「企業」に関する記事一覧

60億円赤字でも「まいったねぇ」と怒らず DMM亀山会長「やせ我慢」する理由

60億円赤字でも「まいったねぇ」と怒らず DMM亀山会長「やせ我慢」する理由

 領域を問わず幅広い事業を展開するDMM。成功の裏には失敗を恐れない企業文化があった。AERA 2021年10月11日号は、同社の亀山敬司会長に取材した。*  *  *「辞表を書くしかない&helli

AERA

10/8

  • ヤフー「居住圏の縛り」撤廃を検討 「東京本社所属」で全国どこにでも移住可に?

     ヤフーが働き方の自由化を推し進めている。オフィスに出勤する意味を見直すことで、居住圏の縛りをなくした全国への地方移住も見えてきた。AERA 2020年9月14日号で掲載された記事から。*  *  *

    AERA

    9/14

  • 「いつでもどこでも働ける」ヤフーが働き方の自由化を実現 仕事の「質」にも好影響

     コロナ後のオフィスが、働き方がどうなるのかを、ヤフーの新制度が示した。好きな土地に住み、好きな時間に好きな場所で働く。AERA 2020年9月14日号で、実現できた背景を幹部が語る。*  *  * 

    AERA

    9/13

  • サイボウズや今治タオルも…社員の「わがまま」が会社の売り上げを伸ばす

    「わがまま」だと嫌われると思っている人は多い。しかし、サイボウズ社は、社員一人ひとりの「わがまま」に耳を傾けることで、離職率を7分の1に下げ、売り上げを4倍に伸ばすことに成功したのだ。その理由を社長・

    dot.

    6/22

  • 西野一輝

    西野一輝

    職場で無駄に反対してくる人の扱い方 ネガティブ発言には裏がある 

    「前例あるの」「やる必要あるんですか」。上司や同僚、お客さまの一言で、やる気が下がってしまったことはないだろうか。経営・組織戦略コンサルタントの西野一輝氏は、そんな人たちのことを”モチベー

    dot.

    6/22

  • 出社とテレワーク混在「まだらテレワーク」に課題 「評価格差」や「女性に在宅勤務偏り」懸念も

     テレワークから出勤を再開する動きがあるなか、企業内で出社とテレワーク混在する「まだらテレワーク」という現象が起きつつある。両者間で生じるコミュニケーションや評価など格差問題にも目を向けることが必要だ

    AERA

    6/18

  • コロナ禍で企業クチコミに異変 人間関係より「危機への反射神経」に評価基準がシフト

     企業クチコミにも新型コロナの影響が出ている。社員が会社を評価する基準にも変化が起きている。コロナ禍のクチコミから読み取れることとは。AERA 2020年6月22日号で、OpenWorkの大澤陽樹社長

    AERA

    6/18

この人と一緒に考える

  • 若手社員のコーヒー代は会社が払ったほうがいい理由

     社員の「わがまま」に耳を傾けることで、離職率を7分の1に下げ、売り上げを4倍に伸ばすことに成功したサイボウズ社。社長の青野慶久氏は、「わがまま」こそが「新たな社会を創り出す原動力」だと断言する。その

    dot.

    6/15

  • サイボウズ社がリーマンショック後に売り上げを伸ばせたのは、一人の社員の「わがまま」のおかげだった

    「“わがまま”こそが『新たな社会を創り出す原動力』」だと断言するのは、サイボウズ社の社長・青野慶久氏だ。社員の“わがまま”に耳を傾けたことで、リーマンシ

    dot.

    6/8

  • 西野一輝

    西野一輝

    コロナ収束後も「出社したくない」人のホンネ 通勤ラッシュより悪口が苦痛

     緊急事態宣言が解除されましたが、今後もリモートワークを継続する企業が増えているようです。外出自粛期間中に、普段、思わぬストレスにさらされていたことに気づいた人も多いでしょう。『モチベーション下げマン

    dot.

    6/8

  • コロナ後のビジネスでの問題解決に必要な「地図」と「武器」とは

     平成・令和を経ても守り続けられた日本の企業や個人を取り巻く環境は、コロナ・ショックによって働き方といったレベルを超え、思考法や必要なスキルまで強制的に変わりつつある。マッキンゼー・アンド・カンパニー

    dot.

    6/5

  • 「アフター・コロナ」のビジネスは“リテール戦略”を重視せよ!マーケティング界の巨人・コトラーが示す指針とは?

     マーケティング界の巨人、フィリップ・コトラーが、最新刊『コトラーのリテール4.0 デジタルトランスフォーメーション時代の10の法則』(朝日新聞出版)で、共著者のジュゼッペ・スティリアーノとともに注目

    dot.

    5/21

  • 「これはビッグマックなのか?」仕掛け人が明かすツイッターマーケティングの鉄則

     今や企業のマーケティング担当にとって、ツイッターは無視できないツールとなっている。しかし現実的には成功例はわずかで、いまだ正解が見えないのも事実だ。経営とマーケティングのスペシャリストである足立光氏

    dot.

    2/13

この人と一緒に考える

  • ツイッターマーケティングで失敗する企業と成功する企業の違いとは?

     世界中で起きている出来事と、それにまつわる会話がリアルタイムに繰り広げられる場所、ツイッター。企業のマーケティング担当としてツイッターをどのように活用するかは大きな命題となっている。2020年1月に

    dot.

    2/3

  • 「スマニュー」をたった1年でNo.1アプリにした“たった一人をファンにさせる”マーケティング手法とは?

     今やニュースアプリとして圧倒的な地位を確立したスマートニュースですが、数年前までは認知率は低いものでした。改革のきっかけは一人のユーザーにどうやってファンになってもらうかを探し続けるスタンス。iPh

    dot.

    1/29

  • 女子アナが地方の中小企業を救う? 「女子アナ広報室」とは

     企業の広報担当者は、自社のPRで業績アップにつなげるのがお仕事。でも、中小企業はメディアに登場する機会が限られる。浮上への険しい道を、アナウンサー経験者に案内してもらえたら…&hell

    週刊朝日

    1/27

  • スマニューを1年でNo.1にした男が「世の中のブランディング施策はほぼ間違い」だと指摘する理由

     P&G出身で、ロート製薬にて化粧水「肌ラボ」を本数ベースで日本No.1に。スマートニュースではiPhoneアプリランキング100位圏外から1年でNo.1など、輝かしい実績を持つ西口一希さん。同じくP

    dot.

    1/26

  • “テレビよりオンラインの方が効率がいい”は本当なのか?「あなたの知らない」マーケティング大原則

    「マーケティング」とは一体何なのか? 言葉は定着すれど、業務は複雑化するばかりのマーケティングだが、実は大原則があった……。 P&G、ヘンケル、ワールド、マクドナルド、そし

    dot.

    1/20

  • 日本とアメリカの広告 最も大きな違いとは?「あなたの知らない」マーケティング大原則

    「マーケティング」とは一体何なのか? 言葉は定着すれど、業務は複雑化するばかりのマーケティングだが、実は大原則があった……。 P&G、ヘンケル、ワールド、マクドナルド、そし

    dot.

    1/17

1 2 3 4 5

カテゴリから探す