「地震」に関する記事一覧

  • 最短コースが被害を最大にしていた 防災の最前線から学ぶ

     東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。熊本地震からも、まもなく1年がたとうとしている。いずれの地でも復興は道半ばで、いまも多くの人々が不自由な暮らしを強いられている。しかしその現実の一方で

    AERA

    3/11

  • 5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

     東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。熊本地震からも、まもなく1年がたとうとしている。いずれの地でも復興は道半ばで、いまも多くの人々が不自由な暮らしを強いられている。しかしその現実の一方で

    AERA

    3/11

  • プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

     東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。熊本地震からも、まもなく1年がたとうとしている。いずれの地でも復興は道半ばで、いまも多くの人々が不自由な暮らしを強いられている。しかしその現実の一方で

    AERA

    3/9

  • 「駅」は頼りになるか 首都圏・名古屋・大阪・福岡を走る鉄道27社調査

     東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。熊本地震からも、まもなく1年がたとうとしている。いずれの地でも復興は道半ばで、いまも多くの人々が不自由な暮らしを強いられている。しかしその現実の一方で

    AERA

    3/8

  • ドローンが基地局に!? KDDI が大規模災害を想定した訓練を実施

     KDDIは2017年2月24日、東京都江東区の東京臨海広域防災公園にて、大規模災害を想定した訓練を公開した。 訓練は、都内で震度7の大地震が起こり、伊豆大島が孤立した想定で実施。地震直後で通信が遮断

    dot.

    2/24

  • 神戸大空襲、阪神・淡路大震災を耐え抜いた「神戸の壁」

     6434人が亡くなった1995年の阪神・淡路大震災から、2017年1月17日で22年となる。兵庫県内を中心に建造物の倒壊や火災などで甚大な被害が出たが、再開発が進み、被災地の風景も様変わりした。そん

    dot.

    1/17

この人と一緒に考える

  • 南海トラフ地震Xデーは近い!? 地殻変動に警戒感

    「要注意の時期に入ったと思ってください」 東京大学地震研究所の古村孝志教授は、南海トラフ地震の発生について、こう警告する。過去の地震発生周期から、仮に2017年に起きたとしてもそれほど不思議ではないと

    週刊朝日

    1/3

  • 井戸川克隆前双葉町長が警告「地震大国で再稼働をすると、福島の二の舞いになる」

     今年に入り、熊本、鳥取に続き、11月22日早朝に福島県などを、マグニチュード(M)7.4の地震が襲った。東日本大震災以来となる1メートルを超える津波を観測し、福島第二原発の使用済み燃料プールが冷却機

    週刊朝日

    12/1

  • 地震は予知できるのか? 地震予測に使われる、さまざまな手法とは

     いつ起こるかわからないとされている南海トラフ巨大地震。次の大地震がいつくるのか、どの程度わかるのだろう? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュース

    dot.

    10/16

  • 大地震後に家で自活するために必要なポイントとは? 神奈川県座間市の防災訓練に学ぶ

     神奈川県座間市は、地震から身を守る「シェイクアウト訓練」の参加率が高いことで知られる。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエ

    dot.

    10/15

  • 熊本地震ではなぜ激震が2度もあったのか? 複雑な現象とは

     最近、大きな地震が起きるたびに「想定外」という言葉を耳にするようになった。地震はなぜ起きるのだろう? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガ

    dot.

    10/14

  • 地震で壊滅のイタリア・アマトリーチェを救うのはあの名物パスタ

     中世の雰囲気を色濃く残すイタリアの小さな町を、地震が襲った。今後、巨額の復興費が予想されるが、名物料理が救いの手になりそうだ。 イタリア中部ののどかな田舎町アマトリーチェをマグニチュード(M)6.2

    AERA

    9/6

この話題を考える

  • 突然の収入減で窮地に立ったシングルマザー 熊本地震の被災者が語る

     熊本を襲った大地震から約4カ月。被災地にはいまだ震災の爪痕が残る。目に見える被害だけでなく、仕事の不安やメンタル面、家族関係など、どう日常を取り戻したのか。*  *  *「いろんなことがあり過ぎて、

    AERA

    9/3

  • 関東大震災とも元禄関東地震とも違う「新タイプM8級」の可能性

     マグニチュード(M)7級の地震が起こる確率は、関東地方で「30年以内に70%」と予測される。それより大きなM8級が起きる可能性は? 巨大地震を引き起こすメカニズムは? 関東大震災を引き起こした大正関

    AERA

    9/2

  • 唯一予知できる?東海地震に備える

    『東海地震』は日本で唯一予知可能性があると言われています。そして予知によって適切に避難・警戒行動を行えば、被害額は約6兆円減少し、7000人近くの命を救うことができるとも言われています。「

    tenki.jp

    9/1

  • 都区内に1万棟 「旧耐震基準マンション」建て替えの条件とは?

     近所づきあいはほどほどに、自由気ままなマンションライフ。だが地震で建物が被害を受けると、復旧は容易ではない。とりわけ、1981年以前に建てられた物件の対策は急務だが、日ごろの交流の希薄さもあってか、

    AERA

    9/1

  • 首都直下地震 通勤時間帯に発生で一時滞在施設足りず66万人行き場なし

     阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震……。数々の大震災に続き、危機が迫っているのが首都直下地震だ。過度な人口密集地域であり、大量の帰宅困難者も予想される。東京だからこそ被害が拡大する恐れがある。

    AERA

    9/1

  • 首都直下地震 帰宅困難者が大量発生で群衆なだれの可能性

     阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震……。数々の大震災に続き、危機が迫っているのが首都直下地震だ。過度な人口密集地域であり、大量の帰宅困難者も予想される。東京だからこそ被害が拡大する恐れがある。

    AERA

    8/31

1 2 3 4 5

カテゴリから探す