙がなかったら? 妻と議論するとまさかの反応 鈴木おさむ

     放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、かれこれ1年以上も続くコロナ禍で、待ち遠しい日常について。*   

    dot.

    6/3

  • 【夫編】離婚しても仲がいい元夫婦が「別れた理由」 バツイチの夫が2度目の結婚でも耐えられなかったこと

     石山尚樹さん(仮名・40歳)と貴子さん(仮名・41歳)は、2010年に結婚し、17年に離婚した。当時、子どもは5歳。子どもの親権は貴子さんが持ち、尚樹さんから養育費をもらいながら育てることになった。

    dot.

    6/3

1 2 3 4 5

カテゴリから探す