「天皇」に関する記事一覧

「足が入らないよ」40年間仕えた内舎人らが語った人間・昭和天皇の素顔 「昭和の日」

「足が入らないよ」40年間仕えた内舎人らが語った人間・昭和天皇の素顔 「昭和の日」

 1901年4月29日に、のちの昭和天皇となる迪宮裕仁(みちのみや・ひろひと)親王が誕生してから今日で120年が過ぎた。即位してからは陸海軍大元帥として、そして終戦後は象徴として二つの人生を歩んだ。そ

dot.

4/29

  • 「赤坂に上皇さまを連れて戻るのが自身の務め」と願った美智子さま 仙洞御所での生活はじまる

    「陛下を赤坂に連れてお戻りになるのが、ご自分の務め」 上皇后美智子さまは、何度もそう口にし続けていたという。コロナ禍が続く中、外出も控えていた美智子さまだが、電話で知人と話すことはあった。 美智子さま

    dot.

    4/28

  • 「眉間にシワ」の小室さんだが「3年留学すれば試験は合格」と現地弁護士が太鼓判 コロナ禍でビザは「定員割れ」

    <前半試験会場の建物を去る彼は、信じがたいほど暗く見えたー> 小室さんの2回目の挑戦となるニューヨーク州司法試験が、2月22から2日間にかけて行われた。ニューヨーク司法試験の会場の建物に出入りする小室

    dot.

    2/27

  • 天皇陛下62歳 「うっそー、と言われても困りますね」茶目っ気たっぷりに笑った

     2月23日、令和の天皇陛下は62歳の誕生日を迎えた。「多くの方に心配をお掛けすることになったことを心苦しく思っています」 誕生日に向けて行われた21日の記者会見。 秋篠宮家の長女、眞子さんが結婚問題

    dot.

    2/23

  • 上皇さまに「男だねえ」故・石原慎太郎氏 反皇室でも最大級の賛辞を送った政治家の気風

     2月1日に89歳で亡くなった元都知事で作家の石原慎太郎氏。若いころから皇室について公の場で率直な意見を延べ、皇室と国民は、どのような関係であるべきかーーそう問いかけ続けた人でもある。過去の発言や原稿

    dot.

    2/5

  • 歌会始で金木犀を詠んだ佳子さまの悲鳴 小室眞子さん思い「悔しくて涙が出た」

     1月18日に「歌会始の儀」が執り行われた。 秋篠宮家の次女、佳子さまが詠進したのは、年頃の女性らしく花を題材にした和歌だった。 窓開くれば金木犀の風が入り甘き香りに心がはづむ 秋のある日にお部屋の窓

    dot.

    1/20

  • 小室眞子さんの結婚で皇室の危機は本当に去ったのか?「庶民化の矛盾」を上皇さまの同級生が指摘

     平成の終わりから令和にかけて皇室は、秋篠宮家の長女、眞子さんの結婚問題に揺れた。それは、皇室を長く支えてきた人たちにどう映ったのだろうか。司馬遼太郎が『坂の上の雲』で描いた陸軍情報将校、明石元二郎の

    dot.

    12/31

この人と一緒に考える

  • 愛子さまは黒田清子さんをお手本にする成長ぶりなのに、皇室の有識者会議でタブーな理由

     重い空気が続いていた皇室にとって、愛子さま12月1日に20歳の成年を迎えたことは、ひさしぶりの明るいニュースだった。  愛子さまの成年から5日後の12月6日。このタイミングで、清家篤・元慶応義塾長を

    dot.

    12/19

  • 小室圭さん米NY州弁護士試験合格発表で名前なし 「追加合格」「再採点の申し立て」で逆転合格のチャンスも?

     秋篠宮家の長女、眞子さんと結婚した小室圭さんが7月に受験したとされる米ニューヨーク州の司法試験。10月29日、合格者の名簿が公表されたが、小室さんの名前はなかった。追加合格や遅れて名前が公表されるな

    dot.

    10/30

  • 小室圭さんの母親の元婚約者がいまだに解決しない苦悩を明かす コメント全文掲載

     10月26日の結婚が発表された秋篠宮家の眞子さまと小室圭さん。一方で、小室家と母、佳代さんの元婚約者男性の「金銭トラブル」は、依然として未解決の状態にある。結婚まで2週間ほどに迫った10日、金銭トラ

    dot.

    10/10

  • 「宮内庁の策は、火に油を注いでしまった」眞子さまの結婚と「複雑性PTSD」公表の全内幕

     秋篠宮家の長女、眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚と記者会見が10月26日に行われると発表された。同時に、眞子さまは「複雑性PTSD」と診断されたことを明かした。 10月1日の会見の数日前、

    dot.

    10/2

  • 小室圭さんが特別警備で凱旋帰国 高級ホテルに滞在せず、自宅にもどった理由

     秋篠宮家の長女、眞子さまと婚約が内定している小室圭(29)さんが27日に帰国し、14日間の隔離隔離生活を送っている。 世間に強烈な印象を残したのは、まるで海外から要人が来日したかのような警

    dot.

    9/29

  • 眞子さまと小室さん 甘くないNY生活 「アジアの元プリンセス」警護で米国民が猛反発も

     眞子さまと小室圭さんが年内に結婚し、米国のニューヨーク(以下はNY)を拠点に生活する見通しであることが報じられた。  海の向こうで、ふたりはどのような生活を送るのか。治安がよいとはいえないNY生活で

    dot.

    9/5

この話題を考える

  • 眞子さま、小室さん結婚で「解決金なかったことにされる」 元婚約者サイドの悲鳴

     9月1日、秋篠宮家の眞子さま婚約内定者の小室圭さんが年内結婚の見通しであると、唐突に報じられた。テレビのコメンテーターは、「お幸せに」の祝福コメントを並べ立てているが、そもそも婚約延期の原因となった

    dot.

    9/2

  • 眞子さま結婚問題で「いまや愛子さまの話題はタブー」有識者会議の参加者が吐露 

     眞子さまの結婚問題に、女性・女系天皇議論―—。機微な現状が取り巻くなかで、皇位継承のあり方をめぐる政府の有識者会議は、進められてきた。さまざま配慮も必要になるのだろう。8月には、「女性皇

    dot.

    8/19

  • 小室圭さんついにNY司法試験 すでに就職は内定か? 秋篠宮さまの誕生日には判明

     秋篠宮家の長女、眞子さまの婚約内定者の小室圭さん。5月に留学先の米フォーダム大学ロースクールを修了したのち、NY州の司法試験が始まった。7月27日から30日(米国東部時間)まで、リモート形式で実施さ

    dot.

    7/30

  • 「小室殿下」は無理でも、愛子さまのお相手は「さま」と呼びたい 日本人は正統派プリンセス好き

     安定的な皇位継承のあり方を議論する政府の有識者会議の議論が続いている。秋篠宮家の長女・眞子さまの結婚問題の影響で、世の中には、女性・女系天皇、女性宮家創設に対して、以前よりも複雑な感情を抱くようにな

    dot.

    6/30

  • 眞子さまと小室さんを待ち受ける海外メディアの厳しい洗礼 「日本よりも幸せ」と本音を吐露した元内親王 

     秋篠宮家の長女、眞子さまの婚約内定者の小室圭さん。小室さん親子が抱える金銭トラブルは、こう着状態だが、小室さんが7月にNY州の弁護士試験を受けることから、ふたりで海外に拠点を置く可能性もささやかれて

    dot.

    6/29

  • 「まさに西村の乱」天皇陛下「拝察」発言が官邸に根回しされず、発表された理由

     東京五輪・パラリンピック開催による新型コロナウイルス感染拡大を天皇陛下が懸念されていると、宮内庁の西村泰彦長官が「拝察」していると発言したことに対し、菅義偉首相をはじめとする政府首脳は、「長官の見解

    dot.

    6/28

1 2

カテゴリから探す