AERA dot.

29 件中 1~20件目   表示件数

検索結果

  • 大地震発生! ターミナル駅で取るべき3つのアクション  (Sat Mar 11 20:30:00 JST 2017)  dot.

    ミナル駅で取るべき3つのアクション2016年11月10日行われた新宿駅西口地域地震防災訓練。工学院大学1階のアトリウムでは「医療救護訓練」や「自衛消防訓練」が行われた(撮影/有川美紀子)  東日本大震災から6年。地震活動期に入ったと言われる日本では、次にどこで大震災が起こってもおかしくない状況だ...の3月11日は土曜日だ。6年前の混乱をくり返さないよう、自分の通勤路を思い返しながら、いざと...

  • 東京都の懸案はここにも 浮かんでは消える小笠原空港問題  (Mon Nov 07 01:00:00 JST 2016)  dot.

    生きる人びとがどのような未来を選択し、実現されるのか。これからも注視していきたい。(島ライター・有川美紀子)...原はどの島も面積が小さい。人間の利便性と独自の自然はすぐ隣り合わせにある。しかしだからこそ、小笠原にはこの世界で例のない「自然との共存」を実現できるポテンシャルもある。航空路であれ、それ以外の手段であれ、自然とともに生きる形を作るのは住民をおいてほかにない。 島で

  • 黒ネコ好きに知って欲しい 世界遺産・小笠原の黒ネコに関する話題   (Thu Oct 27 20:30:00 JST 2016)  dot.

    http://dot.asahi.com/dot/2016102600280.html黒ネコ好きに知って欲しい 世界遺産・小笠原の黒ネコに関する話題 ねこ待ちで待機中の黒ネコたち。すでに巣立っていったネコもいる。最近も黒ネコが多く捕まる(写真:有川美紀...ていた。本来、南の島の厳しい環境で生きなければならないところ、飼いネコになれるチャンスをもらった小笠原の黒ネコたちならば、さらに大きな幸...

  • 真鶴にある「泊まれる出版社」とは?  (Mon Oct 17 01:00:00 JST 2016)  dot.

    を入れている土地だからこそ、自由さが受け入れられるということもあるのではないだろうか。 日本全体がなかなか脱することができない、お金や名誉に縛られる呪縛は、この小さな出版社がある小さな町から解かれていくのかもしれない。(島ライター 有川美紀子

  • 怖いどころか縁起がいい 今夜はコウモリを探しながら家に帰ろう  (Mon Oct 03 01:00:00 JST 2016)  dot.

    モリにマイナスイメージを持っているのは、おそらく実物を見ていないからだ。この機会にぜひ一度、夕空を見上げてみてはいかがだろうか。おっと、11月をすぎるとアブラコウモリは冬眠に入る。お早めのコウモリウオッチングをどうぞ!(島ライター 有川美紀子

  • 知ってましたか?意外なところにある横浜市内のトンボの楽園  (Sun Aug 28 01:00:00 JST 2016)  dot.

    なところにある横浜市内のトンボの楽園捕獲したトンボの羽にマジックでマーキングする。トンボに害はない。(写真・有川美紀子)  京浜臨海部といえば、京浜工業地帯の一部で沿岸に工場が立ち並ぶ風景を思い浮かべるだろう。ところが、このエリア、意外な自然のポテンシャルを秘めていることが分かってきた。 8月...でのネットワークも意識しています。トンボを調査することを通じて京浜臨海部の自然と人がつながり、...

  • 自然保護のために森の木を切る?!イヌワシが暮らす森の試みとは  (Sun Jul 03 01:00:00 JST 2016)  dot.

    からも続く赤谷の森づくり。その一歩となるイヌワシの次の世代が誕生する日を心待ちにしたい。(文・島ライター 有川美紀子 写真・すべて(公財)日本自然保護協会提供)

  • 3代目「おがさわら丸」はどこが変わったのか?  (Fri Jul 01 17:31:37 JST 2016)  dot.

    フトしてくれる。だからこそ、船のこのグレードアップはうれしい。この夏はぜひ新おがさわら丸で小笠原を目指したい。(島ライター 有川美紀子)※料金など詳細は小笠原海運のHPでご確認ください。

  • ながーく愛して! 「推定180万匹」カメと仲良く一緒に暮らすには…  (Sun Jun 26 16:00:00 JST 2016)  dot.

    」>「注目の外来種」>「アカミミガメ」で検索したページの一番下のリンクからダウンロード可能です(島ライター 有川美紀子

  • 2代目「おがさわら丸」ついに引退 19年間に地球60周分を航海!  (Tue Jun 21 20:30:00 JST 2016)  dot.

    http://dot.asahi.com/dot/2016061700187.html2代目「おがさわら丸」ついに引退 19年間に地球60周分を航海!6月22日、最終航海を迎える2代目おがさわら丸(撮影:有川美紀子...の父島最終航海出港時には、桟橋には前回よりもさらにたくさんの人びとであふれ、別れを告げる人が押し寄せるに違いない。(島ライター 有川美紀子

  • 生まれたての火山島・西之島は今どうなっているのか?  (Sun Jun 12 17:00:00 JST 2016)  dot.

    活動も収まった今、研究者の上陸も近いと思われる。これから先、研究、分析が進むに従って、多くの発見があるに違いなく、当面、西之島のニュースには注目していたい。(島ライター 有川美紀子

  • 生まれたての火山島・西之島は今どうなっているのか?  (Sun Jun 12 16:00:00 JST 2016) 

    238.html生まれたての火山島・西之島は今どうなっているのか?雨の中出発。いつもは特別ツアーでも見送りがあるのに、今回は2人だけ(撮影日:5月31日 撮影:有川美紀子

  • あの人も絶賛!八丈島の牛乳から作られたプリンやチーズが美味しい!  (Sun May 08 16:00:00 JST 2016)  dot.

    http://dot.asahi.com/dot/2016050600149.htmlあの人も絶賛!八丈島の牛乳から作られたプリンやチーズが美味しい!工場で作業中の魚谷孝之さん(写真:有川美紀子...に魚谷さんは「酪農は天候にあまり左右されないし、ほかの産業ともコラボしやすいから地域ブランドを作りやすいと思う。八丈で離島酪農のモデルを作り、ほかの島にも波及させて酪農で離島を活性化できたら」と...

  • 消滅可能性都市・三浦市が挑む定住促進策「トライアルステイ」  (Sat Apr 09 16:00:00 JST 2016)  dot.

    ときに相談できる人がいるかいないかは移住者にとって大きな問題である。 三浦市では今年もトライアルステイを行う予定だ。開催は秋をめどにしている。情報は三浦市のホームページに掲載される。(島ライター 有川美紀子

  • シロアリを探せ!働くわんこ、島を旅してシロアリ探知  (Sun Mar 27 20:30:00 JST 2016)  dot.

    る。今までに探知犬は宮城、静岡、愛知、長野、埼玉、群馬、栃木、千葉、茨城、東京(都内および小笠原と大島、八丈島)に出掛け、探知を行った。まだまだノアたちの愛くるしい活躍は続きそうである。(島ライター 有川美紀子

  • 震災の備えにも 溝の口駅周辺の大規模マンション”つながる”試み  (Fri Mar 11 01:00:00 JST 2016)  dot.

    。まずはマンション間で。さらには周辺地域とつながることによって、マンションは「大都市に孤立した集落」から地域の一員となることができる。 防災という観点からも有効なマンション間連携の試み。溝口の3つのマンションの連携はそんな新しい形を提示しているような予感がした。(島ライター:有川美紀子

  • 小笠原諸島のクリスマスは海鳥の巣立ちを合図にスタート!  (Thu Dec 24 01:00:00 JST 2015)  dot.

    まだミズナギドリの不時着情報は島全体に行き渡っていませんが、“小笠原のクリスマスはオナガミズナギドリが運んでくる”をキーワードに、情報を広めていきたいと思います」と、今年の巣立ち後に点灯されたクリスマスイルミネーションを見ながら語ってくれた。(島ライター:有川美紀子

  • ブラタモリの「アレ」、赤色立体地図って何?  (Sun Nov 01 01:02:00 JST 2015)  dot.

    体地図を作り、市に寄付したという。今後の石巻市づくりに役立てばという思いからだ。 多くの可能性を秘めたこの地図は、やがて「地図のスタンダード」になる予感がした。(島ライター 有川美紀子)【関連リンク】赤色立体地図についての詳細が分かるアジア航測のページhttp://www.ajiko.co.jp/product/detail/ID4TB6OGWU9

  • ラサ島って知ってますか?無人、到達困難な日本の秘島  (Sat Sep 12 20:30:00 JST 2015)  dot.

    ているニホンアシカが60年あまり前までいたというところに、人の手が及ばない秘島感を感じます」(清水さん)。 日本にはまだまだ知られざる島がある!週末には「行けない島」に空想旅行して孤島感を楽しんでみよう。(島ライター 有川美紀子

  • 非常食を日常的に食べよう!「ローリングストック」のすすめ  (Tue Sep 01 20:30:00 JST 2015)  dot.

    古いデータだが、厚生労働省が平成23年度に調べた結果では、何らかの非常食や食料を備蓄している家庭は47%にとどまっている。これからは1年に一度備蓄箱を開けて中を確認するのではなく、日常的に使い回し、ストックしていこう。(島ライター 有川美紀子)