心を病んだらいけないの?

今週の名言奇言

2020/11/27 10:00

 斎藤環は「ひきこもり」専門の精神科医。與那覇潤は「うつ」を体験した歴史学者。今年の小林秀雄賞を受賞した『心を病んだらいけないの?』は、このふたりの対談である。医師と患者の対話に見えるけど、副題は「うつ病社会の処方箋」。社会の病理を再検討する趣もあり、いろいろ考えさせられる。

あわせて読みたい

  • 「炎上」と「論争」の違いとは? 実際に“キャンセル・カルチャー”を経験した歴史学者が斬る

    「炎上」と「論争」の違いとは? 実際に“キャンセル・カルチャー”を経験した歴史学者が斬る

    dot.

    7/29

    日本人はいつ日本が好きになったのか

    日本人はいつ日本が好きになったのか

    週刊朝日

    4/9

  • ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    BOOKSTAND

    8/20

    性暴力サバイバーの証言 友人の友人に、友人の父に…加害者も被害者も作りたくない

    性暴力サバイバーの証言 友人の友人に、友人の父に…加害者も被害者も作りたくない

    AERA

    3/23

  • 【独自】脅迫と闘った中川翔子が語る、加害者に“倍返し”のリアル

    【独自】脅迫と闘った中川翔子が語る、加害者に“倍返し”のリアル

    dot.

    12/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す