「ダイエット」に関する記事一覧

  • 漢方薬で6キロ減、体脂肪率4%減も 三つの体質別で知る「漢方ダイエット入門」

     昨年からの在宅勤務や巣ごもりで運動量が減り、体重は増加。さらに年末年始で、おなか回りはかなりまずいことに──。今年こそ自分に合った漢方薬を見つけ、ダイエットに役立てたい。「漢方」を特集したAERA

    AERA

    1/15

  • ダイエットと体質改善に「漢方ファスティング」 揚げ物好きな40代女性も「減量」成功

     在宅期間が長くなり、ストレスから食べ過ぎてしまう人も多いだろう。そんなコロナ太りの解消に役立つのが、漢方を採り入れたダイエット「漢方ファスティング」だ。AERA 2021年1月18日号は「漢方」を特

    AERA

    1/14

  • 「はんにゃ」川島章良が「だし」で18キロ減量 ダイエットのポイントは?

     1年で18キロの減量に成功したお笑いコンビ「はんにゃ」の川島章良さん。ダイエットを挫折せずに継続できた秘訣とは。*  *  * 例年、年末年始は仕事が終わるのが元日の明け方3時とか。深夜に年越しそば

    週刊朝日

    1/10

  • 正月太りに効く「無理しないダイエット」3選 そのポイントとは?

     コロナ禍の年末年始、巣ごもりで例年より食べすぎて、「正月太り」もいつも以上……。そんな人のために紹介したいのが、本誌が厳選したダイエット法。ポイントは「無理しない」「食べ

    週刊朝日

    1/9

  • 「飲むだけ」「張るだけ」「見るだけ」で痩せる!? おうちでできる「痩せワザ」5選

     糖質制限や運動などのダイエットに、痩せワザを“ちょい足し”させることでより効率的に痩せられるはず。AERA 2020年12月7日号は、家でもできる最新ワザを紹介する。*  *

    AERA

    12/5

  • 大反響「脂肪燃焼スープ」が進化! よりおいしく+効果アップ+和洋中3種類で飽き知らず

     今年1月にアエラが紹介した記事がネット上で今も注目されている「脂肪燃焼スープ」。だが最大の弱点は「味」と「飽き」。全てを克服した進化版が、ついにそのベールを脱ぐときが来た。AERA 2020年12月

    AERA

    12/2

この人と一緒に考える

  • 脂肪燃焼スープ「理にかなっている」と太鼓判 東洋医学に精通する医師が“ちょい足し白湯”の提案も

     アエラに今年1月に掲載されて以来、反響を呼んでいる「脂肪燃焼スープ」。AERA 2020年12月7日号は、東洋医学にも詳しい医学的見地からの話を石原新菜医師に聞いた。※【大反響「脂肪燃焼スープ」が進

    AERA

    12/2

  • ウォーキングは「朝」「夕」どっちが効果的? ダイエット、モチベーションアップに最適な時間帯とは

     ウォーキングをする人は、大きく「朝派」と「夕方派」に分かれる。仕事のモチベーションのアップ、 体内時計リセット、ダイエット。その効果を最大限に受けとるための時間帯とは──。AERA 2020年10月

    AERA

    10/13

  • 40キロやせた新聞記者 ダイエットで“やる気”より大事なものは?

     ダイエットの“原理原則”はシンプルなもので、「消費エネルギー>摂取エネルギー」だ。食事を減らして運動量を増やせば、太っている人は体重が減る。なのに、実践できないのはなぜなのだ

    週刊朝日

    7/24

  • ゆりやん、30キロダイエット! 成功の理由は「太ってるのに飽きた」から!?

     新型コロナ感染防止の自粛期間が明け、“コロナ太り”に悩む人は少なくない。一方で減量に成功した人もいる。お笑いタレントのゆりやんレトリィバァさん(29)もその一人。最高110キ

    週刊朝日

    7/22

  • 「115→70.5キロ」コロナ禍でもリバウンドなし! 医療記者のダイエット継続のコツ

    “コロナ太り”からダイエット中という人も多いだろう。だが、挫折してしまう人もまた多いのが現実だ。どうしたら継続できるのか。AERA 2020年7月20日号で、45キロ減を果たし

    AERA

    7/21

  • 150日で30キロ減の医療記者が明かす「必ず結果が出るダイエットの考え方」

    「デブはタイプじゃない」。そう言われて28歳でダイエットをするもリバウンド。31歳、減量に成功。現在34歳。成功の秘訣は「原理原則を実行しやすい環境づくり」にあるという。AERA 2020年7月20日

    AERA

    7/20

この話題を考える

  • 午前と午後の「おやつ」で無理なくやせる! 空腹を感じず“無意識食べ”を防ぐ効果も

     ダイエットでは間食はタブー視されがちだが、むしろ食べた方が必要以上に食べ過ぎないなどそのメリットは多いという。AERA 2020年7月20日号は実践者に聞いた。*  *  * 管理栄養士で『おやつを

    AERA

    7/19

  • ダイエットは「絶食10時間以上」がカギ 時間栄養学の第一人者に聞く「やせ体質をつくる習慣」

     コロナ禍で太った人は、夜型や不規則な生活になっていないだろうか。実はそうした生活の乱れが、体内時計を狂わせ肥満リスクを高めるという。正しく保つためにはどうすればいいのか。AERA 2020年7月20

    AERA

    7/18

  • 7カ月で13キロ減に成功! 40代女性を変えたマインドフルネスダイエットとは

     糖質オフもプチ断食などさまざまなダイエットを試しても続かない。そんな人も少なくないはずだ。だが、思考を少し変えるだけで成功した人たちもいる。AERA 2020年7月20日号では、彼らの成功例とおすす

    AERA

    7/17

  • コロナ太りは「脳の暴走」! 糖質・脂質中毒で悪循環に…“やせ脳”に生まれ変わる「食べ物&食べ方」

     緊急事態宣言下での約2カ月の自粛生活。4割の日本人が体重増加を経験したといわれる。だが、その背景にあるのは単純な食べすぎや運動不足ではない。漠然とした不安感やストレスが招く脳の快楽中枢の暴走は、意志

    AERA

    7/16

  • 痩せる上に部屋もきれいに!コロナ巣ごもりの今こそ「自衛隊式ダイエット」で一石二鳥

     新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が1カ月以上続き、「太った!」とお悩みの人も多いでしょう。26歳、身長160センチ、体重65キロのちょっとぽっちゃりの出版社勤務・男性販売部員が、なんと、1カ

    dot.

    5/23

  • コロナ太りを撃退! 家ごもりでも体重を減らす「食事&運動法」

     新型コロナウイルス感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言以降、外出を自粛して「家ごもり」生活に突入した人は多いだろう。記者もその一人で在宅勤務を続けていたが、はたと気づいた。「自粛は太る」。移動距離が減

    週刊朝日

    5/15

1 2 3 4 5

カテゴリから探す