「プロ野球」に関する記事一覧

  • 来季は“崖っぷち”の選手も 期待外れだった選手たち【ワーストナイン2022 セ・リーグ編】

     プロ野球の2022年シーズンが終了した。今季も期待を上回る活躍を見せた選手が多くいた一方で、不振に喘ぎ、開幕前に描いていた青写真とは大きく異なる苦しいシーズンを過ごした選手たちがいた。実績のある選手

    dot.

    11/10

  • 目立った“悪コスパ”助っ人 期待外れだった選手たち【ワーストナイン2022 パ・リーグ編】

     プロ野球の2022年シーズンが終了した。今季も期待を上回る活躍を見せた選手が多くいた一方で、不振に喘ぎ、開幕前に描いていた青写真とは大きく異なる苦しいシーズンを過ごした選手たちがいた。実績のある選手

    dot.

    11/10

  • 山口俊&金子千尋の獲得に手を挙げる球団は多い? 限界説も“意外”と高い2人の評価

     今季限りで所属球団を自由契約となった山口俊(前巨人)と金子千尋(前日本ハム)。 ともに現役続行を希望しているが獲得に動くチームは出てくるのだろうか。近年のパフォーマンスから限界説も囁かれているが現場

    dot.

    11/6

  • 今年の「戦力外」は回避したけど、来季は“崖っぷち”で迎える正念場の選手は

     日本シリーズも終了し、すっかりストーブリーグの季節となったプロ野球。戦力外の通告期間が1日に終了し、所属チームから戦力外となった選手は移籍先を探す時期でもある。一方でこのオフには何とか自由契約は逃れ

    dot.

    11/5

  • ヤクルトはリーグ連覇も“悔しい結末” 高津監督の「せっかく負けた」発言に感じた決意

     第3戦を除いてすべて3点差以内、うち5試合が2点差以内と、今年も接戦が続いた日本シリーズ。昨年と同じオリックスとの戦いに2勝4敗1分で敗れ、ライトスタンドのファンのもとへ挨拶に赴いたヤクルトの高臣吾

    dot.

    11/4

  • 巨人、FA選手の残留続出で“狭まる選択肢” 移籍市場に残る「狙いたい選手」たち

     日本シリーズも終わり、来季に向けての補強が気になるシーズンになってきた。しかし岩崎優(阪神)、西川龍馬(広島)、浅村栄斗(楽天)、中村奨吾(ロッテ)などFA権を行使すれば争奪戦になると見られていた選

    dot.

    11/4

この人と一緒に考える

  • 意外! 全くその球団いたイメージなし 一流選手が晩年にプレーした“最後の働き場所”

     FAやトレードの話題で賑わうシーズンオフ。働き盛りの選手が新天地でさらなる活躍を目指す一方で、チーム構想から外れたベテランがもうひと花咲かせようと、“最後の働き場所”を求める

    dot.

    10/29

  • 巨人、中日などに可能性秘めた“原石”  ドラフト下位&育成で「大化け」期待の選手たち

     10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議。どうしても1位指名の選手に注目が集まるが、過去を振り返っても低い順位でのプロ入りから球界を代表する選手になったケースは非常に多い。そこで今回は今年のドラフ

    dot.

    10/28

  • 【年俸で見る日本シリーズ】今年も「コスパ良」対決に! “高給取り”の貢献度には差も

     日本球界最高峰の決戦、日本シリーズが10月22日に開幕した。セ・リーグはヤクルト、パ・リーグはオリックスが、それぞれリーグ連覇からCSも勝ち抜き、2年連続で同じ顔合わせになった。6試合中5試合が1点

    dot.

    10/25

  • 巨人復活に向け“足りないもの” 大久保コーチに続き、“熱男”松田宣浩が必要な理由

     巨人復活への第一歩はチームの雰囲気を一新することから始まりそうだ。 今オフの動きを見てもチームを盛り上げられる人材が求められているようにも見える。“デーブ大久保”こと大久保博

    dot.

    10/23

  • 【2022ドラフト採点簿】パ・リーグはオリックスが最高点 最低評価で並んだ2チームとは

     3年連続でリモートという形で10月20日に開催された2022年のドラフト会議。目玉候補が不在という中で9球団が事前に1位指名を公表するという異例のドラフトとなったが、支配下選手が69人、育成選手が5

    dot.

    10/22

  • 【2022ドラフト採点簿】セ・リーグで「最高の指名」できたチームはどこだ!

     3年連続でリモートという形で10月20日に開催された2022年のドラフト会議。目玉候補が不在という中で9球団が事前に1位指名を公表するという異例のドラフトとなったが、支配下選手が69人、育成選手が5

    dot.

    10/21

この話題を考える

  • 2023年は稀に見る「超豊作年」に? 来年のドラフトには“上位候補”が溢れている

     今年のドラフトが本日開催されたが、来年のドラフト戦線も各カテゴリーで既に動き始めている。今回はそんな2023年を騒がせることになりそうな有力選手をいち早く紹介する。 まず高校生の投手ではセンバツ高校

    dot.

    10/20

  • なぜ広島カープにはチアガールがいない? 将来的に誕生する可能性はあるのか

     今やプロ野球には欠かせない存在となったチアガールだが、広島カープだけには存在しない。「きつねダンス」が社会現象を起こした日本ハムのファイターズガールなど、11球団には存在する中で異例な状況とも言える

    dot.

    10/16

  • 「戦力外」となった選手で“まだできる”のは誰だ! 他球団で再生期待できるのは

     10月20日にドラフト会議が迫ってきたが、入団する選手がいるということはそれだけ退団する選手もいるということであり、10月3日から7日にかけて各球団で来季の契約を結ばない選手が発表された。中にはドラ

    dot.

    10/15

  • つば九郎は「頭の回転が本当に速い」 人気の裏に隠された“天才的なエンターテイナー”ぶり

     クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージを前にした10月10日。神宮外苑に誕生した新たな“名所”がお披露目された。その名も「つば九郎ハウ巣」。セ・リーグを連覇したヤク

    dot.

    10/14

  • 巨人人気が下落、ドラフト候補は「基本どこでもOK」時代に それでも“不評”な球団も

     今季のプロ野球もレギュラーシーズンが終了し、現在は両リーグで日本シリーズ進出をかけたCSファイナルステージが行われている。一方、グラウンド外では各球団が続々と戦力外の選手を発表するなど来季へ向けた動

    dot.

    10/13

  • 阪神、中日の期待の星は大成できず 不発に終わった背番号「55」の大砲候補たち

    “村神様”ことヤクルト・村上宗隆が日本人選手では1964年に王貞治(巨人)が記録した55号を抜き、58年ぶりにシーズン最多の本塁打数を更新。自身の背番号である「55」をついに追

    dot.

    10/10

2 3 4 5 6

カテゴリから探す