「ペット」に関する記事一覧

愛猫の最期のわがままは「もっと撫でて」 突然の別れに“泣けなかった”51歳女性に今こみ上げる思い

愛猫の最期のわがままは「もっと撫でて」 突然の別れに“泣けなかった”51歳女性に今こみ上げる思い

 飼い主さんの目線で猫のストーリーを紡ぐ新連載「猫をたずねて三千里」。今回、お話を聞かせてくれたのは滋賀県在住の主婦、忍さん(51)。結婚以来、保護猫や保護犬を続けて飼ってきました。9年前の冬、猫エイ

dot.

11/6

  • 水野マルコ

    水野マルコ

    「産まれる!」15歳の女子中学生が立ち会った保護猫の初出産 大切なことは猫が教えてくれた

     飼い主さんの目線で猫のストーリーを紡ぐ新連載「猫をたずねて三千里」。今回、お話を聞かせてくれたのは東京都在住の女子中学生たくみさん(15)。両親が保護した野良猫のお腹に思いがけず赤ちゃんが宿っていて

    dot.

    10/23

  • 水野マルコ

    水野マルコ

    涙が涸れたころにやってきたシャイな黒猫「神様が届けてくれたのかな」つらい日々を癒やす

     飼い主さんの目線で猫のストーリーを紡ぐ新連載「猫をたずねて三千里」。じんわり心が温まるストーリーを毎回、お届けします。今回は、大阪府在住の主婦の美子さん(67)。結婚してから10匹近い猫や犬と暮らし

    dot.

    10/9

  • 新型コロナ、動物から人間へ唯一の感染例はミンクだった! 猫同士は広まりやすい 犬は?

     コロナ禍で、気になるのがペットの扱い。昨年の春から動物の感染例の報告などさまざまなニュースが飛び交ってきたが、飼い主はいま何に気つけるべきなのか。エビデンスを基に、獣医師で日本橋動物病院(東京都中央

    dot.

    9/6

  • 「ペットに日本語は通じているの?」僧侶・塩田妙玄がペットロスに苦しむ飼い主の質問に答えた

     高野山真言宗僧侶の塩田妙玄さんは、普段のお勤めのかたわら、ペットの供養、飼い主のペットロスの相談や、犬猫の動物保護施設でボランティア活動も行っている。 そんな多忙な毎日を過ごす中で、犬や猫の気持ちや

    dot.

    7/31

  • 第1416回  夫のありがたみがわかった金と私

     突然夫が入院することになりました。2階の夫の部屋で暮らしている猫が、夫がいなくなったショックで、翌日から餌を食べなくなりました。猫の名前は金(写真、雄、16歳)、名づけ親は私です。 いろいろ試みまし

    週刊朝日

    3/25

  • 第1415回 アンの体臭に慣らされた私

     帰宅して玄関のドアを開けると、アンは身を丸めるようにして喜び勇んで飛んでくる。そして全身全霊でうれしさを示す。 彼女はつぶれたペチャンコ顔に大きな目とピンと張った耳が特徴の、10歳になるフレンチブル

    週刊朝日

    3/15

この人と一緒に考える

  • 第1414回 コロナ禍の癒やし猫、ルイ

     2年前の冬、母と娘が「ちょっとペットショップ見てくる」といつもの散歩のように出かけていき、ベンガル種の雄の子猫を連れて帰ってきた。「可愛いでしょ!」と、喜んでいる娘と満足そうな両親の笑顔に、とても「

    週刊朝日

    3/11

  • 第1413回 抱っこ犬からカート犬へ

     その昔、コジロー(写真、雄)は抱っこ犬でした。散歩の終わりが近づくと動かなくなり、ひたすら上を見上げて「抱っこして」の合図です。 コジローが歩いているのを見た近所の方に、「珍しいわね。今日は抱っこじ

    週刊朝日

    3/4

  • 第1412回 間一髪で助かったモモ

     わが家では、猫を複数飼っています。そのほとんどが捨て猫であったり野良だったりした猫で、見つけた場所も状況もそれぞれ異なります。 モモは白黒でハチ割れの猫(写真、雌、2歳)で、用水路の中で見つけて、保

    週刊朝日

    2/25

  • 第1411回 流れに流れ、今は幸せ太りのティーダ

     ハーイ! ティーダ(写真、雌、10歳ぐらい)です。沖縄方言で太陽という意味なのよ。 はじめは東京で飼われていたんだけど、飼い主に子供ができてからは、毛が子供によくないとかで、沖縄の母親のところに送ら

    週刊朝日

    2/18

  • 「ペットのための信託契約」が人気 飼い主亡き後“うちの子”を託す!

     高齢の飼い主にとって心配なのが、自分の万が一のときにペットはどうなるのか。施設入居や体力の衰えなどで、飼い続けることが難しくなる場合もある。そうしたリスクへの備えとして、いま話題なのが、飼育資金を確

    週刊朝日

    2/16

  • 「飼いたい」が一転「引き取ってほしい」 再び犬猫に“暗い影”

    「また昨年のようなことが起きないか……」。2度目の緊急事態宣言が発出され、そう案じるのは東京でペットの保護に努めるNPO法人「ティアハイム・コクア」の山田直美代表だ。昨年は

    週刊朝日

    2/15

この話題を考える

  • 第1410回 三つのハートマークを持つ「ちび太」

     わが家には、野良猫上がりの「ちび太」(写真、雄、4歳)という飼い猫がいます。 顔を少し傾けるかわいいしぐさと人懐っこい性格で、庭に来ていたときに餌付けすると、警戒心なく家の中へ入ってくるようになりま

    週刊朝日

    2/11

  • 第1409回 王子様的存在の「らん丸」

     子供の頃から犬や猫、小鳥に金魚などペットに囲まれていた私。結婚してからも犬を飼いたいと思っていたが、正社員で働く私に犬の世話は無理だろうと諦めていた。 しかし、仕事をやめ専業主婦に。年齢的にも「今し

    週刊朝日

    2/4

  • 第1408回「にゃんこ」の歴史は母の歴史

     石垣島からやってきた、その名も「にゃんこ」(写真、雌)。石垣島の友人が飼えなくなり私が譲り受けたが、私も出産後飼えなくなってしまった。 代わりに近所で一人暮らしをしている母が引き取ってくれて早10年

    週刊朝日

    1/28

  • 第1407回 お風呂も車も好きになったビーン

     20年近く私たち夫婦と暮らしてきたマルチーズの小太郎くんが天国にいってから、もう何も飼わないと心に決めていました。 それから10年。13年前、主人に譲渡会に行ってみよう!と誘われ、何カ所かの譲渡会に

    週刊朝日

    1/21

  • 第1406回 健康第一の「ふく」

     6年前の4月、私はネットで近隣のペットショップの猫の画像を食い入るように見つめていました。1カ月前に愛猫の雄のスコティッシュフォールド「まる」を突然亡くし、まるにそっくりな同じ種類の子猫を探していた

    週刊朝日

    1/14

  • そもそも犬の「値段」はどうやって決まるの? 3つのルートとは

     SNSや動画サイトの人気を追い風に、近年続く犬猫ブーム。市場において、価格は需要と供給で決まるが、そもそも犬や猫はどのように取り引きされているのだろうか? 10年以上の膨大な取材をもとに太田匡彦氏が

    dot.

    2/5

1 2

カテゴリから探す