AERA dot.

18 件中 1~18件目   表示件数

検索結果

  • 実にスピーディー! 中高年が陥る“同窓会不倫”の実態  (2016/07/26 07:00)  週刊朝日

    日常が続く。寂しさと空しさに耐えきれず、とうとう50歳を目前に、再び同窓生と関係を復活させてしまった。現在、夫との離婚を考えている。「離婚したら同窓生との関係も終わるのだろうか」 瑞恵さんは同窓会不倫の行方を決めかねている。(作家・夏目かをる)※週刊朝日  2016年7月29日号より抜粋

  • “同窓会不倫”の妻に振り回され…仕事も家庭も失った男たち  (2016/07/26 07:00)  週刊朝日

    。夫婦の喧嘩とはいえ、上場企業の社長がDVというのが表沙汰になれば、会社や株主、社員に迷惑がかかる。辞任して、自らが上場させた会社を去ることにしました」 松川さんは慰謝料と子供の養育費を払い、「負けるが勝ち」と起業して独身貴族を謳歌する道を選んだ。(作家・夏目かをる)※週刊朝日  2016年7月29日号より抜粋

  • 男性は43歳、女性は33歳!? 婚活に横たわる「年齢の壁」!  (2017/06/16 11:30)  週刊朝日

    が、参加者のリクエストで上限になるという婚活の現実を訴えた。このように男性も年齢でふるいにかけられる。それが日本の婚活の現場なのだ。(作家・夏目かをる)※週刊朝日  2017年6月23日号より抜粋

  • 「熟年離婚」の危険度をチェック! 「夫」編  (2017/08/30 07:00)  週刊朝日

    実家の悪口を言ったことがある□ 自身の親族が原因で妻が困っていても無視していた(作家・夏目かをる)※週刊朝日 2017年9月1日号より抜粋

  • 夫からの離婚相談が増えている! 不倫妻を受け入れる男の事情  (2018/01/18 11:30)  週刊朝日

    間一緒に過ごした男と女は、見えないまでも深い理解でつながっている。別れてもかけがえのない関係が築かれることもあるのだ。(作家・夏目かをる)※文中の体験談に登場する人物はいずれも仮名です。※週刊朝日 2018年1月26日号より抜粋

  • 30~40代女性に薄毛の悩み急増…男性とは違う特徴とは?  (2016/12/02 07:00)  週刊朝日

    促し、髪本来の力を高めてくれます。そのため根元からボリュームがアップします。林さんは純度の高いクラスのヘナを使用されていますので、すぐに効果が表れました」(前出の美容師)(作家・夏目かをる)※週刊朝日 2016年12月9日号より抜粋

  • 女性の薄毛は改善しやすい! ストレス軽減、洗髪の改善も効果あり  (2016/12/02 07:00)  週刊朝日

    どを取ることで、新陳代謝がアップするでしょう」(大川氏) 仕事や子育てなど、疲れがたまりがちなストレス世代こそ、抜かりのない薄毛対策が必要かもしれない。(作家・夏目かをる)※週刊朝日 2016年12月9日号より抜粋

  • 「卒婚」うまくいく夫婦、いかない夫婦  (2016/09/20 07:00)  週刊朝日

    越したことで、休日があれば、午前中は犬を連れて近くの海を散歩し、海が一望できるカフェでモーニングを楽しむようになった。ゆったりとした時間の流れに浸り、“夫婦”としての信頼関係を確認しているのかもしれない。(作家・夏目かをる)※週刊朝日  2016年9月23日号より抜粋

  • 離婚じゃなくて「卒婚」 同居の矛盾、介護…それぞれの理由  (2016/09/20 07:00)  週刊朝日

    はしない、後ろ向きな別居もしない。結婚を卒業し、距離を置いたりして長く生活する間に生じたひずみをメンテナンスする「卒婚」。男女の役割を強いられることなく、自由を認め合う“新しい夫婦のカタチ”を選択する人たちがいる。作家・夏目かをる

  • 「33歳女の壁」っていったい何? 振り回される女たち  (2017/06/16 11:30)  週刊朝日

    のギャンブル狂。しかも怒りだすと止まらなくなってDV寸前だったそうで、1年で離婚しました。時間をかけてお付き合いをしていればわかっていたことなのにね」(作家・夏目かをる)※週刊朝日  2017年6月23日号より抜粋

  • “家族だから”という期待が怨念に ふらっと「家出離婚」が増える理由  (2020/03/08 07:00)  週刊朝日

    といっても、人生100年時代。先はまだ長い。離婚してもしなくても、どのような人生を過ごしていきたいかという将来のビジョンが必要だ。一人ひとりの終活のあり方にも影響を与えるというのは、言うまでもないことだ。(作家・夏目かをる)【前編『ふらっと「家出離婚」が急増 世代

  • 「離婚できない男」の悲劇 妻の浮気、DVでっち上げ…なのに  (2019/03/19 08:00)  週刊朝日

    妻の人間性だと説明しても、夫は認めたくないんですね」(澁川氏) 妻にしたい女を選んだことを否定したくない。愛情ともエゴともとれる気持ちが、結婚そのものを難しくさせている。(作家・夏目かをる)※週刊朝日  2019年3月22日号より抜粋

  • 「前向きな別居」も有効? 熟年離婚を回避する“夫婦円満の秘訣”  (2017/08/30 07:00)  週刊朝日

    0日ぐらい上京して派遣で働いていることも適度な距離感があっていいみたい。その間、都内にある実家で高齢の母親に親孝行もできますしね」(久美子さん) この人と添い遂げる、と決めたところから、道は開ける。うまくいく熟年夫婦のヒントが隠れているかもしれない。(作家・夏目かをる)※週刊朝日 2017年9月1日号より抜粋

  • 【実録】「出張中に妻と管理人が…」3人の寝取られ夫たち  (2018/01/18 11:30)  週刊朝日

    の後も乳飲み子を連れて、男の家に通い続けている。自分の子が、妻の浮気相手と一緒にいるなんて、やるせない……」 悩みが尽きない山室さんだが、子どもたちのために妻との復縁を望んでいる。(作家・夏目かをる)※文中の体験談に登場する人物はいずれも仮名です。※週刊朝日 2018年1月26日号より抜粋

  • 不仲でも「離婚しない女」 こじらせ妻に不倫で埋め合わせ妻も  (2018/11/19 07:00)  週刊朝日

    ば、パートナーとして一緒に生きていけた。家族が欲しいから再婚したけど、子供ができたからといって、今の夫とは家族になりきれない。結婚って、こんなに難しいものだったのかしら」 仮面家族を支えるのが元夫とは皮肉だが、元夫の優しさに触れると癒やされる。子供のためにも、元夫からの精神的なサポートを求め続けている。(作家・夏目かをる

  • 離婚すると損? 別居を続け生活費をもらう妻の計算  (2018/11/19 07:00)  週刊朝日

    結婚生活もバラエティーに富み、様々なスタイルの夫婦を社会が受け入れるようになりました。プチ家出妻のケースもその一つです」(作家・夏目かをる)※週刊朝日  2018年11月23日号より抜粋

  • ふらっと「家出離婚」が急増 世代問わず、夫は訳が分からず  (2020/03/07 08:00)  週刊朝日

    わかった時はすでに手遅れだ。離婚を拒否する夫は修復を図りたいと弁護士に相談。3回までは頑として意見を曲げなかったが、5回、6回と相談するうちに、あきらめの境地となって、離婚を受け入れていった。(作家・夏目かをる)【後編『“家族だから”という期待が怨念に ふら

  • 妻が同居拒み、LINEもブロック “離婚できない男たち”が増加中  (2019/03/19 08:00)  週刊朝日

    めて1週間に1度でもいいから一緒に買い物に出かけ、スーパーでカートを押しながら『最近どうだい』と子供たちの様子を尋ねたり、妻にねぎらいの言葉をかけたりするなどの気遣いが必要です」 働く女性が増加しているが、まだ社会で働きにくい状況にある。家事や育児の面で妻をサポートすることが夫婦円満の秘訣(ひけつ)なのだ。(作家・夏目かをる

  • 前へ Prev
  • Next 次へ