「ドナルド・トランプ」に関する記事一覧

  • トランプ大統領が「弾劾裁判」でニクソン大統領と同じ道に?

     トランプ大統領は米国史上4人目の弾劾調査を受けた大統領として歴史に刻まれることになる。1868年のジョンソン大統領と1998年のクリントン大統領は下院で弾劾訴追されたが、上院で無罪となり、罷免は免れ

    週刊朝日

    11/1

  • トランプ氏、弾劾危機は「クーデター」 共和党内に亀裂も

     ロシアゲートをはじめ、数々の疑惑をかわしてきたトランプ大統領だが、ついに大統領罷免の可能性がある弾劾調査が始まった。AERA 2019年10月14日号に掲載された記事を紹介する。*  *  * 「こ

    AERA

    10/9

  • 日韓対立は回り回って米国の痛手? 「最悪の事態になる」との声も

     日ごとに増す日韓の緊張・対立関係。米政府は、この事態に警戒を強め、米メディアもその有り様を詳しく伝えている。その一方で、米国こそが、この流れの発端をつくったという指摘もある。AERA 2019年9月

    AERA

    9/10

  • 米軍は日本を守ってなどいない! 田岡俊次が在日米軍を詳細分析して分かった実態とは

     米軍は日本を守ってくれている。日本人の多くはそう信じて疑わないだろう。 だが実態は全く違う。在日米軍の分析で驚くべき事実が浮かび上がった。*  *  *「もし日本が攻撃されれば米国は私たちの命と財産

    AERA

    8/23

  • 米軍駐留経費負担の増額を求めるトランプへの対抗策は? 田岡俊次が緊急提言

     トランプ米大統領が日米安保体制に不公平を強調。すでに日本は多額の米軍駐留経費を負担しているにもかかわらず、在日米軍駐留経費の増額を要求する可能性も出てきた。日本側はどのような姿勢で同盟維持に向き合え

    AERA

    8/23

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「米国の庇護は“勘違い” 核保有含め防衛の議論が必要か」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、米国の「核の傘」はあてにならないとしたうえで、日本の防衛のあり方を問いかける。*  *  * 6月末に大阪で催された主要20カ国・地域(G20)首脳会議後の記者会見で

    週刊朝日

    8/7

この人と一緒に考える

  • 安倍首相、G20主役のはずが“蚊帳の外” 与党内で「オウンゴール」の声も

     参院選直前に開かれたG20で「外交の安倍」をアピールしようとした安倍首相。 だが主役の座は盟友のはずのトランプ大統領に奪われ、残ったのは「炎上」だけだ。*  *  * 昨日まで世界の主役だったはずの

    AERA

    7/11

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「G20直前トランプ“不公平”発言は対米追従迫る牽制だ」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、日米安保条約にまつわる日米の動きについて言及する。*  *  * 6月28、29日に大阪でG20が開催され、米中首脳会談、つまりトランプ大統領と習近平国家主席の会談に

    週刊朝日

    7/3

  • “親トランプ”安倍首相が「仲介」で中東に関わる危うさ

     緊張が続く米・イラン関係の仲介役として期待を集めた安倍首相。イランの最高指導者ハメネイ師とも会談したが、安倍首相のトランプ米大統領との親密さは、複雑な中東情勢において日本のリスクとなる。*  *  

    AERA

    6/27

  • G20サミットの大きな注目点は? 世界中のリーダーが大阪に集結

     世界からのリーダーがまもなく大阪に集結する。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説する、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』7月号では、6月28、29日に日本で初めて開幕さ

    AERA

    6/27

  • 田原総一朗

    田原総一朗

    田原総一朗「米中覇権占う会談 習近平がトランプに花を持たせる理由」

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、注目の米中首脳会談について自身の見方を明らかにする。*  *  * 6月28、29日に大阪でG20が開催されるが、世界中が米中首脳会談、つまりトランプ大統領と習近平国

    週刊朝日

    6/26

  • ぐっちー

    ぐっちー

    ぐっちー「トランプ接待を批判するのはビジネスに無知だから」

     経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します

    AERA

    6/23

この人と一緒に考える

  • 日本より深刻な米メディアへの不信感…信頼回復どうすれば?

     新聞通信調査会が2008年から毎年実施する「メディアに関する全国世論調査」によると、日本では新聞、テレビの信頼度は2016年に過去最低を記録したが、アメリカでのニュースメディアに対する不信感はもっと

    週刊朝日

    6/22

  • アメリカ国民が「トランプ疲れ」 大統領に無関心になった理由

    「令和」最初の国賓として、5月末に日本にやってきた米国のトランプ大統領夫妻。3泊4日の滞在でゴルフ、相撲観戦、首脳会談、宮中晩餐会など大歓迎を受けたが、対照的に本国では「トランプ疲れ」という言葉が流行

    週刊朝日

    6/21

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「ウィンウィンに含まれない」

     作家・室井佑月氏は、日米貿易交渉が日本にとって望ましくない結果になるのではないかと懸念する。*  *  * 安倍首相は5月27日午後のトランプ米大統領との共同記者会見で、「トランプ氏と日米ウィンウィ

    週刊朝日

    6/13

  • 安倍首相“おもてなし外交”に1兆円兵器大人買い 米メディアも批判

     濃厚な接待で米国の言いなり、と日本で批判が出ているトランプ米大統領の訪日。米メディアも訪日前から「おもてなし外交」を槍玉にあげていた。*  *  *「安倍首相ほどトランプ大統領を喜ばすのに腐心した国

    AERA

    6/5

  • 皇室に新風? 雅子さまの「今夜、お弾きになられたら」の大きな意味

     5月27日午前9時過ぎ、皇居・宮殿の南車寄せで天皇陛下(59)と並ぶ皇后雅子さま(55)は、アイボリーの三つボタンのスーツに同じ色の帽子、真珠のネックレスをされていた。陛下の左隣に立ち、トランプ大統

    AERA

    6/4

  • 雅子さまの皇室外交デビューで見えた“令和流の新しい皇室像”

     皇室入りの原点はここにあったと思わせる、堂々の外交デビューだった。 日本国という概念を超えて際立つキャリアとセンス。天皇陛下とつくっていく令和流の皇室像も見えてきた。*  *  * 晩餐会で陛下は、

    AERA

    6/4

1 2 3 4 5

カテゴリから探す