「ドナルド・トランプ」に関する記事一覧

  • 米中間選挙を左右する? 反トランプを追い風に激増する女性候補たち

     11月の米中間選挙の予備選を勝った女性候補が、上下両院で過去最多を更新した。反トランプ作用を追い風に、本選をも左右する力にまで広がりを見せるのか。*  *  *「けたたましい2人の笑い声と私を犠牲に

    AERA

    10/8

  • トランプ大統領、中間選挙前に暴露本の衝撃再び “犯人探し”も

     米中間選挙を前に、「暴露本」の衝撃が再びトランプ政権を襲った。大統領は「フィクション」と一蹴しながらも、本の取材協力者を割り出そうとするなど、まるで“犯人探し”のような動きも

    AERA

    9/22

  • 米国のネットで拡散「Qアノン」現象 中間選挙は国内冷戦の様相

     中間選挙直前の米国で、社会分断が再び深刻だ。反トランプ派は大統領弾劾を視野に攻勢を強め、トランプ派は結束を固め徹底抗戦。まるで国内冷戦のようだ。*  *  * 政権発足当時からのど元に刺さったトゲと

    AERA

    9/22

  • 姜尚中

    姜尚中

    姜尚中、米朝関係は「トランプ大統領の決断がブレークスルーに」

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 歴史的な米朝首脳会談から3カ月。「非核化が先か」「朝鮮戦争の終

    AERA

    9/19

  • 古賀茂明

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍外交が完全破たん?プーチン、トランプと隙間風で頼みは大嫌いな習近平?」

     自民党総裁選挙期間をロシア・ウラジオストックで行われた東方経済フォーラム(9月11~13日)出席のための訪ロ日程と重ねたのは、安倍晋三総理にとっては、名案だったのかもしれない。 まず、総裁選における

    dot.

    9/17

  • ぐっちー

    ぐっちー

    ぐっちー「不支持30人引退…強まるトランプ大統領の基盤」

     経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します

    AERA

    9/9

この人と一緒に考える

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「イージス・アショアを正当化? 北の脅威煽るメディア」

     米国から購入することになった地上配備型迎撃ミサイルシステムについて、ジャーナリストの田原総一朗氏は、疑問を呈する。*  *  * 8月28日、ほとんどの新聞が2018年版防衛白書を紹介して&ldqu

    週刊朝日

    9/5

  • 「米国を私物化するな」トランプ“帝国”に募る国民の怒り

     トランプ米政権は自国優先主義を推し進め、世界各国で反米感情を引き起こしている。足もとの米国内でも、米国を私物化する暴走を許すまいという現政権を疑問視する動きが起こっている。 唯一、外交面で高評価の対

    AERA

    8/31

  • トランプが世界で暴走 リラ急落トルコの今は? 「自国優先主義」の弊害

     トランプ米政権の自国優先主義の影響が各地で深刻化している。「権力に酔った」大統領による「帝国」が、自国のみならず世界中で暴走を始めた。*  *  *「年末までに状況が好転しなければ、政府が移住に寛容

    AERA

    8/30

  • 浜矩子

    浜矩子

    浜矩子「日本の安倍政権とEU幹部たちがやっていることは、形を変えた報復合戦だ」

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 日本と欧州連合(EU)が経済連携協定(EPA)

    AERA

    7/26

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「トランプ暴走で安倍窮地 貿易戦争スルーの与野党」

     米国政府は予定通り、7月6日に中国に対して追加関税を発動した。ジャーナリストの田原総一朗氏は、この問題における日本の対応に苦言を呈する。*  *  * 米中の貿易戦争が勃発する危険性が高い。 きっか

    週刊朝日

    7/11

  • ぐっちー

    ぐっちー

    ぐっちー「トランプ大統領の関税強化は国民にとって増税」

     経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します

    AERA

    7/1

この人と一緒に考える

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「ええじゃないか、首脳会談」

     トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、非核化に向けた合意文書に署名した米朝首脳会談。作家・室井佑月氏は、首脳会談の成果を高く評価したうえでその意義を語る。*  * 

    週刊朝日

    6/28

  • ぐっちー

    ぐっちー

    ぐっちー「米朝首脳会談は世紀の会談ではなく“怪談ショー”」

     経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します

    AERA

    6/24

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「権力の私物化かしら?」

     米朝首脳会談後のトランプ大統領の発言、そして安倍首相の会見。作家・室井佑月氏は、首相の考えに疑問を呈する。*  *  *  6月6日、安倍首相は、米国大統領のトランプさんに会いに出かけた。12日の米

    週刊朝日

    6/21

  • 朝鮮戦争終結なるか? トランプ大統領の発言から読み解く半島の今後

     歴史的な米朝首脳会談から約1週間がたった。成功か、失敗か。いまだ評価が分かれるが、 そこは常識では計り知れないトランプ流。作戦は始まったばかりだ。*  *  * 一般常識や既成概念などにとらわれない

    AERA

    6/20

  • 米朝首脳会談が実現、安倍内閣に突きつけられた二つの課題とは

     シンガポールでの史上初の米朝首脳会談を経て、安倍内閣に突きつけられた課題は二つ。まずは拉致問題だ。 6月12日夕、安倍晋三首相が官邸の記者団の前に現れた。「日本にとって大切な拉致問題について、トラン

    AERA

    6/19

  • 米朝首脳会談 トランプ大統領がほしいモノ

     シンガポールで6月12日に開かれた史上初の米朝首脳会談で、最も目を引いたのは、トランプ大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のスキンシップだった。 「お会いできて光栄です。この場所に来られ

    AERA

    6/19

4 5 6 7 8

カテゴリから探す