「シニア」に関する記事一覧

  • おひとりさま“もしも”への準備はどうする? 相談増える“尊厳信託”

     首都圏のある特別養護老人ホーム(特養)で暮らすA子さん(80代)は、“もしも”の時に備えて元気なうちに準備をしていたことで、安心して余生を送れている。 独身で後継ぎもおらず、

    週刊朝日

    12/3

  • シニアのスマホ依存 不眠や体調不良の原因に…使い方の見直しを

     新型コロナウイルスの感染拡大後、スマートフォンの使いすぎが原因で体調を崩す高齢者らが増えている。心あたりがある人は要注意。最初は軽い症状でも、放っておくと大きな病気につながることもある。使い方を見直

    週刊朝日

    11/18

  • 老後資金を2000万円貯めたら不安に…持ってるだけじゃなく有効活用するには?

     貯金をしてきてまとまった額になったものの、銀行の普通預金口座になんとなくそのまま入っている……そういう方は意外と多いものです。定年を意識する年齢になり、老後資金を作るため

    ダイヤモンド・オンライン

    11/16

  • 「元・北千住のナンパ王」も利用 カジノ楽しめるデイサービス

     折り紙に風船バレー。デイサービスに、子ども扱いされるイメージを抱くシニアは少なくない。特に男性は抵抗を感じやすく、一般的に利用者の7割ほどは女性だ。この状況を変えようと、男性目線で運営する施設がある

    週刊朝日

    11/9

  • 医療費2割負担に備えよ 意外に知らない“高額療養費制度”の注意点

     今は原則1割の75歳以上の医療費の窓口負担を、年収200万円以上の人は2割に引き上げる改正法が今年6月に成立した。制度を支える現役世代の負担を抑える狙いだが、国の医療費は膨らみ続け、今後さらに負担が

    週刊朝日

    9/28

  • 「うっせぇわ」はシニアにも響く? 「心に響いた歌」調査の“意外な結果”

     ソニー生命保険が毎年実施している、全国のシニア(50~79歳)男女への生活意識調査で、「今年、心に響いた歌」の結果が、「意外」でおもしろい。 インターネットを通じて1千人分の有効サンプルを集計したも

    週刊朝日

    9/27

この人と一緒に考える

  • 年金受給しながら最大2700万円増! 65歳以降も働いて「老後」の不安解消

     高齢化の進展で65歳以降の「長く働く生活」が注目されている。フルタイムからアルバイトを含む「チョイ働き」まで働き方はさまざま。年金のもらい方と組み合わせれば、「ゆうゆうリタイア」も見えてくる。家計へ

    週刊朝日

    9/16

  • 転倒での死者は交通事故死の2倍以上 “転倒予防”グッズの進化がすごい!

     カーペットの段差につまずいた、階段を踏み外した、風呂場ですべった……。加齢とともに体が思うように動かなくなると、家の中でさえも大ケガにつながる危険でいっぱいだ。シニアの体

    週刊朝日

    9/14

  • コロナ禍で需要急増 新時代のペットロボットが生活を変える

     鉄腕アトムやドラえもんのように、ロボットと仲良く暮らす時代が訪れつつある。1999年発売の犬型ロボット・AIBO(アイボ)は一世を風靡し、今や多種多様なペットロボットが販売されている。人の暮らしに優

    週刊朝日

    9/11

  • 「性欲ある私っておかしい?」 シニア妻からのセックスレス相談が増加中

     性への関心は、男女も年齢も関係ない――。シニアの女性でもセックスを求め、楽しんでいる人はいる。そんな女性たちや彼女たちをサポートする専門家に話を聞いた。*  *  *「みんなに言われるんです、目覚め

    週刊朝日

    9/6

  • 「正直、挿入はしなくてもいい」 新しいセックススタイル「ベニス」って何?

     シニア世代の夫婦やカップルのなかには、性のすれ違いに悩む人も多いのでは? 男女問わず、性欲が衰えたり、まだまだセックスを楽しみたかったり。でも心配はご無用。お互いが満足できる方法はいろいろあるようだ

    週刊朝日

    9/5

  • 腟レーザーで腟がふっくら!? シニアのセックスライフ対処術

     いつまでもセックスライフを謳歌したい――そんな願望を持つシニア世代もいるが、ホルモンバランスの変化や肉体の衰えは、性機能にも影響をおよぼす。どう対処したらいいのだろうか。【シニアのセックス事情 「し

    週刊朝日

    9/4

この話題を考える

  • シニアのセックス事情 「したい」男性は7~8割も女性は3割の現実

     今年で結婚26年になる会社員のアキコさん(仮名・59歳)は、更年期にさしかかった40代後半でセックスに興味を持てなくなった。「更年期のときは症状がけっこうきつくて、セックスどころじゃなかった。今は、

    週刊朝日

    9/3

  • 70歳超で死んだら“年金繰り下げ”の恩恵なし 年金改正案の不公平感

     受給を遅らせれば増額されていく年金「繰り下げ」。人生100年時代の“武器”として期待が高まっているが、来年春からの上限年齢拡大に伴って「不公平」とも思える事態が発生することが

    週刊朝日

    9/2

  • 手話や文字の“通訳サービス”開始 耳の不自由な人、高齢者を支援

     年をとると、電話がおっくうになる。話が聞き取りにくかったり、言いたいことがうまく言葉にできなかったり。だが、急ぎ返事がほしいとき、飲食店や病院などの予約で電話しか使えないときは困る。そんなときの支援

    週刊朝日

    8/23

  • 認知症予防、仲間づくりにも 働きながらケアハウス入居するメリット

     年金で暮らせるケアハウス(軽費老人ホーム)を紹介するシリーズの7回目は、日本海側の地域。今回は働きながらケアハウスで暮らすことについて考えてみました。「認知症予防にもいい」と勧める施設もあるようです

    週刊朝日

    8/10

  • ワクチン拡大でポジティブな“危機感”? アクティブシニアが増加

     シニアへのコロナワクチンの接種が進んでいることもあり、地域活動も復活の兆しを見せている。【前編/きっかけはコロナ禍のSOS 住民の暮らし変えたラジオ体操と花壇】より続く 厚生労働省は昨年9月、コロナ

    週刊朝日

    7/27

  • メタボよりフレイルに警戒! 猛暑を乗り切る秘訣は“肉”にあり!

     健康のためには、ダイエットをして少しでも脂肪を落とさないと……そう思い込んでいないだろうか? 実は高齢者にとって、警戒すべきはメタボリックシンドロームよりもフレイル(虚弱

    週刊朝日

    7/26

1 2 3 4 5

カテゴリから探す