「プロ野球」に関する記事一覧

  • 巨人、中日などに“大化け”期待の若手 外国人選手の「育成」は本格化するか

     プロ野球界のチーム強化として、中南米出身の若手を育てるというルートが本格化しつつある。 近年はメジャーリーグで実績のある外国人選手が多くNPBでプレーしているが苦戦も目立つ。これからは、&ldquo

    dot.

    12/29

  • 巨人・丸佳浩が笑顔で追いかけた物は? 思わぬ形で球場の主役となった「闖入者」たち

     2022年シーズンで演じられた珍プレーや珍ハプニングなどのB級ニュースを紹介するこの企画。今回は「グラウンドの闖入者編」と銘打ち、試合中や試合後にグラウンドに飛び込んできた“招かれざる闖

    dot.

    12/28

  • ソフトバンクが移籍市場で「1人勝ち」 プロ野球に“戦力均衡ルール”は必要なのか

     多くの動きがあった今年のストーブリーグ。その中で主役となったのはやはりソフトバンクだろう。フリーエージェント(以下FA)で嶺井博希(前DeNA)と近藤健介(前日本ハム)を獲得すると、外国人もガンケル

    dot.

    12/28

  • オリックス日本一、村上の56本、佐々木の完全試合…2022年プロ野球を振り返ってみた

     2022年も残すところあとわずか。プロ野球では、オリックスが26年ぶりの日本一、佐々木朗希の完全試合、村上宗隆が56本塁打&史上最年少で三冠王など、さまざまな偉業や記録が生まれた。22年のプロ野球を

    dot.

    12/28

  • オフに「効果的な補強」をした球団トップ3 来季へ向け最も戦力アップしたのは

     フリーエージェント(以下FA)宣言をした8人の去就も決まり、ストーブリーグもある程度落ち着いた印象を受ける。初めて開催された現役ドラフトの影響もあって例年と比べても動きが激しいオフとなったが、特に効

    dot.

    12/27

  • 脚力はNPB“最強クラス”も活躍できず 大成できなかった「スピードスター」たち

     今季のパ・リーグ盗塁王・高部瑛斗(ロッテ)や13試合連続盗塁の世界記録を持つ周東佑京(ソフトバンク)に代表されるように、近年は“スピードスター”と呼ばれる俊足選手の活躍が目立

    dot.

    12/24

この人と一緒に考える

  • オフに“大減俸”の選手も 今季コスパの「悪かった3人」&「良かった3人」【セ・リーグ編】

     多くの選手の契約更改も終わり、その査定に対してあらゆる声も聞かれるが、年俸が高くなればなるほど求められるハードルもまた高くなるのは当然だ。一方で前年まで実績のなかった低年俸の選手が驚きの飛躍を遂げる

    dot.

    12/23

  • “複数年契約組”は苦戦 今季コスパの「悪かった3人」&「良かった3人」【パ・リーグ編】

     多くの選手の契約更改も終わり、その査定に対してあらゆる声も聞かれるが、年俸が高くなればなるほど求められるハードルもまた高くなるのは当然だ。一方で前年まで実績のなかった低年俸の選手が驚きの飛躍を遂げる

    dot.

    12/23

  • 日本ハム新庄監督、中日立浪監督 “言い訳”できない就任2年目へ 来季へ向け感触は

     日本ハム・新庄剛志監督と、中日・立浪和義監督の就任2年目となる来シーズンの戦いに早くも注目が集まっている。 チームの成績的な低迷はもちろん、人気低下からの脱出に向けて昨年オフに2人に白羽の矢が立った

    dot.

    12/22

  • 阪神が逆に“断った”ケースも! 来日のプランがあった「超大物助っ人」たち

     実績のあるメジャーリーガーが新助っ人として来日することも珍しくなくなった昨今だが、過去には、日本球界入りが噂されながら、実現しなかった“超大物助っ人”も何人かいる。 その一人

    dot.

    12/17

  • 球界屈指の“人気指導者” 河田雄祐コーチの魅力とは 復帰のヤクルトは3連覇に追い風

     河田雄祐氏が1軍外野守備走塁コーチとして来季からヤクルトに復帰することが決まった。 広島のヘッド兼外野守備走塁コーチを今季限りで退任。球界屈指の有能コーチは2020年以来3年ぶりのヤクルト帰還となる

    dot.

    12/16

  • かつては「主力」も来季は正念場 キャリアの“踏ん張り時”に来ている4選手の現状

     セ・リーグでは村上宗隆(ヤクルト)、パ・リーグでは山本由伸(オリックス)が2年連続となるシーズンMVPを受賞した今年のプロ野球。若手の投手では佐々木朗希(ロッテ)、大勢(巨人)、野手では長岡秀樹(ヤ

    dot.

    12/16

この話題を考える

  • 「超逸材」も来日から早4年 SBスチュワートから未だ“収穫”なし、無駄な投資になる恐れも

     日本のプロ野球でブレイクするのか、それともメジャーリーグ(MLB)に移籍するまでの調整で終わってしまうのか。 来季ソフトバンクで5年目を迎える「超逸材」、カーター・スチュワートJr.が日本で&ldq

    dot.

    12/15

  • 中日、阪神のセカンドは“激戦化” 来季レギュラー争いが面白いチームのポジションは

     このオフのストーブリーグも後半戦に入った印象を受けるが、現役ドラフトがあったことで例年以上に移籍も多く、レギュラーが入れ替わる球団が出てくる可能性は高い。そこで少し気が早いが、来季に向けてレギュラー

    dot.

    12/15

  • プロ野球史に残る「大リストラ列伝」 “いきなりクビ”の主力は激怒、計24人が退団も

     今季6年ぶりにセ・リーグ最下位に沈んだ中日は、平田良介をはじめ、大量17人(育成も含む)に戦力外を通告。日本一を達成したオリックスも増井浩俊ら14人が戦力外通告を受けるなど、各球団で“リ

    dot.

    12/10

  • 東尾修

    東尾修

    6年ぶりのWBCにメジャーのスター選手も参加意向 東尾修「日本の進化がわかる」

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、来年3月に開かれるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に期待をかける。 11月25日にNPBアワーズが行われ、今年のプロ野球はほぼ日程が終

    週刊朝日

    12/10

  • 飛躍の予感漂わす投手がズラリ  来季ブレイク期待の若手トップ5【パ・リーグ編】

     近年、積極的に若手を抜擢する球団が増えている印象があるプロ野球。今年もルーキー以外の選手では水上由伸(西武)、高橋宏斗(中日)、高部瑛斗(ロッテ)、岡林勇希(中日)などが大きく成績を伸ばした。そこで

    dot.

    12/9

  • 巨人、阪神は先発ローテに“新顔”? 来季ブレイク期待の若手トップ5【セ・リーグ編】

     近年、積極的に若手を抜擢する球団が増えている印象があるプロ野球。今年もルーキー以外の選手では水上由伸(西武)、高橋宏斗(中日)、高部瑛斗(ロッテ)、岡林勇希(中日)などが大きく成績を伸ばした。そこで

    dot.

    12/9

1 2 3 4 5

カテゴリから探す