「出産と子育て」に関する記事一覧

この人と一緒に考える

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 大変だった一年…だからこそ、ちびが夫の口にテッシュを詰める姿も、目玉を突く姿も、へそを取ろうとする姿も残しておきたいと思う

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は、少し早いですが今年一年を

    dot.

    12/3

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 写真は?願書は?合否の連絡は?「幼稚園お受験」ドタバタ奮闘記

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。何から何まで初体験の「幼稚園受験

    dot.

    11/19

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 チビの“お受験”で夫に抱いた殺意

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は期せずして始まった幼稚園受

    dot.

    11/5

  • 男性育休率100%の中小企業 「休めない空気」を打破した社長のメッセージとは?

     日本の取得率は7.48%(2019年度)と、まだまだ取りづらい「男性の育児休業」。日本商工会議所が中小企業6千社を対象にした調査では、「男性社員の育児休業取得の義務化」について、7割の企業が「反対」

    dot.

    11/3

  • 「仕事も育児も30点…」 朝日新聞40歳男性記者が感じた葛藤

     子育てに関わる男性を指す言葉「イクメン」が「新語・流行語大賞」にノミネートされたのは2010年のことだ。あれから10年、女性の労働環境の改善と並行して、社会ではさらなる男性の育児への関わりを求める声

    dot.

    10/31

  • 単身赴任10年超に引っ越し15回…どうやって「イクメン」に? 転勤族の現実

    「転勤」は、仕事と家庭の両立を妨げる最たるもののひとつでしょう。会社は「人材育成のため」などと理由を説明しますが、社員にとっては、介護や子育てなどへの影響が大きいのも事実です。その現実は、「イクメン」

    dot.

    10/30

この話題を考える

  • イクメン「嫌い」が7割超 衝撃的結果の背景から見えた“違和感”の正体

     10月19日は、10(トウサン=父さん)、19(イクジ=育児)の語呂合わせで、「イクメンの日」です。「イクメン」が新語・流行語大賞のトップ10入りを果たしてから10年。言葉は広まり、男性育児の推進に

    dot.

    10/19

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 チビの“職人技”と旦那が起こした奇跡

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は「風師」の存在で感じた職人

    dot.

    10/15

  • コロナ禍で「あーん」「もぐもぐ」がわからない子どもたち 保育や家庭でできること

     赤ちゃんが人間性の土台を作る乳児期に、マスクをした大人ばかりで表情が読めず、反応が薄い乳幼児が増加している。医療や保育の現場で、家庭で、どう健やかに子どもを育んでいくべきか。AERA2020年10月

    AERA

    10/4

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 歳を重ねれば「怖いもの」は増えるのか、減るのか?

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は人生の中で増えていく「怖い

    dot.

    10/1

  • 「勉強が得意な子」の親がしているたった1つの習慣

    ●1つの習慣「子どもに教えてもらう」「教えることは、二度学ぶことである」というフランスの思想家ジュベールの言葉にあるように、私たちは人に教えることで、自分の理解不足に気づいたり、あらためて理解を深めた

    ダイヤモンド・オンライン

    9/23

  • 水野美紀

    水野美紀

    水野美紀 空前の忙しさもコロナも「見方を変えれば」

     42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回はいよいよ幕が上がった舞台。

    dot.

    9/17

1 2 3 4 5

カテゴリから探す