「ヘルス」に関する記事一覧

目が見えにくい「まぶたが下がる」病気とは? 額のしわや疲れた表情、頭痛や肩こり発生も

目が見えにくい「まぶたが下がる」病気とは? 額のしわや疲れた表情、頭痛や肩こり発生も

「まぶたが重く、ものが見えにくい」など、まぶたが下がることで不快な症状に悩まされる「眼瞼下垂」(がんけんかすい)。高齢者を中心に幅広い年代にみられる病気だが、どのように治療するのだろうか。その治療方法

dot.

6/29

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    記録的な高温に「暑熱順化」できてない体にマスク、インフルエンザ流行…この夏の女医の懸念

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「記録的な高温の夏に気になること」について、NPO法人医療ガバナンス研

    dot.

    6/29

  • 若林健史

    若林健史

    歯科医の間でもザワついた「国民皆歯科健診」 政府が急に目指した理由は?

    政府が6月7日に発表した「経済財政運営と改革の基本方針2022 」、いわゆる「骨太の方針」に、「国民皆歯科健診の具体的な検討」の一文が明記されました。実現した場合、健診は義務化されるのか?すべて公費で

    dot.

    6/29

  • サル痘の「異常な広がり」と「濃厚接触」 WHO緊急事態宣言見送りの理由とは

     地球上から根絶された天然痘。それと似た症状の出る「サル痘ウイルス」の感染者が、春以降、世界各地で発生している。AERA2022年7月4日号の記事を紹介する。*  *  *世界保健機関(WHO)は6月

    AERA

    6/28

  • 中性脂肪「1050」でも危機感ない人も 健診数値の「危険度」を理解する大切さ

     健康診断を先延ばしにし、病気を指摘されても放置する──。そんな人こそ、健診の役割や数値の危険度を理解する必要がある。AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。*  *  * 健診結果に赤や

    AERA

    6/25

  • 20年以上のコンタクトレンズ使用で「まぶた」が下がるリスク8~17倍 腱膜の劣化が原因

    まぶたが重く、目を開きにくい。視界の上方が見えにくく、目が疲れやすい。額にシワが増えてきた……。いずれも、まぶたが下がる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」でみられる症状だという

    dot.

    6/24

  • 「動脈硬化」に関する数値変化に要注意 健診の先延ばしで自覚症状なく重症化も

    「少しやせてから」と健診を先延ばしにする──。心当たりのあるあなたへ、健診結果でチェックすべきポイントを教えます。AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。*  *  * 都内に住む会社員の

    AERA

    6/24

この人と一緒に考える

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    じんま疹やアトピー性皮膚炎がコロナワクチン接種後に発症、悪化 海外報告を医師が解説

    皮膚がかゆい病気で代表的なものにじんま疹とアトピー性皮膚炎があります。これらがコロナワクチン接種後に発症、もしくは悪化するという研究報告があります。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解

    dot.

    6/24

  • 小林麻央さん命日に考える 出産前後の乳がんは見つけにくい? 専門医に聞いた答えは

    小林麻央さんが乳がんで亡くなって5年。日本では年間約9万人が乳がんと診断され、女性の9人に1人が罹患していることになります。そのなかには、妊娠中や産後の授乳期に乳がんを発症している人もいます。出産前後

    dot.

    6/22

  • 「腎臓リハビリで筋力維持を!」と専門医 足腰が弱って人工透析に通えなくなる患者が増加

    歩くのが遅く、横断歩道を青信号の間に渡り切れない。ペットボトルのふたを開けるのが大変……。筋肉量が減ってこのような状態になるのが「サルコペニア(筋肉量が減少し、筋力や身体機

    dot.

    6/22

  • アーモンドミルクは栄養満点! おいしく続けられる「健康生活の目玉」

     最近、スーパーでアーモンドミルクをよく見かけるようになった。アーモンド入り牛乳と勘違いしている人もいるようだが、原料は水とアーモンドの植物性飲料。牛乳と豆乳に続く“第3のミルク&rdqu

    週刊朝日

    6/21

  • 若林健史

    若林健史

    歯みがきを強くやり過ぎて「歯ぐき」が下がった!どうしたらいい? 歯科医の答えは

    「むし歯や歯周病には絶対になりたくない」と、頑張って一日に何度も歯みがきを励行している人はいるでしょう。しかし、中には「歯みがきを強くやりすぎて、歯ぐきが下がったようだ」と悩む声を聞きます。こうしたこ

    dot.

    6/20

  • 慢性便秘は「セルフケア」で治すのが困難! 処方薬なら副作用のリスクを大きく減らせる

    「腸を整える」と書かれた食品やサプリメントはいろいろ売られていて、下剤は薬局で簡単に買うことができます。だから「自力で治せばいい」と考えがちですが、原因によってはセルフケアが難しく、下剤の副作用で重症

    dot.

    6/20

この話題を考える

  • 頭痛に悩む女性が多いのはホルモンが原因! 頭痛のタイプ別予防法を専門医が紹介

     梅雨シーズンは、頭痛持ちには悩ましい時期。さらに女性の場合は、頭痛を招きやすいその他の要因が重なってきます。頭痛は起きる前に予防をしたり、起き始めに適切なケアをしたりすることが大切。自分の

    セルフドクター

    6/17

  • こんな検査や薬はいらない! 鎌田實医師「安易に抗生物質を使いすぎ」と警鐘も

     高齢になると、医療の検査や治療をどの程度受ければいいのか悩ましい。検査は痛みや合併症などを伴うリスクもあるからだ。病気が見つかって薬の服用で生活の質を落とすことも。「賢い選択」を聞いた。*  *  

    週刊朝日

    6/16

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    舌のピリピリする痛みと味覚異常と倦怠感「コロナ感染?」 検査してわかったこととは

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「味覚異常と倦怠感で検査してわかったこと」について、NPO法人医療ガバ

    dot.

    6/15

  • 【医師が教える】「血液型診断」の大誤解と要注意「ブラハラ」とは?

    「血液型は何型ですか?」。何気なくしてしまいがちな質問だが、そもそも自分の血液型を知っていることの意味はない。むしろ他人にむやみに明かすべきものではない……といえば、驚く人

    ダイヤモンド・オンライン

    6/14

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    医学部「産科枠」入試で産科医不足は解消できる? 入学時に診療科を決めるメリット・デメリット

    地域の医師不足を解消するため、大学医学部入試には「地域枠」があり、卒業後は指定の地域で何年間か働くことが条件になります。一方、診療科によって医師が不足していることも問題視されており、その解決策として入

    dot.

    6/10

  • 長生きした歴史上の人物は? 健康オタクの徳川吉宗、腸活の葛飾北斎

     歴史に名を残すような業績を上げ、長生きした人物は、どんな生活を送っていたのだろうか。社会は今よりも不安定で、医療の水準も低かった。そんな“ご長寿歴史人”の健康の秘訣(ひけつ)

    週刊朝日

    6/9

1 2 3 4 5

カテゴリから探す