書評『犬のかたちをしているもの』高瀬隼子著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

犬のかたちをしているもの 高瀬隼子著

このエントリーをはてなブックマークに追加
若林良書評#話題の新刊

 卵巣の病気を患ったことがきっかけで、交際している郁也とのセックスから遠ざかった薫。ある日、ミナシロと名乗る女性から、郁也の子どもを妊娠していると告げられる。ミナシロから「子どもをもらってくれないか」という打診を受ける薫だが……。第43回すばる文学賞受賞作。

 タイトルの「犬」とは、薫が幼少期から飼っていた犬のことであり、見返りを求めない愛情を注いでいた存在だった。犬を愛するように誰かを愛することができるのか、セックスなしに愛情を維持することはできないのか、子を「産む」ことと「持つ」ことはどう違うのか。薫は自分への問いかけを続ける。

 愛という不確かなものへの薫の考えの揺らぎと、排泄や月経など身体的な描写の生々しさが好対照をなし、語り口のうまさにいつしか魅了される。(若林良)

週刊朝日  2020年6月5日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい