「ドナルド・トランプ」に関する記事一覧

浜矩子「トランプ氏の就任演説読み返し慄然 米国による民主主義の虐殺が深刻だ」

浜矩子「トランプ氏の就任演説読み返し慄然 米国による民主主義の虐殺が深刻だ」

 経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 第46代米国大統領就任の日が来る。ジョー・バイ

AERA

1/21

  • 米議事堂襲撃事件はトランプ氏が「支持者を利用」 ボルトン前大統領補佐官が緊急インタビューで語る事件の背景

     世界中が驚愕した米連邦議会議事堂襲撃事件。前大統領補佐官でトランプ大統領に反旗を翻したジョン・ボルトン氏に、事件の背景について聞いた。AERA 2021年1月25日号の記事を紹介する。*  *  *

    AERA

    1/20

  • 「トランプ氏の影響力はすでに下降」とボルトン前大統領補佐官 “タダの人”になったら刑事訴追の可能性も

     米国のみならず世界にも衝撃が走った米連邦議会議事堂襲撃事件。これを扇動したとしてトランプ氏は2度目の弾劾訴追を受けたが、この弾劾裁判による有罪確定は難しいようだ。AERA 2021年1月25日号では

    AERA

    1/20

  • “隠れトランプ”仲間探す合言葉は「中絶」「社会主義」 弾劾罷免されても「必ず甦る」と信じる親トランプ派

     1月6日、米国会議事堂にトランプ派の暴徒が乱入する襲撃事件が起きた。トランプ氏が扇動したと弾劾訴追されたが、それでも支持する人がいる。なぜか。AERA 2021年1月25日号では親トランプ、反トラン

    AERA

    1/20

  • 大統領選はバイデンが勝利へ トランプ派の不毛な徹底抗戦

     世界唯一の超大国が、一人の男の振る舞いで混迷の度を深めている。 米大統領選は、激戦州の一つであるペンシルベニア州で民主党のバイデン前副大統領の優勢が明らかになり、トランプ大統領の敗北が決定的となった

    週刊朝日

    11/11

  • トランプ米大統領を支持する木村太郎氏がネット民から称賛されるワケ

     共和党のドナルド・トランプ大統領(74)と民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)が大接戦を展開している米国の大統領選。連日コメンテーターとして多くのニュース、情報番組に出演し、発言が注目されてい

    週刊朝日

    11/7

  • 米大統領選コロナ対応でも「両極」 トランプとバイデン集会規模や感染拡大の認識に違い

     新型コロナウイルス感染の第3波最中の米大統領選。コロナは嘘かまことかを選ぶ様相も呈している。前代未聞の投開票日を迎え、米国はどこに進むのか。AERA 2020年11月9日号から。*  *  *「新型

    AERA

    11/3

この人と一緒に考える

  • 米大統領選、結果は「1カ月先」の可能性? トランプ敗北なら「不正」疑い再集計要請か

     世界が注目する米大統領選の結果だが、今年は開票に時間がかかりそうだ。背景には過去最多の郵便投票と再集計要請が関係している。AERA 2020年11月9日号の記事を紹介。※【米大統領選コロナ対応でも「

    AERA

    11/3

  • 武装した“民兵”が投票を監視? 大都市では銃による事件急増、州知事もテロの標的に…大混乱の米大統領選

     新型コロナウイルスが野火のごとく広がる中で迎える大統領選投開票日。武装した「民兵」が投票所を「監視」すると称し、市民の不安を煽っている。AERA 2020年11月2日号では、混乱の様相を呈する米大統

    AERA

    10/29

  • トランプ大統領が逆転勝利する「最後のサプライズ」シナリオ

     世界の行方を左右する米大統領選(11月3日投開票)が最終盤に入った。世論調査ではトランプ大統領が劣勢だが、バイデン氏が勝利確実かというと、そうでもない。上智大学の前嶋和弘教授(米国政治)は言う。「野

    週刊朝日

    10/28

  • コロナ感染拡大だけでない 米大統領選の開票日に前代未聞の「不確定要素」三つ

     米大統領選まであと2週間。トランプ大統領は新型コロナから回復したが、この選挙には大問題がいくつもある。果たして民主的な選挙結果は得られるのか。AERA 2020年10月26日号から。*  *  * 

    AERA

    10/25

  • トランプ氏を抑えバイデン氏が支持率リード 世論調査は4年前の経験踏まえ精度アップ

     11月の米大統領選挙が近づく中、発表された世論調査機関の支持率平均は10月13日現在、バイデン氏がリード。だが2016年の選挙戦を踏まえると、トランプ氏の劣勢からの当選を踏まえるとどこまで信用できる

    AERA

    10/24

  • トランプ大統領「金正恩と再会談」も? ジョン・ボルトン氏に聞く大統領選

     トランプ大統領のコロナウイルス感染で混迷を深める米大統領選。かつて大統領補佐官を務めていたジョン・ボルトン氏による暴露本『ジョン・ボルトン回顧録 トランプ大統領との453日』の日本語版が緊急出版され

    週刊朝日

    10/16

この人と一緒に考える

  • ジョン・ボルトン氏「トランプ大統領は私の本が致命傷になりうると知っていた」

     間近で接したトランプ大統領の無節操ぶりを暴露する書として世に問われたのが『ジョン・ボルトン回顧録 トランプ大統領との453日』だ。著者のボルトン氏に日本語版の監訳者で朝日新聞の梅原季哉論説委員がイン

    週刊朝日

    10/15

  • 室井佑月

    室井佑月

    室井佑月「現世の毒」

     作家の室井佑月氏は、トランプ大統領と「あの方」について持論を展開する。*  *  * 9月28日付の『BBCNEWS JAPAN』によると、「米紙ニューヨーク・タイムズは27日、ドナルド・トランプ米

    週刊朝日

    10/15

  • トランプ米大統領「コロナで逆転演出」は裏目に? 軽視言動が「破壊」を招く理由

     新型コロナに感染したトランプ米大統領がわずか3日で退院し回復をアピールした。ウイルスの脅威を軽視する言動を重ねるが、選挙の劣勢挽回につながるのか。AERA 2020年10月19日号の記事から。*  

    AERA

    10/14

  • 浜矩子

    浜矩子

    浜矩子「日・米・英の『戦後最悪トリオ』は保身・私物化・ルール無視がお得意」

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 米大統領選が迫る中、トランプ・バイデン両候補に

    AERA

    10/8

  • きっかけは最高裁判事の死 米大統領選で有権者を投票に駆り立てる“ある事情”

     米大統領候補の第1回テレビ討論会は、共和党候補のトランプ大統領と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が罵り合う、前代未聞の様相を呈した。メディアはこの討論会を酷評したが、その内容にかかわらず、アメ

    AERA

    10/7

  • トランプ夫妻がコロナ感染 大統領選はバイデン氏有利で“最後の手段”?

     トランプ米大統領(74)は10月2日、自身と妻のメラニアさんが新型コロナウイルスに感染したと公表した。熱も出たため、2日に軍医療センターに入院した。5日に退院したものの、重症化リスクの高い高齢者でも

    週刊朝日

    10/7

1 2 3 4 5

カテゴリから探す