AERA dot.

週刊朝日の生きる伝説
「山藤章二のブラック・アングル」連載再スタート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「週刊朝日」の名物連載「山藤章二のブラック・アングル」が帰ってくる――。1976年から同誌の巻末を飾り、鋭い社会風刺とユーモアで読者を唸らせてきた人気連載。山藤さんが膝の治療で入院したのに伴い、2016年11月から約8カ月にわたって休載していた(5月26日号で1回だけ復帰)。5月末に無事退院し、週刊朝日7月28日号(18日発売)で満を持して復活することになった。

 休載中の2月に週刊朝日は創刊95年を突破。この間、多くの読者から「連載再開はまだか」との問い合わせが相次いでいた。

 再スタートの1回目では、安倍首相の「もり&かけ」問題を独特な“黒い視点”で料理している。久しぶりの登板に、80歳の巨匠は「ピッチャーと同じで、ブラック・アングルも投げてみてなんぼ」と、言う。「週刊朝日は後ろからめくって読む」という伝説が蘇る。


トップにもどる お知らせ一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加