テクノロジーの未来が腹落ちする25のヒント

話題の新刊

2020/11/05 17:47

 シンギュラリティーとは、AIが人類を凌駕する技術的特異点のこと。ただし朝日新聞に連載された「シンギュラリティーにっぽん」におけるその語には、もう少し広い含意がある。AIに限らず、技術が進歩していった果てに、社会はどう変わるのか。それに伴う課題の数々に、丹念な取材を通じて焦点を当てているのが本書だ。

あわせて読みたい

  • 2045年、世界は激変する!?「シンギュラリティ」とは?落合陽一氏による超AI時代の生き方

    2045年、世界は激変する!?「シンギュラリティ」とは?落合陽一氏による超AI時代の生き方

    tenki.jp

    9/16

    “ハロウィーン”逮捕も弱点あり…「顔認証システム」の実力と盲点

    “ハロウィーン”逮捕も弱点あり…「顔認証システム」の実力と盲点

    週刊朝日

    3/1

  • インターネットの次に来る「不可避」な12の変化とは何か?

    インターネットの次に来る「不可避」な12の変化とは何か?

    ダイヤモンド・オンライン

    10/17

    AIめぐる二つの派閥「地球派」と「宇宙派」とは 技術者も葛藤

    AIめぐる二つの派閥「地球派」と「宇宙派」とは 技術者も葛藤

    AERA

    5/16

  • 仏学者が警鐘鳴らす「AIと巨大IT企業の情報操作」

    仏学者が警鐘鳴らす「AIと巨大IT企業の情報操作」

    AERA

    6/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す