AERA dot.

170 件中 61~80件目   表示件数

検索結果

  • これぞ日本の自然美──「苔」が今見ごろですよ~東日本編~〈レジャー特集|2018〉  (2018/06/03 16:30)  tenki.jp

    梅雨だからこそ輝きを放つ観光スポットがあることをご存じですか? 日本古来の「わび・さび」をしみじみ感じられるということで、若い女性を中心にじわじわ人気が広がっている、そのスポットとは……「苔生息地」です。 家に引きこもり

  • 「怒鳴り声が苦手」で不登校に 32歳女性が今も抱える“5人に1人が苦しむ癖”  (2018/06/02 16:00)  dot.

    れる3.痛みにとても敏感である4.忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所に引きこもりたくなる5.カフェインに敏感に反応する6.明るい光や強いにおい、ざらざらし

  • 「少女の血が見たい」警察官を両親に持つ勝田容疑者の”異様な愛情”とは?  (2018/05/31 11:17)  週刊朝日

    2015年の事件で容疑者として浮上した時、さすがにこんなひどいことはしないだろうという思いこみが捜査員にあった。だが、防犯カメラなどで勝田容疑者の犯行で間違いないとなり、逮捕に踏み切った。勝田容疑者は母親に甘やかされて育ち、引きこもり

  • 稲垣えみ子「別府の『マイ温泉』は、現代の一つの奇跡だ」  (2018/05/04 16:00)  AERA

    日新聞記者でアフロヘアーがトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。*  *  * 最近は本の執筆が難航して引きこもり

  • 稲垣えみ子「リヨンに行って分かった、日本のおじさんが孤独なワケ」  (2018/04/13 11:30)  AERA

    ていく。料理をしてる人間が見ればわかることですが、これは日々自らフツーに料理する人の買い物です。 で、ほーんと元気なんだわ。杖をついたおじいさんだって胸を張って堂々と出歩き、しょっちゅう顔見知りに会ってニコニコおしゃべりしてる。引きこもり

  • 人生100年時代に「シニア起業」という選択 成功の秘訣は?  (2018/03/30 07:00)  AERA

    な片桐さん自身、日用品メーカー最大手の花王での法務経験や大和証券SMBCでのIPO審査業務などを経て、27歳で独立した若手起業家だ。 「きっかけは祖母の介護でした。祖母は定年後、家に引きこもりがちになり認知症を発症してしまいましたが、もし祖

  • 天気がコロコロ変わって嫌になっちゃう?春の風景を表す日本の言葉  (2018/03/28 11:00)  tenki.jp

    花は3月から4月に盛りを迎えますが、この時季になると菜の花だけではなく、冬の寒さを乗り越えたたくさんの植物が花を咲かせます。そのため、花の開花を催す雨という意味から「催花雨(さいかう)」とも呼ばれています。雨の日は家に引きこもり

  • 引きこもり、死…廃校寸前の野球部が“強豪”になるまでの5年  (2018/03/24 07:00)  週刊朝日

    http://dot.asahi.com/wa/2018032200021.html引きこもり、死…廃校寸

  • 浅田美代子が訴える「繁殖業者のペット大量生産を阻止する動物愛護法改正」  (2018/03/11 11:30)  dot.

    リカの一部の州では、商業的に繁殖された犬をペットショップで店頭販売することを禁止する法律が可決されており、日本は大きく遅れをとっている。 浅田が動物愛護活動を始めたきっかけは、2001年。母が亡くなり落ち込む浅田を包み込んでくれたのが、二匹の愛犬だった。「家に引きこもり

  • 芳根京子の「海月姫」 月9なのに“べっぴんさん”を思い出す…  (2018/02/26 16:00)  週刊朝日

    。クラゲオタクな月海(つきみ=芳根京子)は、女装男子・蔵之介(瀬戸康史)と出会い、彼の発案でクラゲドレスをデザインするっていう、そんな月9ドラマ。 月9といえば、チャカチャーン♪という小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」が鳴り出せば、鈴木保奈美が「カーンチ、セックスしよ!」なんて笑顔で言い放った「東京ラブストーリー」(91年)から早27年。今や引き...こもりで人見知りのヒロインにキスをす...

  • 今日の若者の「生きづらさ」を予言? 岡崎京子『リバーズ・エッジ』を読み解く  (2018/02/25 11:30)  AERA

    が『リバーズ・エッジ』で描いた90年代の社会そのものが、都市の周縁の吹きだまりに生きる若者の「日常」そのものだった。 引きこもりや不登校、LGBTなど今日の若者が感じる「生きづらさ」を予言したかのような作品となったことを、岡崎本人は意図していたのだ

  • 笠井潔が新作発表 私立探偵飛鳥井が14年ぶりに復活  (2018/02/25 11:30)  AERA

    は、2011年のアラブの春に始まり、アメリカのウォールストリート占拠、スペイン、ギリシャ、日本の反原発へと続く大衆反乱が1968年の世界性に通底していることです。それを小説でやってみようと」 物語は女性の消失をめぐる謎と複雑に絡み合う人間関係の解明を通して、差別糾弾と武装闘争へと傾斜する新左翼運動、革命と宗教とテロリズム、高齢社会と引きこもり

  • 信田さよ子×斎藤環 根深い「母娘問題」に共存の道はあるのか?  (2018/02/05 16:00)  AERA

    積極的に介入し「大活躍」してる。新刊『母・娘・祖母が共存するために』は、存在感を増す団塊世代の「祖母」についても言及しています。斎藤:団塊世代の女性を語るにあたり、団塊男性についても分析していますが、引きこもり...疎外され、居場所がない。一見被害者のようですが、仕事にかこつけて家族に関わろうとしなかった自身のせいでもある。母親はそんな父親に失望し、期待はすべて子どもに託し始める。それが濃密...

  • 2月号経済ジャーナリスト 荻原博子 Ogiwara Hirokoひと昔前の「ふつう」が落とし穴  (2018/02/01 10:30) 

    どその前に、大前提として必要なのが、家族の信頼関係。実は、家庭内の人間関係の立て直しが必要なご家庭が、かなりあります。取材した中には、子どもが引きこもりになって、家庭崩壊一歩手前まで行き、かろうじて踏みとどまった家族がいました。 こう

  • 上智大卒、新人賞受賞作家なのに、あらゆる場面で「戦力外通告」、大人の発達障害のリアルを本人が綴る  (2018/01/20 16:00)  AERA

    ないか、と思う時ほど罪悪感にさいなまれる瞬間はなかった。でも、それは違った。私の知的水準が低すぎたのだ。 大学時代から続く「戦力外」体験に私は自信を失い、引きこもりのようになってしまっていた。逆に言えば、全国で54.1万人(内閣府推計)、予備軍は110万人とも推定される引きこもり...の中にも、私のような人々がいる可能性がある(ちなみにこの数字は15~39歳だけを対象にしたものだが、40代以...

  • やせすぎに注意! 「フレイル」に負けない運動以外の方法とは?  (2018/01/16 07:00)  週刊朝日

    や血圧など通常の検査に加え、動脈硬化度、歩行速度や握力の測定、口の中の状態やかむ力など口腔機能の検査、生活習慣のチェックなどもしている。 健診の結果、フレイルの人たちには週2回の介護予防教室「高齢者サロン」への参加を呼びかける。椅子に座りながらできる「筋トレ」などを教えているという。 同町地域包括支援センターの干川なつみ保健師は「雪深い冬になると、高齢者は家に引きこもり

  • 家入一真が語る仮想通貨の「ブロックチェーンの実用化」とは?  (2018/01/15 11:30)  dot.

    貨の「ブロックチェーンの実用化」とは?インタビューに答える家入氏(撮影/田中将介)「インターネットにつながりすぎた結果、息苦しい社会になった」 そう語るのは起業家・家入一真だ。「いじめによる引きこもりで1番辛かった時期に、社会と僕をつないでくれたもの

  • 正月明けに職場で「精神的にひきこもる」フラリーマンたち  (2018/01/10 11:30)  dot.

    こもりではありません。嫌なことがあった時、気持ち的に仕事に引きこもった経験のある人は少なくないのではないでしょうか。これは外からは仕事に集中しているようにしか見えないけど、心理的な引きこもり...です。フラリーマンの暇つぶしも引きこもりですし、場合によっては、ワンオペ育児も引きこもり的な側面があります。 ワンオペで大変な育児、(妻から見れば)役に立たない夫、そんな中で妻は育児に引きこもり、結...

  • 前文科事務次官・前川喜平さんが“夜間中学”で教える理由  (2017/10/27 16:00)  AERA

    詰めたが、現場で直接、教育の本質に触れる経験をしたいと思っていたという。福島市の自主夜間中学にも、片道2時間以上かけて、手弁当で通う。「現場」では、官界からは見えなかった世界が見えた。14年間引きこもり

  • 小島慶子「徴兵制が“あり得る現実”になる日」  (2017/10/14 07:00)  AERA

    震や大規模噴火に備えて、自衛隊を増強する必要がある」「厳しい規律や身体鍛錬は素晴らしい教育だ。今どきの親なんかより、国に若者をしつけてもらったほうがいい」「仕事もしないでぶらついているうちの子を叩き直してくれるかも」「おたくの引きこもりのお子さんも、これで目を覚ましますよ」などの声も。 総理