人気YouTuber「水溜りボンド」がAERA表紙に登場!横浜流星×飯豊まりえ“幼なじみ対談”も

 9月2日発売のAERA 9月9日号の表紙に、チャンネル登録数407万を誇る人気YouTuber「水溜りボンド」のお二人が登場します。YouTuberがAERAの表紙を飾るのは初めて。中面では4ページの記事で、彼らの「頭の中」を解剖しました。さらに、映画「いなくなれ、群青」で初共演した横浜流星さんと飯豊まりえさんの対談も掲載。二人は芸能活動を始めたころに雑誌の仕事で知り合った「芸能界幼なじみ」という話から始まって、映画のこと、将来のことなどを語り合っています。この号の巻頭特集は「災害に備える」です。

 マレーシア生まれのカンタさんと千葉生まれのトミーさんの二人が、青山学院大学で出会って結成されたユニットが「水溜りボンド」。動画クリエイターとして、2015年1月1日から毎日、動画配信を続け、いまやチャンネル登録数407万人を超える人気のYouTuberです。AERAは今回、初めてYouTuberを表紙に起用し、彼らの動画撮影現場にも密着しました。

 密着したのは、8月19日に公開された「無人島から帰ってきて10000kcal採ってみた!!」の撮影現場。テーブルにデリバリーピザの裏メニュー全5種類を並べ、トークしながら次々に食べていく様子を追いかけつつ、彼らが何を面白がり、何を大切にしているのかについて話を聞いて、彼らの「頭の中」をのぞこうと試みました。浮かび上がってきた5項目は、「水溜りボンドの5つの哲学」としてまとめています。これまでに投稿した1600本を超える動画の中から、水溜りボンド初心者のために彼ら自身が厳選した「おすすめ動画5本」も掲載しています。

 映画「いなくなれ、群青」で初共演した横浜流星さんと飯豊まりえさんの対談は、飯豊さんの「私たち、芸能界の幼なじみなんです」という発言からスタート。飯豊さんが小学校6年、横浜さんが中学校1年のときに雑誌の仕事で知り合った当時の思い出話がひとしきり語られました。共演した映画は幼なじみの男女が再会するところから物語が動き出すという設定。自分たちの再会と映画は「リンクする」とうなづきあい、お互いの演技について、仕事をしていく上でのスタンスについて、役者としての将来について、と話題が広がりました。3ページのグラビアに収められた、美しい2ショットは必見です。

 この号の巻頭特集は「災害に備える」。台風や豪雨、津波を想定し、東京、横浜、名古屋、大阪の浸水する可能性が高い171駅をマッピングしたほか、地下街やアンダーパスについても検証しています。日本で暮らす以上、どこにいても災害に遭遇する可能性はあり、それを防ぐのは不可能だ、という専門家の指摘を受けて、「防災」よりも「備災」を今すぐ始めるために、110に及ぶチェックリストも作りました。自分と家族、家や財産を守るための保存版です。

ほかにも、

・ 韓国GSOMIA締結と撤退の舞台裏
・ 重度身体障害者が国会議員になった
・ SNSテロ予告や脅迫電話と戦うためのマニュアル
・ 富士山「落石死亡事故」と「マナーの乱れ」の因果関係
・ 学校の「謎ルール」を巡る親と教師のバトル

などの記事を掲載しています。

【概要】
AERA(アエラ) 2019年9月9日号
定価:390円(税込み) 発売日:2019年9月2日(月曜日)

※アマゾンで予約受付中!

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック