「働く女性」に関する記事一覧

  • 働く女性の「服問題」 カジュアル化するオフィスで何を着ればいいか?

     朝、クローゼットの前で悩む女性は多いだろう。一体、今日は何を着たらいい? 服が決まるだけで心も上がる。パーソナルスタイリストのみなみ佳菜さんにアドバイスしてもらった。 働く女性の「服問題」が深刻化し

    AERA

    9/25

  • やりがいある仕事と子育ては両立可能か? ワーキングマザーのホンネ

     4月に女性活躍推進法が施行された。だが、ワーキングマザーが十分に活躍できるようになったとは言い難い。子育てしながら働く女性4人が集まり、現状や改善策を本音で徹底的に語り合った。【参加者】Aさん(39

    AERA

    9/5

  • 突然の収入減で窮地に立ったシングルマザー 熊本地震の被災者が語る

     熊本を襲った大地震から約4カ月。被災地にはいまだ震災の爪痕が残る。目に見える被害だけでなく、仕事の不安やメンタル面、家族関係など、どう日常を取り戻したのか。*  *  *「いろんなことがあり過ぎて、

    AERA

    9/3

  • 「保活」の理不尽 0歳4月に入園するため帝王切開での出産1カ月早める

     早生まれの保活は絶望的だから、帝王切開での出産時期を早めた──。なぜ、ここまでしなければ保育園に預けられないのか。子育てしながら働くという当たり前のことができないで、「1億総活躍」なんて言えるはずが

    AERA

    8/21

  • 職場の“冷”視線に、ワンオペ育児に、重い教育費 ?「二人目が産めない」

     一人は産めたが二人目となると無理、という声がよく聞かれる。夫は家事育児丸投げで、膨大な教育費も頭が痛い。そして加齢との闘いも……。 二人目を望む夫婦は、どうしたら希望を実現できるのか? 一人娘が4歳

    AERA

    8/21

  • 家事育児100タスク表で夫婦の完全平等分担は可能か?

     本誌5月30日号掲載「共働きの家事育児100タスク表」。これにトライした夫婦が続出、ツイッターを賑わせている。「私ばっかり」「意外と夫も」など、悲鳴あり懺悔あり……。今回は、子どもが小学生バージョン

    AERA

    6/17

この人と一緒に考える

  • 子育て中は仕事セーブVS.やりがいもって活躍する

    「資生堂ショック」は、女性たちに動揺を広げた。評価されたい。一方、家族の時間を犠牲にしたくない。「保護」に甘んじない、主体的な働き方が、それを可能にする。<子どもとの時間を確保したいから短時間勤務をし

    AERA

    6/16

  • 「共働きは中学受験に不利」は都市伝説? 「先入観です」と専門家

     女性の育児休業取得率は9割に迫るが、そこから先の道は平坦ではない。家族がぶち当たる問題の乗り越え方を識者に聞いた。 共働き夫婦が懸念する問題の一つが、「共働きは中学受験に不利なのではないか?」という

    AERA

    6/5

  • 女性の就業率が高い国=出生率高い? 海外の例から見えたこと

     女性のさらなる社会進出は、少子高齢化社会にある日本にっとっては必要不可欠なものだ。だが一方で「女性が社会進出したことで少子化が進んだ」という話もあるが、実は女性の働く割合が多いほど出生率も高い傾向が

    AERA

    6/1

  • 夫婦共働き20年間「お互い収入知らず」 それでも家計はうまくいく?

     家計の管理法は家庭によって様々。共働き夫婦の場合、管理が複雑になることもあるが、なかにはお互いの収入について全く知らないというツワモノもいる。「どれくらい給料をもらい、いくら貯蓄をしているか、聞いた

    AERA

    6/1

  • お金が貯まらないのは「財布バラバラ型」 夫婦共働きの家計事情

     夫も妻も独身時代の金銭感覚から抜け出せず、意外と貯蓄が少ないといわれる共働き夫婦。散財しやすい家計管理のケースとは。住んでいるマンションから一番近いスーパーは、品ぞろえこそ豊富だが、値段は高い。「そ

    AERA

    5/31

  • 1カ月で700席! 追っかけまで登場した新しい落語ブームとは

     ニッポンを代表する粋なカルチャー、落語がブームである。『アエラスタイルマガジン 31号 』(朝日新聞出版)でも落語特集が組まれ、春風亭一之輔や柳亭市弥といった、ブームを引っ張る“男前”な若手落語家た

    dot.

    5/29

この話題を考える

  • 正規雇用との生涯賃金格差は2億円 それでも女性がパートで働く背景

     共働き世帯は増えているが、妻は非正規雇用のケースが多い。真の共働き社会の実現を阻むものは何なのか。 共働き世帯は1997年以降、片働き世帯を上回り、その差は開く一方だ。また女性の就業を見ると、結婚・

    AERA

    5/25

  • 現役看護師648人に聞いた! ナースのお給料実態調査

     看護師たちはどのように働き、何にやりがいを感じ、どんな時に転職を考えているのでしょうか。週刊朝日ムック『看護師になる2016』が実施したアンケートに回答してくれたのは、237人のママさんナースを含む

    dot.

    5/10

  • 現役看護師648人に聞いた! ナースはやっぱり忙しい? 勤務時間の実態調査

     看護師たちはどのように働き、何にやりがいを感じ、どんな時に転職を考えているのでしょうか。週刊朝日ムック『看護師になる2016』が実施したアンケートに回答してくれたのは、237人のママさんナースを含む

    dot.

    5/9

  • 看護師の就職先選びに変化 プロに聞いた失敗しない選び方

     看護師の資格を生かして、活躍できる職場はたくさんあります。自分に合った職場をどのように選んだらいいのでしょうか? 週刊朝日ムック『看護師になる2016』で紹介した、最新事情と看護師の就職に関するプロ

    dot.

    5/5

  • 学費は? 給料は? 看護師のコスパを徹底検証!

    ■国立が圧倒的にリーズナブル 看護師になるには、お金がどれだけ必要でしょうか。週刊朝日ムック『看護師になる2016』で、看護師養成課程の平均学費を独自に算出、比べてみました。 すると、専門学校も大学も

    dot.

    5/4

  • なぜ看護師人気が止まらないのか? 4つの訳

     今、看護師という職業が注目されています。なぜこれだけ人気があるのか、週刊朝日ムック『看護師になる2016』で徹底調査しました。*  *  * 看護師は社会貢献できるだけではなく、自分自身も学び続けて

    dot.

    5/3

2 3 4 5 6

カテゴリから探す