「エリザベス女王」に関する記事一覧

エリザベス女王が貫いた「生涯現役」 在位70年、死の2日前まで公務

エリザベス女王が貫いた「生涯現役」 在位70年、死の2日前まで公務

 エリザベス女王の国葬が9月19日、ロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われる。70年にわたって君主を務め、国民から敬愛された女王。その喪失感はとてつもなく大きい。AERA 2022年9月26日号

AERA

9/19

  • 映画やドラマで“英国王室”を知りたい! エリザベス女王を見事に描写した作品は?

     即位70年と長きにわたって英国に身を捧げたエリザベス女王が、9月8日に亡くなった(享年96)。国民だけでなく世界中を魅了するエリザベス女王と英王室。その魅力を描いた映画やドラマを紹介する。*  * 

    週刊朝日

    9/19

  • エリザベス女王と日本の皇室の深き縁 引き継がれた真珠のネックレス

     私の人生が長くても短くても、皆さんや王室への奉仕に捧げます──。21歳の誕生日にこう誓った女王その人は、96年に及ぶ生涯を閉じるまで有言実行を貫いた。細やかな気遣いで日本の皇室との間に、太く、確かな

    週刊朝日

    9/19

  • エリザベス女王 10歳で定められた過酷な運命と父への憧れ

     これほど世界で愛された人はいないだろう。英国のエリザベス女王(96)が9月8日、亡くなった。強い責任感と笑顔で国をまとめ、窮地に陥った王室を何度も救った。皇室とも縁が深く、多くの日本人にも慕われた。

    週刊朝日

    9/19

  • 早川智

    早川智

    母は父に処刑され、自身も処刑寸前に追い込まれ…壮絶な生涯を遂げた“もう一人”のエリザベス女王

    『戦国武将を診る』などの著書をもつ産婦人科医で日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授の早川智医師が、歴史上の偉人や出来事を独自の視点で分析。今回は、英国での“二人”のエリザ

    AERA

    9/18

  • 「Queen」と名乗る電話やエリザベス女王お気に入り料理の店探し 十人十色の皇室と王室の交流

     9月19日に英ウェストミンスター寺院で行われるエリザベス女王の国葬に列席するため、17日、天皇皇后両陛下が政府専用機で英国に向かう。天皇が海外王室の葬儀に参列するのは、平成の時代に上皇さまがベルギー

    dot.

    9/17

  • 「盾となり」皇室を守ったエリザベス女王 平成の天皇の手紙の書き出しは「親愛なるお姉さま」

     英国のエリザベス女王の国葬に、天皇陛下が参列されることで政府が調整している。天皇陛下が葬儀に参列したのは戦後一度だけ。特別な措置に、両国の交流の深さがにじむ対応だ。 * * *「Dear

    dot.

    9/11

この人と一緒に考える

  • エリザベス女王 「英国民からの信頼」に影響を与えたダイアナ元妃の存在と「女王の敗北」の背景

     8日に死去した英国のエリザベス女王。25歳の若さで王位を継承し、70年以上にわたり公務を続け、国民から絶大な人気を集めたが、一方で王室へのバッシングが続いた時期もあった。その生涯とはどのようなものだ

    dot.

    9/10

  • エリザベス女王死去で「本物の国葬」がトレンド入り 英国には国葬を断った人物がいる?

     エリザベス女王が8日、96歳で亡くなった。イギリス国内からだけではなく、世界中から哀悼の意が表されている。BBCによると、国葬は2週間以内にウェストミンスター寺院で行われる見通しだという。そんな中、

    dot.

    9/10

  • 英・新トップは「鉄の女」の再来? 750円のイヤリングを着けるリズ・トラスの知られざる一面

     ジョンソン英首相の後任を選ぶ与党・保守党の党首選挙の結果が5日発表され、リズ・トラス外相(47)が新党首に選ばれた。6日にエリザベス女王に謁見し、次期首相に任命される。英国では3人目の女性首相となり

    週刊朝日

    9/5

  • 音声配信で鬱憤晴らすメーガン妃 ダイアナ元妃没後25年でも兄弟の怨恨は晴れず

     英王室から受けたストレスが相当たまっているのだろうか。ハリー王子(37)の妻、メーガンさん(41)が始めた音声配信番組で愚痴が止まらない。8月31日はダイアナ元妃の25回目の命日だったというのに、ハ

    週刊朝日

    9/3

  • エリザベス女王がメーガンさんについて漏らした衝撃的な一言 ヘンリー王子夫妻は“対抗本”準備?

     イギリスの伝記作家、トム・バウワーさん(75)の暴露本『Revenge:Meghan,Harry,and the war between the Windsors(復讐:メーガン、ハリー、そしてウィ

    AERA

    8/10

  • ダイアナとの関係も的確に…エリザベス女王の評伝『ザ・クイーン』

     文芸評論家・陣野俊史さんが選んだ「今週の一冊」。今回は『ザ・クイーン エリザベス女王とイギリスが歩んだ一○○年』(マシュー・デニソン著 実川元子訳、カンゼン 3300円・税込み)。*  *  * 英

    週刊朝日

    7/28

この話題を考える

  • だれも見たことのない“素顔のエリザベス女王” 70年の歩み描いた実録映画

     映画「エリザベス 女王陛下の微笑み」は25歳で即位した女王の70年にわたる歩みを記録映像で綴った出色のドキュメンタリーだ。本作完成後に急逝したロジャー・ミッシェル監督の親友でもあるプロデューサーのケ

    週刊朝日

    6/17

  • 「Bクラス」に格下げされたヘンリー王子とメーガン妃 エリザベス女王即位70年の祝祭で辛酸なめる

     エリザベス女王(96)の即位70年を記念する祝賀行事が6月2~5日の4日間、華やかに繰り広げられた。 英王室初の「プラチナ・ジュビリー(70年の祝祭)」とあって、「歴史的イベントに参加できてうれしい

    AERA

    6/9

  • 英エリザベス女王の夫のフィリップ殿下 問題ある物言いはなぜ責められなかったのか

     今年も各界から多くの訃報が届いた。イギリスのエリザベス女王の夫、エディンバラ公フィリップ殿下は4月に、99歳で亡くなった。ジャーナリストの多賀幹子さんが、追悼のメッセージを寄せた。* &n

    週刊朝日

    12/30

  • エリザベス女王95歳に 73年間寄り添った夫のいない初めてのお誕生日

     現地時間17日午後に夫であるフリップ殿下(享年99歳)の葬儀を執り行ったばかりのエリザベス女王は、4月21日、95歳の誕生日を迎えた。 例年ならば、夫、子どもたちや孫たちに囲まれた楽しい誕生日だが、

    dot.

    4/21

1

カテゴリから探す