「ヘルス」に関する記事一覧

元おニャン子・新田恵利さん 母親の介護を支えた夫の気づき 助言より「黙って聞く」

元おニャン子・新田恵利さん 母親の介護を支えた夫の気づき 助言より「黙って聞く」

 親の介護をするとき、夫婦はどんな形が望ましいのか。自身の母親の介護を6年半続けたタレントの新田恵利さん(53)は、介護中の悩みや怒り、つらさ、悲しみなどを乗り越えられたのは、「夫の存在が大きかった」

週刊朝日

15時間前

  • ドレスで旅立った母 新田恵利が在宅介護で6年半、頑張れた理由

     6年半もの間、母親を在宅で介護したタレントの新田恵利さん。介護中のエピソードや、頑張ることができた理由を明かす。*  *  * 今年3月に母(享年92)を見送りました。腰椎(ようつい)の圧迫骨折がき

    週刊朝日

    15時間前

  • 「卵黄」と「全卵」どちらが先か 子どもの卵の食べさせ方は「早期に微量」と医師

     子どもの食物アレルギーは、親にとっては身近で切実なテーマだが、診断は難しい。卵などのアレルゲンは早めに食べさせた方がアレルギーの発症が少ないという。AERA 2021年10月18日号は「アレルギーの

    AERA

    16時間前

  • なぜサーファーに「納豆アレルギー」が多いのか? クラゲの成分との意外な関係性

     クラゲに刺されると納豆が食べられなくなる可能性がある──。アレルギーの原因となる物質が、意外な形で連鎖していることがあるからだ。AERA 2021年10月18日号で、医師が解説する。*  *  * 

    AERA

    19時間前

  • じんましんのほとんどは原因不明 抗ヒスタミン薬に替わる治療薬とは?

     アレルギー症状は、明確に原因がわかるものから、わかりにくいものまでさまざまな種類がある。中でも厄介なのは、「じんましん」だという。AERA 2021年10月18日号は、アレルギーの症状例や最新の治療

    AERA

    10/16

  • 胃酸が逆流して胸焼けを起こす人が増加 粘膜が炎症を繰り返すと「がん」になる恐れも

     胃酸が胃から食道に逆流し、胸焼けなどの不快な症状を起こす胃食道逆流症は、近年患者数が増加している。症状がひどくなると生活に支障が出たり、炎症部分にがんが発症したりすることもあるため、早めの治療が大切

    dot.

    10/15

  • 花粉でトマトやバナナがNG、運動前のプロテインでじんましん…意外な大人のアレルギー

     食物アレルギーといえば、子どもの頃の発症をイメージしがちだが、大人になってから思わぬ食物アレルギーに悩まされる人もいる。大人の場合は、何に気を付ければいいのか、どんな治療法があるのか、専門家に聞いた

    AERA

    10/15

この人と一緒に考える

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    爪の変色で考えられる病気は? 白く濁る、緑色、黄色、黒色の線…皮膚科医が解説

     手足の指の先にある爪。この爪にも病気が発生することがあります。爪に黒色の線がある場合、悪性黒色腫というがんの可能性があります。爪の症状から考えられる病気について、近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の

    dot.

    10/15

  • ホントに「グルテンアレルギー」? 専門医も警鐘、誤解だらけの“遅延型アレルギー検査”

     エビ・カニ、小麦──。なにがしかの食物アレルギーに、心当たりがある現代人は多いはずだ。けれど、その検査法を正しく理解しているだろうか? AERA 2021年10月18日号から。*  *  * 外食が

    AERA

    10/14

  • 中高生のワクチン接種、副反応は? 10代接種が進む福島・相馬市のデータを渋谷健司医師が解説

     国内での新型コロナワクチンの接種が進み、12歳以上の小、中、高校生への接種も本格的に始まっている。保護者の中には主に副反応への心配から接種に慎重な声もあり、AERA dot.とYahoo!ニュースが

    dot.

    10/12

  • 帯津良一

    帯津良一

    「卵巣そのものが一個の“天体”」 解剖学者が語った人体の小宇宙

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を

    週刊朝日

    10/11

  • 脳の老化防止や心のケアにつながる「手のひらマッサージ」の方法とは?

     優しいタッチで触れることで心をケアし、体調改善、脳の老化防止にもなる手のひらマッサージ「ハンドケア」。大切な誰かのため、自分自身のために実践してみませんか? 一般社団法人日本ハンドケア協会理事長の池

    セルフドクター

    10/10

  • 教育プログラム「勇者の旅」で子どもが不安の対処法を学ぶ 100校以上の小中学校が導入

     日々の暮らしの中でおとなだけでなく子どもたちもさまざまな不安を感じている。そんな不安と上手につきあっていけるように、うつ病や不安症などの治療に使われる「認知行動療法」を小・中学校の教育現場に導入する

    dot.

    10/10

この人と一緒に考える

  • 「おとなしい良い子」は不安を感じやすい? 学校現場に広がる「子どもの不安」軽減プログラム

     日常生活で過剰なストレスを感じ、不安を抱える子どもが増えている。「勇者の旅」という不安軽減のための学校教育プログラムを考案した千葉大学子どものこころの発達教育研究センター特任講師の浦尾悠子さんに、子

    dot.

    10/10

  • 12歳からのコロナワクチン接種、親たちの不安に専門医の回答は? 保護者2000人アンケート

     国内での新型コロナワクチン接種完了者は全国で60%を超え、幅広い世代へのワクチン接種が進んでいる。ファイザー、モデルナ製ワクチンでは12歳以上が接種対象となっているが、「子どもの副反応は大丈夫か」「

    dot.

    10/8

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    インフルエンザ予防接種開始 打つか、打たないか、今年の流行の兆しは?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「今年のインフルエンザ予防接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究

    dot.

    10/6

  • 窪田正孝さんが放射線技師を演じるドラマ「ラジエーションハウスII」 監修医師案のありえない設定とは?

     2021年10月スタートの「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)は放射線科を舞台にした人間ドラマだ。窪田正孝さんが天才放射線技師を、本田翼さんが放射線科医を演じる。1

    dot.

    10/4

  • 眠っている間に呼吸が止まる! 肥満や生活習慣病を予防する以外の治療法を医師が解説

     睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に呼吸が止まることをくり返す病気だ。潜在患者数は400万~500万人。この病気の怖さは眠気やいびきだけでなく、高血圧や心臓病など、さまざまな病気につなが

    dot.

    10/4

  • 人工透析を受けられず生命の危機に! 医師も慌てたコロナでベッド満床で入院できない事態

     コロナの第5波では、入院ができずに自宅療養となる患者があふれ、医療は逼迫した。こうした中、感染した人工透析患者がすぐに入院できないケースが多発した。透析患者はコロナにかかると重症化しやすい。一方で、

    dot.

    10/3

1 2 3 4 5

カテゴリから探す