書評『死ぬまでに行きたい海』岸本佐知子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

死ぬまでに行きたい海 岸本佐知子著

朝山 実書評#話題の新刊

 近所のクリーニング店にすら「行こう行こうと思いながら半年そのまま」というくらい出無精な翻訳家による小さな旅のエッセイ集。

 何十年ぶりかで、昔暮らした街や、幼い頃に遊んだボート乗り場の場所を探しながら多摩川を歩く。なくなった景色と今もある店。足跡をたどり、過去の記憶と照合していく。

 アルファベットが付く駅名がずっと気になっていた京急線の「YRP野比」に行ったものの、何もなさにがっかりするが、散策して楽しみはする。

 平凡な日記のようだが、頁を繰ると、微かにぞわぞわと落ち着かなくなる。小学校で同学年だった女性との偶然の再会を綴った最終話「経堂」はその極み。酒場で盛り上がり、夜更けに、昔通った塾などを二人で見にいくのだが、エッセイなのか怪談なのか。戻ってこれなそうな扉の前に立つ怖さがある。
(朝山 実)

週刊朝日  2021年2月26日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい