「ドラフト」に関する記事一覧

山田哲人、近本光司、濱口遥大…プロ入り後に大活躍した「外れ外れ1位」たち

山田哲人、近本光司、濱口遥大…プロ入り後に大活躍した「外れ外れ1位」たち

 ドラフト1位でプロ野球の世界に入った選手たちは、アマチュア球界でズバ抜けた輝きを放っていたアスリートばかりだ。ただ、全ての選手の注目度が高かったわけではなく、逆風からスタートした選手もいる。 巨人は

dot.

7/29

  • 大阪桐蔭4人衆はどうなる ドラフトで「1チームから3人以上指名」“総崩れ”の例は

     毎年多くの選手がドラフトで指名されてプロ入りを果たしているが、強豪チームとなると同じ年に複数の候補選手がいることも珍しくない。昨年も小園健太(DeNA1位)と松川虎生(ロッテ1位)が市和歌山から揃っ

    dot.

    7/14

  • ドラフト戦線に急浮上するのは? この夏に“大化け”の可能性秘めた高校生5人【投手編】

     沖縄、北海道、兵庫など高校野球の地方大会は既に開幕している地区もあるが、7月からはいよいよ全国で甲子園出場を目指す戦いが本格化することになる。ドラフト候補となる選手にとっては大きなアピールの場となる

    dot.

    6/28

  • プロ注目の大砲や大型遊撃手も! この夏に“大化け”の可能性秘めた高校生5人【野手編】

     沖縄、北海道、兵庫など高校野球の地方大会は既に開幕している地区もあるが、7月からはいよいよ全国で甲子園出場を目指す戦いが本格化することになる。ドラフト候補となる選手にとっては大きなアピールの場となる

    dot.

    6/28

  • 第100回夏の甲子園盛り上げた球児たち 根尾らとプロでも“共演”期待したいドラフト候補は

     ここ数年の夏の甲子園で最も盛り上がりを見せた大会となると、やはり2018年の第100回大会になるのではないだろうか。大阪桐蔭が史上初となる2度目の春夏連覇を達成し、“カナノウフィーバー&

    dot.

    6/24

  • 花咲徳栄は高校歴代最長 明治大は13年連続狙う ドラフト指名続くチーム、今年もプロ輩出なるか

     アマチュアチームを評価するうえで大会での結果はもちろんだが、もうひとつ大きな指標となるのはNPBへ多く選手を輩出したかという点が挙げられるだろう。昨年まで連続で指名を受けているチームは今年も継続する

    dot.

    6/16

  • “センバツ未出場組”にも多くの逸材 ドラフト上位候補に「大化け」期待の高校生たち

     大阪桐蔭の4年ぶり4度目の優勝で幕を閉じたセンバツ高校野球。ドラフト候補となると投手では川原嗣貴(大阪桐蔭)、山田陽翔(近江)、米田天翼(市和歌山)、越井颯一郎(木更津総合)、富田遼弥(鳴門)、野手

    dot.

    4/14

この人と一緒に考える

  • 中日・根尾らと“同級生”の大学生がついにプロへ 野手は豊作、ドラフトの目玉は誰だ

     選抜高校野球で4年ぶり4度目の優勝を果たした大阪桐蔭。前回優勝の2018年には2度目の春夏連覇を達成しており、根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)、柿木蓮(日本ハム)、横川凱(巨人)と4人もの選手がド

    dot.

    4/5

  • プロ野球ドラフト「素材型」上位指名のリスクは? 成功、失敗した選手の顔ぶれ

     ドラフト候補に関する情報が年々増えていることもあって、かつての森山良二(ONOフーヅ→1987年西武1位)のような驚きの1位指名はなかなか見られなくなったが、それでも事前にそれほど評判にな

    dot.

    2/23

  • 巨人投手は評価が急上昇…今年のルーキー“即戦力”はドラフト2位と3位に多い?

     毎年キャンプで高い注目を集めるのがドラフト1位指名で入団した選手たちだが、必ずしも1年目から一軍の戦力になる選手たちばかりではない。 特に今年は12人中半数の6人が高校生であり、大学生でも将来性とス

    dot.

    2/16

  • 【2022年ドラフト候補トップ10 野手編】六大学に“2人の逸材” 高校生の大砲にも注目

     今年もまだ明けたばかりだが、2022年のドラフト戦線は昨秋から動き出しており、明治神宮大会、都市対抗野球などでアピールを見せた有力候補も少なくなかった。あくまで現時点での評価ではあるが、そんな202

    dot.

    1/4

  • 【2022年ドラフト候補トップ10 投手編】最速156キロ右腕、“二刀流”で話題の選手も!

     今年もまだ明けたばかりだが、2022年のドラフト戦線は昨秋から動き出しており、明治神宮大会、都市対抗野球などでアピールを見せた有力候補も少なくなかった。あくまで現時点での評価ではあるが、そんな202

    dot.

    1/3

  • 来季ドラフトは高校生捕手が豊作? 明治神宮大会で“違い”見せた選手たち

     高校の部は大阪桐蔭、大学の部は中央学院大の優勝で幕を閉じた明治神宮野球大会。来年のドラフト候補にとっては最初の大きなアピールの場となったが、活躍の光った候補選手を中心に紹介したいと思う。今回は高校生

    dot.

    11/26

この話題を考える

  • 巨人がドラ1位で関西国際大・翁田をサプライズ指名「補強ポイントと合っているか」と疑問の声

      プロ野球ドラフト会議が10月11日に都内のホテルで行われ、即戦力左腕として注目された西日本工大・隅田知一郎は4球団競合の末に西武が交渉権を獲得。市和歌山商の高校№1右腕・小園健太はDeNAと阪神が

    dot.

    10/11

  • どこよりも早い「ドラフト2022」  “二刀流”可能な逸材も!超目玉は誰だ?

     10月11日に開催のプロ野球ドラフト会議。各球団のスカウト陣にとっては1年の総決算と言える日だが、来年に向けての戦いは水面下で既に始まっている。2022年のドラフトでは果たしてどんな選手が注目される

    dot.

    10/11

  • スカウト注目の素材がズラリ 明治神宮大会でアピールした逸材は誰だ?【大学編】

     学生野球の集大成ともいえる明治神宮大会・大学の部は、慶応大が19年ぶり4度目の優勝を果たした。そんな今大会で目立った来年のドラフト候補になりそうな、大学3年生の選手についてレポートする。 まず投手で

    dot.

    11/22

  • 中京大中京は“タレント豊富” 明治神宮大会で目立った「ドラフト候補」の逸材は?【高校編】

     来春の選抜の前哨戦ともいえる明治神宮大会高校の部は中京大中京(愛知)の初優勝で幕を閉じた。そんな今大会で目立った来年のドラフト候補になりそうな、高校2年生について今回はレポートする。 今大会に出場し

    dot.

    11/21

  • ヤクルトは投手力強化が最優先だが、“ネクスト山田”も狙う【ドラフト2019】

     浮上と低迷。近年のヤクルトを見ているとその繰り返しだ。決して弱小チームではない。能力の高い選手を獲得し、育成する力がないわけでも、勝利に導くことができる指揮官がいないわけでもない。しかし、いい時がな

    dot.

    10/11

  • オコエは“外れ1位”? 高校生No.1右腕・高橋は中日・阪神? ドラフト予想

     今年のドラフト会議で専門家が一番の注目株とみるのは、高橋純平(県岐阜商高)と小笠原慎之介(東海大相模高)の高校生2投手だ。 高橋は、最速152キロで「高校生ナンバーワン右腕」の評価を得ている。夏は左

    週刊朝日

    10/16

1 2

カテゴリから探す