AERA dot.

玉置浩二 かつての妻、薬師丸ひろ子に「いま会いたいんだよな」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いま会いたいんだよな」(※イメージ)

「いま会いたいんだよな」(※イメージ)

 8年ぶりの連続ドラマ出演でも話題の玉置浩二さん。“LOVE”いっぱいとなった林真理子さんとの対談で、ドラマ原作者の小路幸也さんと同郷であることや、かつての妻、薬師丸ひろ子さんについて、楽しく語ってくれた。

*  *  *
玉置:僕たち昔、ニューヨークで逢引したんですよね。

林:違いますよ。私は夫と一緒でした。1992年の大晦日だったかな。私と夫が中華料理を食べていたら、食べながら写真を撮り合っている日本人のカップルがいて、見たら玉置さんと薬師丸ひろ子さんだったの。ごあいさつに行ったら、「大晦日だから一緒に過ごしましょうよ」って玉置さんが言ってくださって……。

玉置:薬師丸さんとは夫婦だったんだけど、彼女はいろいろ旅をしていて、僕はグレゴリー・ハインズのタップが見たくてニューヨークに行っていたから、「じゃ、ニューヨークで会おうか」ってことになって。

林:私、あのとき(高級ホテルの)エセックスハウスのスイートをとっていたの。バブルのころだったんで。それで「私の部屋にどうぞ」ってお誘いして、シャンパンを開けて、花火がパーンと上がって、みんなで楽しく過ごして、もうあの夜は私の人生のハイライトでしたよ。

玉置:マリコさん、「すごくおいしいキャビアがあるから食べに行こう」って……。

林:そう。次の日キャビアを食べに行ったんです。キャビアハウスに。

玉置:最高のキャビア。そうそう、覚えてる。エリック・クラプトンがアンプラグド(アコースティック)の「レイラ」を出したときだ。

林:当時、薬師丸さんはかわいいアイドルで、それを玉置さんが独り占めしちゃったんですよね。


トップにもどる エンタメ記事一覧


   不倫 , 破局 , 結婚 , 離婚 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加