「ヘルス」に関する記事一覧

登山で頑張りすぎて突然死 中高年は心筋梗塞・脳出血の「心臓・血管系の病気」に注意【医師が解説】

登山で頑張りすぎて突然死 中高年は心筋梗塞・脳出血の「心臓・血管系の病気」に注意【医師が解説】

 健康志向が高まる中で、多くの中高年が登山を楽しんでいる。一方、登山中の事故や病気で救助を要請するケースは後を絶たず、中高年は命を落とすリスクが高いことがわかっている。死亡につながるトラブルから身を守

dot.

1時間前

  • 医師は増えても外科医だけは0・98倍と減少「余裕がない状態」 働き方改革への外科医たちの期待と不安

     高齢化による患者数の増加もあり各地で外科医不足が問題となる中、医師の働き方改革が進められている。今年、日本胸部外科学会が発表した内容によれば、外科手術の件数は増加傾向にある一方で、外科医の数は増えて

    dot.

    1時間前

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    ツインデミックの懸念 「インフルと4回目コロナワクチンは、それぞれいつごろ接種がいい?」

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「今年の冬のインフルエンザの流行」について、NPO法人医療ガ

    dot.

    10/5

  • 「まさか梅毒によるものとは」頭痛や脱毛、症状多彩 自己診断は危険「医師でも見逃しがち」

     性感染症の一つである梅毒。現在感染者数が急増しており、2022年感染者数(9月11日まで)が全国で8456人に達し、すでに過去最多を更新している。その背景に「典型的な症状ばかりではないため、医師でも

    dot.

    10/2

  • 急増の「梅毒」 なぜコロナ禍で感染者数が過去最多に?専門医が指摘する三つの理由

     性感染症である梅毒の2022年の感染者が9月11日時点で、統計を取り始めた1999年以降最多となった。コロナ禍であるのに、なぜなのか。現在の状況や考えられる理由、危険性などについて、日本性感染症学会

    dot.

    10/2

  • プリン体オフビールは「少しマシ」程度 30代にも拡大する「痛風」の原因と予防法

     足の親指の付け根などに激痛をもたらす痛風。その患者数は年々増加しているという。血液中の尿酸値が高いのが主な原因。放置すると重篤な合併症を患う可能性もある手ごわい病気だ。発症の原因と、尿酸値を下げる方

    週刊朝日

    9/30

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    皮膚の検査で内臓の病気を診断? 皮膚科に依頼が来る四つの病気【医師が解説】

    内臓の病気が原因で皮膚に症状が出ることがあり、そういった病気が疑われる場合、皮膚科に他の診療科から検査の依頼が来ることがあるといいます。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が、内臓の病気な

    dot.

    9/30

この人と一緒に考える

  • 「あすけんの女」を泣かせるユーザーが続出 会員数750万人超“ダイエットアプリ”人気の理由

     会員数750万人を誇る食事管理アプリ「あすけん」。一日の終わりに食事内容についてアドバイスをくれる管理栄養士キャラクター「未来(みき)さん」、通称「あすけんの女」の泣き顔がSNSで話題だ。「今日もあ

    dot.

    9/27

  • 不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    月経のある女性ならば、誰もがかかる可能性のある子宮内膜症。良性の疾患ではあるが、発症すると閉経まで経過観察が必要になる。月経痛などの症状に加え、不妊の原因にもなるため、早期発見、継続的な治療が大切だ。

    dot.

    9/26

  • 計太

    計太

    「朝食抜き」「スマホの見すぎ」は太りやすい 早大院卒ダイエットコーチ教える生活改善のヒント

    「いつも一緒にランチをしているのに、どうしてあの人は太らないんだろう……」。生活リズムや食の好みが似ている職場の同僚やママ友と比べて、なぜか太りやすい自分に不満や疑問を感じ

    dot.

    9/25

  • 「男性の排尿トラブル」放置すると症状悪化も 4つのタイプ別の漢方養生法を専門家が紹介

     排尿のトラブルは多くの人が経験するものですが、男性の場合は前立腺の肥大が原因となっていることも少なくありません。気付かぬまま過ごすケースも多い病気ですが、放置すると症状の悪化を招いてしまう心配も。&

    dot.

    9/25

  • 強制的にやらされる脳トレで「うつ症状」に 家族が良かれと思う記憶力低下対策が逆効果

     現状の薬や治療法では、物忘れや認知症を完全に防ぐこと、治すことは難しい。しかし進行をゆるやかにする薬はあり、生活習慣の改善などによって、発症や進行を遅らせたり、防げたりする可能性がある。早期発見、対

    dot.

    9/22

  • 「老け顔」を防ぐ食生活とは?食事のとり方でも見た目は変えられる

     仕事において能力はもちろんのこと、やはり見た目も大事ですよね。肌ツヤがよければ清潔さにもつながりますし、自分の体を支える筋肉が少なくなれば疲れやすく、姿勢も悪くなりやすいため老けて見えるものです。若

    ダイヤモンド・オンライン

    9/21

この話題を考える

  • このまま自宅に住み続けていいの? 住み替えるなら「素敵な人」の近くで刺激し合うことが理想

    「高齢になっても、最後まで自分らしくアクティブに暮らしたい」。その思いを実現するためには、まず自宅・住環境を見直すこと、そしてリスクや不安が大きければ、思い切った住み替えが勧められます。好評発売中の週

    dot.

    9/21

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    ウイズコロナへ日本も進み出したのか? 緩和策で女医がモヤモヤした2つのこと

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ対策への疑問」について、NPO法人医療ガバナンス研究

    dot.

    9/21

  • 「もう何年も2階に上がっていない」自宅は高齢者には不便 転倒場所の6割が自宅というデータも

    加齢に伴う心身の変化によって、住み慣れたわが家にはリスクや不便さが増えてくるといいます。好評発売中の週刊朝日ムック『早めの住み替えを考える高齢者ホーム2023』では、最後まで安全で快適な生活を送るため

    dot.

    9/20

  • 拒食症・過食症「ほっとライン」相談から見えた治療中断の課題 6割が医療機関に受診経験あり

     摂食障害(拒食症・過食症)は10~30代の女性に多く、医療機関を受診する患者は年間約22万人。しかし未受診の潜在的な患者や予備群はその何倍もいると考えられている。 そこで国立国際

    dot.

    9/20

  • フランスにある「アルツハイマー村」見学してわかった、日本と大きく異なる「あえて介護しない」しくみ

    認知症の人が敷地内で自由に行きたいところに行き、暮らしたいように暮らすことができる――。2020年、フランスにそんな施設「ランド・アルツハイマー村」が開設された。新型コロナウイルスの影響でしばらく関係

    dot.

    9/19

  • 「お母さん、しっかりしてよ!」老親にイライラは酷 親子関係を見直すタイミングとは?

    自分が50代60代になって子どもたちが独立し、さあこれから自分たちらしい人生を、と考え始める時期は、自分の親の老いに直面し始める時期でもあります。いつまでも元気だと思っていた親がちょっとした失敗をし、

    dot.

    9/19

1 2 3 4 5

カテゴリから探す