「中国」に関する記事一覧

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「中国の『懲らしめ』で孤立する北朝鮮に高まる緊張」

     中国が北朝鮮への国連安全保障理事会の制裁決議を受け入れた。ジャーナリストの田原総一朗氏がその理由を明かす。*  *  * 北朝鮮が7月4日と28日にICBM(大陸間弾道ミサイル)を連続発射したことを

    週刊朝日

    8/23

  • 中国での又吉直樹『火花』ヒットでわかった! 上海と吉祥寺は地続きだ

     6月、中国で『火花』の中国語版が刊行された。言わずと知れた、又吉直樹の芥川賞受賞作。仕掛け人の毛丹青は、東京と中国都市部の若者の類似性を指摘した。「日本の文学作品を中国の読者に届けるには、かつては文

    AERA

    7/27

  • 香港口座に貯め、世界に投資する 香港の日系銀行で分散投資

     日本海にまた北のミサイルが着弾した。覇権国家アメリカでは“CNN”にラリアットする男が大統領だ。いつの世もリスクはつきものだが、いよいよニッポンもきな臭くなってきた。そんな時代に我が家の家計を、資産

    AERA

    7/18

  • 教育投資の次は不動産 変わる中国の命綱

     日本海にまた北のミサイルが着弾した。覇権国家アメリカでは“CNN”にラリアットする男が大統領だ。いつの世もリスクはつきものだが、いよいよニッポンもきな臭くなってきた。そんな時代に我が家の家計を、資産

    AERA

    7/16

  • なぜ今、中国人富裕層が盛んに投資するのか? “駆け込み”爆買いの裏側

     日本海にまた北のミサイルが着弾した。覇権国家アメリカでは“CNN”にラリアットをする男が大統領だ。いつの世もリスクはつきものだが、ニッポンもきな臭い。そんな時代に我が家の資産をどう守るか。苦難を乗り

    AERA

    7/14

  • 中国人の海外不動産“爆買い”の背景に「永住権と安心感」

     日本海にまた北のミサイルが着弾した。覇権国家アメリカでは“CNN”にラリアットする男が大統領だ。いつの世もリスクはつきものだが、いよいよニッポンもきな臭くなってきた。そんな時代に我が家の家計を、資産

    AERA

    7/13

この人と一緒に考える

  • 中国「超キャッシュレス社会」の衝撃、日本はもはや追う側だ

    「中国の動きは速いから、1~2年に1度は取材に来てくれないと」。2008年のオリンピックが開催される直前に北京を訪れたときに、現地駐在員からよく言われたせりふだ。 3年ぶりに訪れた北京では──。「半年

    ダイヤモンド・オンライン

    7/10

  • 検索もメールもLINEもFacebookもNG! 中国ネットトラブル対処法

     中国企業との商談や中国現地法人の訪問、展示会の視察から国際会議や学会への出席など、仕事で中国を訪れることになれば、数日とはいえ現地のネット環境に身を置くことになる。そこで、当たり前にできると思いがち

    dot.

    6/29

  • キアヌは来たが今後は日本素通り!? ハリウッド映画は中国目指す…

     先週、ラーメン好きのハリウッドの大物俳優キアヌ・リーブスが、東京・赤坂の「九州じゃんがら」に突然現れ、話題となった。キアヌは、映画「ジョン・ウィック:チャプター2」のキャンペーンで来日。東京・六本木

    週刊朝日

    6/23

  • 孫文とともに中国革命をめざした日本人…いまなぜ宮崎滔天?

     宮崎滔天は右翼ではなく世界革命夢見たコスモポリタンだ。『謀叛の児 宮崎滔天の「世界革命」』の著者である加藤直樹さんが、AERAインタビューに答えた。<彼が目指したのは、あくまで「世界革命」である。生

    AERA

    5/26

  • 中国人が同胞観光客をカモに!日本で跋扈“闇ガイド”の実態

     今週、東京発の富士山日帰りバスツアーに参加した。20人の乗客は全員“中国語スピーカー”で、中国、台湾、香港、東南アジアなどからの観光客だ。定刻に走り出した観光バスで、ブレザーを着用した日本人の通訳案

    ダイヤモンド・オンライン

    2/27

  • 中国のVPN規制強化日系企業の不安広がる

     中国がまたインターネットサービスの取り締まりを強化するという。ネット規制はよくあることだが、今回は中国の日系企業や中国在住の日本人らの間に不安が広がっている。仮想プライベートネットワーク(VPN)サ

    週刊朝日

    2/2

この話題を考える

  • 中国の責任か? 鳥インフル蔓延で新型インフル“パンデミック”の現実味

     鳥インフルエンザが猛威を振るっている。ヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザ出現の危機が迫る。専門家が懸念する蔓延の元凶は、こんなところにあった。 1月23日、ジュネーブで開かれた世界保健機関(W

    AERA

    1/31

  • 生前退位表明の3週間前に天皇陛下が同級生に明かしたお気持ち

     昨年12月23日に83歳の誕生日を迎えられた天皇陛下。同年8月には生前退位のご意向を発表されたが、同級生の明石元紹さん(82)はその3週間前から、天皇陛下の気持ちを聞いていたという。*  *  *「

    週刊朝日

    1/9

  • トランプ大統領誕生で米試す中国 狙いは尖閣奪取か?

     中国、トランプ、北朝鮮、日本を取り巻く環境がきな臭くなっている。専守防衛に徹し、海外に展開できる装備は持たない自衛隊。安保法とトランプ大統領の誕生で、どう変わろうとしているのか。AERA 12月12

    AERA

    12/7

  • 緊張続く尖閣周辺 尖閣専従班600人体制、海上保安庁の消耗戦

     尖閣諸島で繰り返される中国の領海侵入。現場で体を張るのは、海上保安庁の専従班。すさまじい勢いで海洋警察の組織強化を進める中国に対し、緊張が高まる。「貴船は我が国の領海に侵入している。日本領海内の無害

    AERA

    11/22

  • 「震災時の日本人に好感」「軍事紛争起こる」…日中共同世論調査を読む

     特定非営利活動法人「言論NPO」などが、2005年以降毎年実施している日中共同世論調査の16年の調査結果が9月23日、発表された。データを基に日中関係の今を読み解く。「身長2メートルの小学生」 上海

    AERA

    9/30

  • 尖閣諸島周辺に中国公船が集結 領土問題の再燃抑えるには

     尖閣諸島周辺での中国船の動きが活発化し、日本政府は警戒を強めている。今月23、24日の日中韓外相会談や、9月初旬の主要20カ国・地域(G20)首脳会議への影響も懸念されている。領土問題の再燃を抑える

    AERA

    8/23

3 4 5 6 7

カテゴリから探す