「ヘルス」に関する記事一覧

  • 子宮頸がんワクチン8年ぶり接種勧奨が再開 日本の女性の接種率は1%未満の遅れを懸念

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「HPVワクチン接種勧奨を正式に再開」について、NPO法人医

    dot.

    11/17

  • 第6波到来は変異次第 英国でじわり増、デルタ株から派生の亜型「AY.4.2」とは

     新しい変異が次々に生まれている。第6波が到来するかどうかは、感染性などが増すウイルスの変異が出現する可能性と、ワクチン接種や感染予防といったヒトの対策とのせめぎあいで決まる。 AERA 2021年1

    AERA

    11/16

  • 白内障の「早期」で手術を受ける人も 背景に眼鏡が不要になる「眼内レンズ」の進化

     欧米を中心に白内障の早期で手術を受ける人が増えつつある。眼内レンズの進化で、眼鏡不要の可能性が広がっているからだという。AERA 2021年11月15日号は、眼科医に最新事情を聞いた。*  *  *

    AERA

    11/15

  • 視力低下を防ぐスマホやPCの使い方も 眼科医も実践「目を守る八つの習慣」

     スマホやゲームなど近視になりやすい状況が増えているいま、少しでも視力を維持したいところ。AERA 2021年11月15日号は、眼科医が実践する対策を聞いた。*  *  * 仕事柄目を酷使する二本松眼

    AERA

    11/13

  • 休日に平日よりも2時間以上多く眠る人は慢性的な睡眠不足 「よい睡眠」のとり方を医師が解説

     秋の夜長、ぐっすり眠れていますか? 健康な体づくりによい睡眠は欠かせません。不眠の人は、十分に睡眠をとっている人に比べ高血圧の発症リスクは約2倍、糖尿病は約2~3倍という研究データも。睡眠のメカニズ

    セルフドクター

    11/13

  • 「自宅で最期を迎えたい」をかなえるために家族ができることは? 在宅医療の始め方

     国民の6割の人が「病院ではなく自宅で最期を迎えたい」と希望しているというデータがありますが、現状、7割の人は医療機関で亡くなっています。自宅で最期を迎えるためには、医師が訪問診療をしてくれる「在宅医

    dot.

    11/12

この人と一緒に考える

  • 患者数120万人の「心不全」、重症化を防ぐには? 進行を抑える最新治療も登場

     心不全の患者数は年々増加の一途をたどり、2005年には98万人だったのが、20年には120万人。30年には130万人以上になるといわれる。心不全は、急性増悪という症状の悪化を繰り返すと、ついには薬物

    dot.

    11/12

  • コロナ禍で増える「近視」に潜む危険 見えづらいだけじゃない失明リスクも

     大人も子どもデジタルデバイスを長時間使う機会が増えているいま、近視人口の増加が懸念されている。近視は単に遠くが見えづらいだけではないリスクを抱えている。AERA 2021年11月15日号で、眼科医が

    AERA

    11/12

  • 要介護でも食べる機能が向上する「訪問歯科治療」とは? 誤嚥性肺炎の予防にも有効

     歯科医師が患者の自宅に来て診療してくれる「訪問歯科」をご存じでしょうか。介護が必要になったとき、口腔ケアはおろそかにされがちですが、高齢者は入れ歯をしていることが多く、口腔内の不衛生から全身の健康に

    dot.

    11/11

  • ドライアイは涙不足だけでなく「油分不足」も原因 マスクから漏れる息でも乾燥を促す

     コロナ禍で目のトラブルが急増している。ステイホームでスマホやパソコンを使う時間が長くなり、ドライアイの悪化する人が増えている。ドライアイとうつ症状悪化の研究結果もある。ドライアイは放置せず、原因や対

    AERA

    11/10

  • 「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

     30年にわたって1万人近くの患者を診てきたという「松本診療所(ものわすれクリニック)」院長の松本一生さんは、「認知症は診断を受けた途端に絶望する病ではない」と話す。「日頃からもし自分が認知症と長期に

    週刊朝日

    11/9

  • 認知症の発症20年前に早期発見へ 進行を抑える「新薬」にも注目

     あの芸能人の名前が出てこない……。年を取るとよくあることだが、認知症では、と不安にもなる。ならば、まずはどんな病気なのか知っておきたい。今は早期発見のための検査や治療薬、

    週刊朝日

    11/8

この話題を考える

  • 健康マニア・草野仁、記憶に不安を感じたら…「円周率の120桁読み上げ」

     キャスターの草野仁さんは77歳。健康番組の司会をしたり、ストイックな筋トレで割れた腹筋を披露したりとかなりの健康マニア。そんな草野さんも、テレビに出てくる芸能人の名前が出てこないときがあるという。「

    週刊朝日

    11/8

  • 帯津良一

    帯津良一

    帯津医師も「信じられない」ヒーリング効果 ロンドンからパワー注入!

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を

    週刊朝日

    11/8

  • 入退院を繰り返しながら死に至る「心不全」 医師が語る重症化を防ぐ最新治療とは?

     超高齢社会において急激に患者数が増えている心不全。重症化すれば命に関わる。実際の治療ではどのようなことがおこなわれるのか、専門の診療部門として、心不全を標榜している医師に、治療法と治療の流れについて

    dot.

    11/6

  • “チック症”を真似た動画の流行に注意 コロナ禍以降、若い女性や少女に症状が出る事例が急増

     少女には少ないはずの神経障害「チック症」が欧米各国で急増している。原因はTikTokとの説があり、問題視した米議会が、動き始めた。AERA2021年11月8日号の記事を紹介する。*  *  * 長い

    AERA

    11/6

  • 医師が自宅に来て診療してくれる「在宅医療」はお金がかかる? 実際の費用を医師に聞く

     医師が自宅に来て診療してくれる「在宅医療」。コロナで、病院に入院するよりも在宅医療を希望する患者が増えているといいますが、気になるのはその費用。富裕層向けの医療とのイメージもあるようですが、そうでは

    dot.

    11/4

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    新型コロナワクチン3回目接種 また世界から出遅れてしまうのか? 女医の懸念 

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型コロナワクチン3回目接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究

    dot.

    11/3

2 3 4 5 6

カテゴリから探す