火定

今週の名言奇言

2020/12/25 18:30

 本書の親本が刊行されたのは2017年。なのにまるで20年を予見して書かれたかのよう。澤田瞳子『火定』は737年の寧楽(奈良)を舞台にした天平のパンデミック小説だ。

あわせて読みたい

  • “本読みのプロ”が選ぶ! 2018年「歴史・時代小説ベスト10」発表

    “本読みのプロ”が選ぶ! 2018年「歴史・時代小説ベスト10」発表

    週刊朝日

    12/30

    ヒューマニストで医学知識もあった「明智光秀」の謀反は、非道すぎる信長への反感だった?
    筆者の顔写真

    早川智

    ヒューマニストで医学知識もあった「明智光秀」の謀反は、非道すぎる信長への反感だった?

    AERA

    1/15

  • 「もう重症者受け入れは困難」「患者はデルタ株ばかり」コロナ新規感染者過去最多の東京、埼玉の医師が語る

    「もう重症者受け入れは困難」「患者はデルタ株ばかり」コロナ新規感染者過去最多の東京、埼玉の医師が語る

    dot.

    7/28

    若旦那(湘南乃風)、本名の「新羅慎二」名義で活動をスタート

    若旦那(湘南乃風)、本名の「新羅慎二」名義で活動をスタート

    Billboard JAPAN

    11/1

  • 6月の和菓子、「水無月」。無病息災を祈る食べ物って本当?

    6月の和菓子、「水無月」。無病息災を祈る食べ物って本当?

    tenki.jp

    6/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す