「ジュニアエラ」に関する記事一覧

  • エコで美味な和牛肉の“サシ”を「培養肉」で再現 3Dプリンターを活用した最新技術

     牛などの家畜をたくさん飼うことは、森林伐採などの環境破壊につながり、地球にやさしくない。将来、人口が増えて食肉の奪い合いになれば、おいしい焼き肉が食べられなくなるかもしれない。そんな時代に備えて、人

    AERA

    2/6

  • 4月から成人年齢が18歳に引き下げ 親の同意なく結んだ契約の取り消しも18歳以上は対象外

     今年の4月1日から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる。これによってどんなことが変わるのか。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」2月号では、浦和大学社会学部現代社会学科準教授の林大輔さん

    AERA

    2/5

  • Hey! Say! JUMPの山田涼介が映画「大怪獣のあとしまつ」を分析 「大人が全力でふざけるとこうなる」

     誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”を描く今までになかった空想特撮エンターテインメント映画「大怪獣のあとしまつ」。小中学生向けニュース月

    AERA

    2/4

  • King & Prince永瀬廉が挑戦する素晴らしさを「わげ」 「一歩踏み出すと興味の幅がさらに広がる」

     NHKの土曜ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」で初の時代劇に挑戦するKing & Princeの永瀬廉くん。小中学生向け月刊誌「ジュニアエラ」1月号では、永瀬くんに今の気持ちを聞きました。*  * 

    AERA

    1/8

  • Sexy Zone松島聡くんがきょうだい関係を告白 仲良くなったきっかけはジャニーズに入ったこと

     小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」の人気連載「Sexy ZoneのQ&Aステーション」。毎回セクゾのメンバーが読者からの質問に答えてくれます。1月号は、松島聡くんが、きょうだい関係について

    AERA

    1/4

  • 上白石萌音が「カムカムエヴリバディ」主演で夢を実現 憧れていた「朝ドラ」ヒロインは誰?

      NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でヒロインを演じる上白石萌音さん。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」12月号では、その上白石さんに、「朝ドラ」への思いや小中学生時代の

    AERA

    12/13

この人と一緒に考える

  • AIがディープラーニングで名画を描く 好きな画家のタッチをミックスした斬新な絵

     2020年度から小学校の授業でも始まったプログラミング。自分でプログラミングするチカラがつくと、生活がもっと便利で楽しくなる。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」11月号では、これからプログラ

    AERA

    11/13

  • 加藤シゲアキが体験した中学受験 授業中は別人格の塾講師の厳しさを「二月の勝者」に投影

     中学受験をテーマにした話題のドラマ「二月の勝者−絶対合格の教室−」。このドラマに出演するNEWSの加藤シゲアキさんが、小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」のインタビュー

    AERA

    10/30

  • 伊沢拓司「分厚い本には自分の知らない世界がいっぱい詰まっている」 480ページの超大作を書き下ろし

     小中学生向け月刊誌「ジュニアエラ」の連載「謎解きクイズノック」でもおなじみの伊沢拓司さんが書き下ろした『クイズ思考の解体』が10月20日に発売されました。ジュニアエラ11月号では、伊沢さんにこの本の

    AERA

    10/29

  • Sexy Zone佐藤勝利くんは恋愛相談が苦手 「感情をうまく言語変換できる機能が足りない…」

     小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」の人気連載「Sexy ZoneのQ&Aステーション」。毎回セクゾのメンバーが読者からの質問に答えてくれます。10月号は、佐藤勝利くんが、嫉妬深さに耐えられ

    AERA

    10/10

  • つい自分の顔を見てしまうのは脳のせい 自分の顔を見ると脳の「やる気回路」が発動

     クラス全員で撮った集合写真を見ると、なぜか自分の顔に目がいってしまう。鏡に自分の顔が映ると、ついつい見入ってしまう。どうやら脳は、「自分の顔」を「他人の顔」とは区別して、優先的に扱っているようだ。大

    AERA

    10/9

  • 脱炭素社会の実現は経済効果や雇用も生み出す 地球温暖化は「危機」だが「機会」にもなる

     今、世界では脱炭素社会の実現が急がれている。脱炭素社会とは、温室効果ガスである二酸化炭素を排出しない社会のこと。現在、二酸化炭素が増えすぎた地球は温暖化が進行し、異常気象や自然災害が多発している。5

    AERA

    9/27

この話題を考える

  • Hey! Say! JUMP伊野尾慧くんが小中学生にアドバイス 「明確な数値で評価してもらえるうちに勉強しよう」

     放送中のドラマ「准教授・高槻彰良の推察」で、伊野尾慧くん(Hey! Say! JUMP)は大学で民俗学を教える主人公の高槻准教授を演じている。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニア

    AERA

    9/25

  • 東京五輪の真の目的は何? スポーツを「苦しむもの」から「楽しむもの」に変えることと専門家が指摘

     新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催に賛否の声が聞かれる今、私たちはオリンピックの歴史から何を学ぶべきなのだろう。小中学生向け月刊誌「ジュニアエラ」7月号では、雑誌のキャラクター、コビンとコビン

    AERA

    6/29

  • 温室効果ガス46%削減 実現には今すぐできる「屋根置き太陽光発電」がカギ

     地球温暖化は世界が共通して取り組む課題だ。温暖化防止のため、日本は2030年度の温室効果ガス排出を13年度に比べて46%削減するという新たな目標を掲げた。どうやって実現すればいいのだろうか。私たちが

    AERA

    6/28

  • さかなクンもギョギョギョ! 泥と同じ色のトビハゼが「求愛シーン」ではピンク色に

    「驚き! 海の生きもの超伝説 劇場版ダーウィンが来た!」が全国の映画館でロードショー公開されている。「ダーウィンが来た!」は、生きものたちの驚きと感動の映像を通して自然の素晴らしさを教えてくれるNHK

    AERA

    6/27

  • ヒタチナカリュウの化石「新発見」 きっかけは家族団らんの「スッポン鍋」だった?

     恐竜が栄えていた約7200万年前、空には翼竜が飛び交い、陸の川や湖にはスッポンの仲間がいた。この二つの生物をめぐる意外な新発見を紹介しよう! 小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」5月号では、料

    AERA

    5/8

  • Sexy Zone松島聡くんは「努力」で年上メンバーから信頼を得た どうしたらかっこよく見えるか日々研究

     小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」の人気連載「Sexy ZoneのQ&Aステーション」。毎回セクゾのメンバーが読者からの質問に答えてくれます。5月号は、松島聡くんが、信頼関係の築き方につい

    AERA

    5/5

1 2 3 4 5

カテゴリから探す