「健康」に関する記事一覧

しこり?腫れ?首やわきの下の異変に気づいたら「がん」だった…増加する悪性リンパ腫とは

しこり?腫れ?首やわきの下の異変に気づいたら「がん」だった…増加する悪性リンパ腫とは

 血液のがんである悪性リンパ腫は、全身のどこにでもできる可能性がある。1年間に新たに診断される人は約3万4千人であり、膵臓がんに次いで8番目に多い。高齢になるほど増え、近年、増加傾向がみられる。*&n

dot.

6/29

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    「私のこと好きな気持ちある?」 妻に「強制」された夫の答えは

     緊急事態宣言が解除された。長い外出自粛生活で、家族の親密性を高めた家庭もあれば、ストレスを上げた家庭もあったことだろう。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載。今回

    dot.

    6/24

  • 足の裏に“ほくろ”を発見、実はがんだった…放置してはいけない皮膚の異変

     ほくろやしみのような見かけの皮膚がん。皮膚がんの5年生存率は90%以上と高い水準にあるが、顔にできたがんが進行すると、見た目の面での問題が生じる。また、がんとは思わずに見過ごしていて、気づいたときに

    dot.

    6/8

  • 傷はわずか7ミリ!進化したヘルニアの内視鏡手術のポイントとは

     若い男性に多い腰椎椎間板ヘルニア。基本は保存療法だが、最近は高齢患者の増加に伴い、手術が必要なケースも目立つ。どんな手術法がおこなわれているのか、一般の人には少しわかりにくいヘルニア手術の最新事情を

    dot.

    5/18

  • 乳酸菌はヨーグルト一辺倒よりも「漬物+納豆」で 専門家の「最高の免疫アップ法」

     乳酸菌といえば、ヨーグルトを連想する人も多いだろう。漬物や納豆にも含まれるので、こちらも選択肢に入れて腸内環境を整えよう。AERA 2020年5月18日号は、専門家に乳酸菌による免疫アップ法を聞いた

    AERA

    5/17

  • 市販ヨーグルト13種類の乳酸菌「機能」「効果」を専門家が徹底比較 免疫アップのため食べたいのはこれだ!

     売り場に並ぶヨーグルトがうたう様々な機能や効果。何が違うの? どれを買えばいいの? どう食べればより効果的なのか? そんな疑問にAERA 2020年5月18日号では専門家がズバリ答えます。*  * 

    AERA

    5/16

  • 「1音目が出づらい」「喉に何か詰まっている感じが続く」人は要注意! 痙攣性発声障害とは?

    「最近、声が出づらくなってしまった」「特に1音目が出にくい」「痰が絡むように咳払いをしてしまう」「喉に何かものが詰まったような感じが抜けない」 こんな症状に悩まされている方は、「痙攣性発声障害」「過緊

    dot.

    5/15

この人と一緒に考える

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    1日の半分は話し相手がいない… コロナ自粛を苦しくしている「受動的生活」の罠

     緊急事態宣言が5月末まで延長されることが決定した。外出自粛が続く中、ストレスをどう解消していくのか。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「受動的な生活の落

    dot.

    5/10

  • 食でコロナに打ち勝つ! 万能調味料の「免疫アップ料理」4選

     新型コロナウイルスによる外出自粛が続き、自宅で時間を持て余してしまう人も多いだろう。そんなときこそ、食事に力を入れて免疫力アップさせる絶好の機会だ。調味料の作り方とそれを使った栄養満点のレシピを食の

    週刊朝日

    4/26

  • 外出自粛での運動不足解消に「ラジオ体操」がオススメな理由

    「STAY HOME」 新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす人が増えている。運動不足を感じたり、気持ちがふさぎこんだりする人も多いのではないだろうか。通勤時間が体を動かす唯一の時間だったという人も

    dot.

    4/25

  • 重症化リスクのたばこは販売停止になるのか JTの回答は…

    「新型コロナウイルスに対抗する最善策は、たばこ業界が直ちにたばこの生産とマーケティング、販売を停止することだ」 4月6日、医療関係者などで構成される「国際結核肺疾患連合」は世界に向けて、こう呼びかけた

    dot.

    4/10

  • 丸山ゴンザレス

    丸山ゴンザレス

    丸山ゴンザレスがスラム取材で学んだ“感染症対策”とは?

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■“ゴンザレス流”の消毒とは? 新

    dot.

    3/5

  • 首まで湯船につかってはダメ? “お風呂死”を防ぐ入浴法とは

     いよいよ冬の寒さもピーク。あたたかいお風呂でリラックスしたいところだが、お風呂で亡くなる人は一年を通して真冬が圧倒的に多い。高齢者が大きな割合を占めていて、65歳以上では交通事故死を上回るという調査

    週刊朝日

    2/2

この人と一緒に考える

  • 「風邪に抗生物質」も悪影響 国内8千人超が死亡の「耐性菌リスク」とは

     2019年12月、衝撃的なニュースが駆け巡った。抗菌薬が効かない「耐性菌」のために、日本国内だけでも年間8千人以上の人が命を落としているという。耐性菌が増える背景として、「風邪には抗菌薬」の大誤解も

    AERA

    1/15

  • 2020年、未病・体調管理の目安に 専門家監修「二十四節気薬膳カレンダー」

     漢方や薬膳と言った中国の医学は、取り入れるには少しハードルが高い印象がある。AERA 2020年1月13日号は、専門家に監修を依頼、漢方・薬膳を簡単に取り入れられる「二十四節気薬膳カレンダー」を掲載

    AERA

    1/12

  • ニキビ肌の改善も スーパーの食材でもできるお手軽「漢方」とは

     漢方、薬膳という言葉には惹かれるが、挑戦するのは難しそうでハードルが高い。だが、専門家によると、日常的な食材で誰でも手軽に始められるという。AERA 2020年1月13日号から。*  *  * 実家

    AERA

    1/9

  • 認知症はいつか撲滅する!? 今すぐ実践! 人生100年時代を幸せに生きる方法

     私は精神科医の馬場元です。老年精神医学の専門医として働いています。もちろん、高齢の方ばかりではなく、感情障害を持つ若い方など、メンタル治療においても数多くの患者さんを診てきました。  今回が最終回で

    dot.

    1/5

  • 日本の高齢化と孤独……精神科医と考える「どうして高齢者のうつは増えたのか?」

     はじめまして、私は精神科医の馬場元です。老年精神医学の専門医として働いています。もちろん、高齢の方ばかりではなく、感情障害を持つ若い方など、メンタル治療においても数多くの患者さんを診てきました。  

    dot.

    1/4

  • 長生きしたら必ず人は認知症になる? 認知症予防と治療法、新薬の承認申請も進む

     私は精神科医の馬場元です。老年精神医学の専門医として働いています。もちろん、高齢の方ばかりではなく、感情障害を持つ若い方など、メンタル治療においても数多くの患者さんを診てきました。  前回の「認知症

    dot.

    1/3

1 2 3 4 5

カテゴリから探す